エア・ヨーロッパ (スペイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エア・ヨーロッパ
IATA
UX
ICAO
AEA
コールサイン
Europa
設立 1986年
ハブ空港 アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
焦点空港 テネリフェ・スール空港
バルセロナ・エル・プラット国際空港
パルマ・デ・マヨルカ空港
マイレージサービス Flying Blue
航空連合 スカイチーム
保有機材数 32機
就航地 44都市
親会社 Globalia Corp.
本拠地 スペインパルマ・デ・マヨルカ
代表者 Juan Jose Hidalgo (会長 & CEO)
テンプレートを表示

エア・ヨーロッパAir Europaスペイン語Air Europa Líneas Aéreas, S.A)はスペインマヨルカ島パルマ・デ・マヨルカを本拠地としている航空会社

概要[編集]

北部及び西部ヨーロッパ並びにカナリア諸島及びバレアレス諸島内の行楽地間のツアーサービスを含めた運航を行っている。また、国内線定期便サービス並びに北アメリカ西インド諸島南アメリカへの長距離定期便サービスも運航している。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

歴史[編集]

1986年設立。最初は、British ILG-Air Europe Groupとスペインの銀行の出資によって設立された。ボーイング737を使ってスペイン地中海とを結ぶ便を最初に開設した。それは同社の初めての路線となる。

1991年には親会社のILGが消滅し、同年にボーイング737-400の運行を開始。1998年にはイベリア半島における優先運航権を獲得、1990年代終わりにはボーイング737のサービスをさらに充実させた。

2007年にはスカイチームにアソシエート・メンバーとして加盟し、2010年にフルメンバーとなった。なお、かつてイギリスの航空会社であったAir Europe、イタリアの航空会社であったAir Europeとは関係がない(スペイン語表記と英語表記でaとeが違う)。

保有機材[編集]

2017年1月現在の機材は、以下のとおりである。:[2]

エア・ヨーロッパ機材
機材 運航中 発注 座席 備考
C Y Total
エアバスA330-200 12 24 275 299 ボーイング787に置き換え予定[3]
エアバスA330-300 3 271 271 ボーイング787に置き換え予定[3]
388 388
ATR 72-200 2 68 68
ATR 72-500 2 68 68
ボーイング737-800 21 2 12 168 180
ボーイングB737 MAX 8 22[3] 未定 737を代替予定[要出典]
ボーイング787-8 5 3[4] 22 274 296 エアバスA330の代替[3]
ボーイング787-9 16[5] 未定 エアバスA330の代替[3]
エンブラエル145 1 49 49
エンブラエル E-Jet 195 7 12 110 122
Total 53 43

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ Air Europe Fleet Details and History” (2017年1月11日). 2017年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e Air Europa firmó en 2015 acuerdos para adquirir 20 aviones Boeing 737-8” [Air Europa signed agreements in 2015 to acquire 20 Boeing 737-8 aircraft] (Spanish). Unidad Editorial Información Económica S.L. (2016年4月22日). 2016年4月27日閲覧。
  4. ^ B787 orders aireuropa.com blog”. billete996.aireuropa.com. 2014年12月17日閲覧。
  5. ^ B787-9 order”. money.cnn.com. 2015年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]