コンテンツにスキップ

キスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キスム
キスムの景観
キスムの景観
キスムの位置(ケニア内)
キスム
キスム
南緯0度6分 東経34度45分 / 南緯0.100度 東経34.750度 / -0.100; 34.750
ケニア
ニャンザ州
キスム県
人口
(2019年)
 • 合計 397,957人
  統計[1]
等時帯 UTC+3 (EAT)
姉妹都市 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州ロアノーク
地図

キスムKisumu)は、ケニア西部にある都市でニャンザ州の州都及びキスム県の県庁所在地。人口は約39万人(2019年)でケニア西部の中心都市である。ビクトリア湖北東部のカビロンド湾の湾奥部の港湾都市。大ビクトリア湖盆地の中ではカンパラについで重要な都市である。標高は1170mでルオ族の居住が多い[2]。かつてポート・フローレンス(Port Florence)と呼ばれていた。

ナイロビを経由しモンバサと結ぶウガンダ鉄道1901年に開通した。それに伴い開港され、Port Florence(フローレンス港)と名付けられた。1980年代及び1990年代貿易が停滞したが、石油のウガンダ輸出に伴い盛り返した。石油を産出しないケニアはモンバサで輸入原油を精製しパイプラインでナイロビ等へ輸送する。キスムからウガンダへはトラック輸送である。 キスムは「交易(スモ)する場」という意味である。また、ルオ語のJo-kisuma「援助物資に依存する人々(people who depend on charity)」が由来であるという説もある[3]

友好都市にイギリスチェルトナム、姉妹都市にアメリカロアノークボルダ―がある。キスム国際空港が設置されている。

脚注

[編集]
  1. ^ population statistics”. 2023年4月15日閲覧。
  2. ^ 『黒い光と影 未来大陸アフリカ』毎日新聞社、1978年5月、pp161-162
  3. ^ Wangũhũ Ng'ang'a (2006), Kenya's Ethnic Communities Foundation of the Nation, Gatũndũ Publishers Limited 

関連項目

[編集]

座標: 南緯0度6分0秒 東経34度45分0秒 / 南緯0.10000度 東経34.75000度 / -0.10000; 34.75000