キガリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キガリ
Kigali
Kigali2018Cropped.jpg
位置
の位置図
位置
キガリの位置(ルワンダ内)
キガリ
キガリ (ルワンダ)
キガリの位置(アフリカ内)
キガリ
キガリ (アフリカ)
座標 : 南緯1度56分38秒 東経30度3分34秒 / 南緯1.94389度 東経30.05944度 / -1.94389; 30.05944
歴史
建設 1907年
行政
ルワンダの旗 ルワンダ
  キガリ州
 市 キガリ
市長 Aisa Kirabo Kacyira
地理
面積  
  市域 730 km2
標高 1,567 m
人口
人口 (2012年現在)
  市域 1,132,686人
    人口密度   1,600人/km2
その他
等時帯 中央アフリカ時間 (UTC+2)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : www.kigalicity.gov.rw

キガリルワンダ語: Kigali)は、ルワンダ首都。人口は約113万人(2012年)。

概要[編集]

ドイツ植民地時代の1907年に開かれ、以後ベルギー領時代を通してルワンダの中心都市であった。1962年にルワンダが独立した際に、首都に指定される。キガリ市は、ルワンダ全体がそうであるように、いくつかの丘から構成されていて、中心はキヨブ (Kiyovu) 地区、カチル (Kacyiru) 地区の丘の上部地域となる。旧都心のキヨブ地区には大統領官邸や多くの商店が集まり、新都心であるカキィル地区には国会議事堂、いくつかの中央省庁や大使館が位置し、その他の地区や丘の下部は概ね住宅街となっている。

キガリ山

なお、映画ホテル・ルワンダのモデルとなったオテル・デ・ミル・コリンは、キヨブ地区に所在する。また、近くではが採掘されており、1980年代に精錬工場が作られた。

1994年のルワンダ虐殺が発生した際には、市内で銃撃戦が発生するなど治安が悪化した。2000年代に入ると、ポール・カガメ大統領の政策によって好調なルワンダ経済に支えられ、中国企業[1]などによってルワンダで最も高いランドマークキガリ・シティ・タワー英語版をはじめとする近代的な建物や道路が建設されて市内の光景が変わった[2][3][4]

キガリ・シティ・タワー

地理[編集]

ルワンダのほぼ中央に所在し標高1433mから1645mと高地に位置する。

気候[編集]

ケッペンの気候区分サバナ気候に区分される。

キガリの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 26.9
(80.4)
27.4
(81.3)
26.9
(80.4)
26.2
(79.2)
25.9
(78.6)
26.4
(79.5)
27.1
(80.8)
28.0
(82.4)
28.2
(82.8)
27.2
(81)
26.1
(79)
26.4
(79.5)
26.89
(80.41)
平均最低気温 °C (°F) 15.6
(60.1)
15.8
(60.4)
15.7
(60.3)
16.1
(61)
16.2
(61.2)
15.3
(59.5)
15.0
(59)
16.0
(60.8)
16.0
(60.8)
15.9
(60.6)
15.5
(59.9)
15.6
(60.1)
15.73
(60.31)
降水量 mm (inch) 76.9
(3.028)
91.0
(3.583)
114.2
(4.496)
154.2
(6.071)
88.1
(3.469)
18.6
(0.732)
11.4
(0.449)
31.1
(1.224)
69.6
(2.74)
105.7
(4.161)
112.7
(4.437)
77.4
(3.047)
950.9
(37.437)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 11 11 15 18 13 2 1 4 10 17 17 14 133
出典: [5]

歴史[編集]

キガリは植民地時代より政府の分室が置かれていたルワンダの中心都市であった。しかし植民地政府の本部はそもそも隣国ブルンジブジュンブラにあり、中心都市といってもその規模は小さく、独立時点で人口は1万人ほど、商業の中心地もキガリではなく南部のブタレ(当時人口1万5千人ほど)であった。[6]

ルワンダ独立後は、首都として急速な発展を遂げ、2012年時点で人口は約113万人となっている。

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

姉妹都市
提携都市

経済[編集]

ルワンダ経済の中心地である。近郊でコーヒー園、畜産、錫鉱石採掘が行われており、周辺の工業地帯では繊維、化学、錫加工が行われている。

情報産業[編集]

ICT産業を推進しており、キガリ市と神戸市は「ICT(情報通信技術)パートナーシップ協定」を締結している。[9][10]

教育[編集]

大学[編集]

交通[編集]

空港[編集]

キガリ国際空港は、キガリ市中心から約10キロ離れた郊外のカノンベ (Kanombe) に位置する。

観光[編集]

キガリにはいくつかの観光地があり、治安がよく清潔な都市である。[11]

  • ジェノサイドミュージアム(虐殺記念館)
  • ホテル ミルコリンズ (オテル・デ・ミル・コリン
  • キミロンコマーケット(ローカルマーケット)
  • コンベンションセンター(Kigali Convention Centre)

文化[編集]

スポーツ[編集]

バスケットボール
サッカー

出身者[編集]

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “BOOM TOWN: KIGALI’S CHINESE INVESTMENT”. African Sentinel. (2014年1月10日). http://www.africansentinel.net/Boom-Town-Kigali-s-Chinese.html 2018年10月21日閲覧。 
  2. ^ “China is building Rwanda’s gigantic ‘Vision City’, Modi just gifted them cows”. the print. (2018年7月27日). https://theprint.in/opinion/china-is-building-rwandas-gigantic-vision-city-modi-just-gifted-them-cows/89151/ 2018年10月21日閲覧。 
  3. ^ “大虐殺乗り越え「アフリカのシンガポール」へ、ルワンダの首都キガリ”. AFP (フランス通信社). (2010年8月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/2750558?pid=6107226 2013年11月17日閲覧。 
  4. ^ “Chinese firms help transform business district landscape in Rwanda”. New Times. (2018年7月23日). https://www.newtimes.co.rw/news/chinese-firms-help-transform-business-district-landscape-rwanda 2018年10月21日閲覧。 
  5. ^ World Meteorological Organization.
  6. ^ 服部正也『ルワンダ中央銀行総裁日記』中公新書、2009年、7頁。ISBN 978-4-12-190290-0
  7. ^ 神戸市 ルワンダ首都・キガリ市のビジネスミッションに市内事業者と共に参加
  8. ^ 神戸市がルワンダのICTを盛り上げる!? 日本企業のアフリカ進出をバックアップ - ganas 開発メディア
  9. ^ 神戸市 ルワンダ首都・キガリ市のビジネスミッションに市内事業者と共に参加
  10. ^ 神戸市がルワンダのICTを盛り上げる!? 日本企業のアフリカ進出をバックアップ - ganas 開発メディア
  11. ^ ルワンダ観光オススメ13選!【ルワンダ在住日本人が選ぶ】

外部リンク[編集]