ケニア航空431便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケニア航空 431便
出来事の概要
日付 2000年1月30日
概要 失速警報の誤作動によるパイロットの操縦ミス
現場 大西洋
乗客数 169
乗員数 10
負傷者数
(死者除く)
10
死者数 169
生存者数 10
機種 エアバスA310
運用者 ケニア航空
機体記号 5Y-BEN
テンプレートを表示

ケニア航空431便墜落事故とは2000年1月30日に大西洋で発生した航空事故である。事故原因は失速警報の誤作動とそれによるパイロットの操縦ミスだった。

事故の概要[編集]

2000年1月30日ケニア航空431便はエアバスA310-304機体記号:5Y-BEN)(機体愛称:Harambee Star)で運行されていた。ケニアナイロビを出発し、ナイジェリアラゴスを経由しコートジボワールアビジャンに向かう予定であった。しかし、その日は砂嵐によりまずナイロビからアビジャンに直行し、その後ラゴスに向かうことになった。

  • 15:15にアビジャンに到着、その後準備を行い21:00に離陸許可を受け、高度4000フィートまでの上昇許可を得る。
  • 21:08:18に離陸を開始した。このとき副操縦士が操縦していた。
  • 21:08:57に離陸した。しかし直後に高度300フィートで失速警報が作動した。副操縦士は警報に対する反応として操縦桿を前に押した。副操縦士は失速警報を解除した。地上接近警報が作動したが直後に停止し、フラップが降りた状態で速度が出すぎたので速度超過警報が作動した。直後に機長が「上げろ!」と叫んだ。
  • 21:09:24に機体は210ノットで空港から2.8kmの海面に激突した。
  • 墜落直後にモーターボートと漁船が7人の生存者(ナイジェリア人3人、ケニア人1人、ガンビア人1人、インド人1人)を救助した。フランス人の生存者1人は自力で岸まで泳ぎ着いた。救助された生存者は12人だったが2人が病院で死亡し、最終的な生存者は10人となり、そのほとんどが海面に流れ出たジェット燃料により火傷を負った。

この事故はコートジボワール最悪の航空事故となり、2012年12月現在も更新されていない。

事故原因[編集]

 事故原因は離陸直後に副操縦士が失速警報をとめるために降下させたことだった。離陸直後だったため機体は失速しておらず、パイロットは警報の誤作動だと気づくべきだった。本来この状況下で取るべき行動は離陸推力を維持し、機体を水平にしてスピードブレーキの格納をチェックすることだった。仮にこの操作をしていれば墜落は回避できた可能性が高い。しかし副操縦士は推力を増加させず、降下している認識もなかった。地上接近警報は失速警報と速度超過警報のほうが優先して作動したために墜落直前まで作動しなかった。昼間であれば外部視界を確認できたが夜間だったため機体は海へ直行した。

出典[編集]

http://aviation-safety.net/database/record.php?id=20000130-1

座標: 北緯5度20分0秒 西経4度2分0秒 / 北緯5.33333度 西経4.03333度 / 5.33333; -4.03333