メルボルン空港 (オーストラリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メルボルン空港
Tullamarine Airport
Melbourne Airport
Melbourne airport control tower and united B747.jpg
The tower at Melbourne Airport
IATA: MELICAO: YMML
概要
空港種別 公共
所有者 オーストラリア太平洋空港会社
運営者 Australia Pacific Airports (Melbourne) Pty Ltd
供給都市 メルボルン
所在地 タラマリン地区
拠点航空会社 カンタス航空
ジェットスター航空
タイガー・エアウェイズ・オーストラリア
ヴァージン・ブルー
建設年 1970年7月1日
標高 434 ft / 132 m
座標 南緯37度40分24秒 東経144度50分36秒 / 南緯37.67333度 東経144.84333度 / -37.67333; 144.84333 (Melbourne Airport)座標: 南緯37度40分24秒 東経144度50分36秒 / 南緯37.67333度 東経144.84333度 / -37.67333; 144.84333 (Melbourne Airport)
ウェブサイト www.melbourneairport.com.au
滑走路
方向 全長 表面
m ft
09/27 2,286×45 7,500 舗装
16/34 3,657×45 11,998 舗装
統計 (2008–2009)
利用者数 24,772,000
航空機運航回数 195,018
Source: En Route Supplement Australia[1]
Passengers from Melbourne Airport[2]
Movements from Airservices Australia

メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードMEL

国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空ジェットスター航空タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。

2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m、東西方向の滑走路の長さは2,286mである。

国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・ブルーが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。2010年度の利用客数は約2790万人、発着機数は約20万6000機であった。

ターミナル[編集]

国内線 (T1)[編集]

  • オーストラリアの旗 カンタス航空 (Qantas Airways) (アデレード、アリススプリングス、エアーズロック、ブリスベン、ブルーム、ケアンズ、キャンベラ、ホバート、パース、シドニー)
    • カンタスリンク (QantasLink) (キャンベラ、デボンポート、ローンセストン、ミルデューラ、マウントホサム (季節運航便)、ウロンゴン)
    • ジェットスター航空 (Jetstar Airways) (バリナ/バイロン、ケアンズ、ダーウィン、ゴールドコースト、ハミルトン島、ホバート、ローンセストン、ニューカッスル、パース、シンガポール、サンシャインコースト、タウンズビル)

国際線 (T2)[編集]

国内線 (T3)[編集]

  • オーストラリアの旗 リージョナル・エクスプレス航空 (Regional Express Airlines) (オルベリー、バーニー、キング島、メリンブラ、ミルデューラ、マウントガンビア、ワガワガ)
  • オーストラリアの旗 スカイウェスト航空 (Skywest Airlines) (カルグーリー、パース)
  • オーストラリアの旗 ヴァージン・ブルー (Virgin Blue) (アデレード、ブリスベン、ケアンズ、キャンベラ、コフスハーバー、ダーウィン、ゴールドコースト、ホバート、ニューキャッスル、ロンセストン、パース、サンシャインコースト、シドニー)

国内線 (T4)[編集]

貨物便[編集]

  • オーストラリアの旗 トールプライオリティ(Toll Priority) (アデレード、アリススプリングス、ブリスベン、ダーウィン、アーリントン、パース、シドニー)
  • オーストラリアの旗 オーストラリアン・エアー・エクスプレス (Australian air Express) (アデレード、ブリスベン、ケアンズ、キャンベラ、ホバート、ロンセストン、パース、シドニー、タウンズビル)
  • ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 (Air New Zealand Cargo) (オークランド、シカゴ、フランクフルト、上海/浦東)
  • アメリカ合衆国の旗 アトラス航空 (Atlas Air) (シカゴ、フランクフルト/ハーン、ニューヨーク/JFK 、上海/浦東、シドニー)
  • ルクセンブルクの旗 カーゴルックス航空 (Cargolux) (オークランド、香港、クアラルンプール、ロサンゼルス、ルクセンブルク、シンガポール)
  • 香港の旗 キャセイパシフィック航空 (Cathay Pacific Cargo) (香港、シドニー)
  • マレーシアの旗 MASカーゴ (MASkargo) (クアラルンプール)
  • シンガポールの旗 シンガポール航空カーゴ (Singapore Airlines Cargo) (アデレード、シンガポール)

就航都市[編集]

国内線[編集]

  • シドニー、ブリスベン、パース、アデレード、ケアンズ、ゴールドコースト、キャンベラ、ダーウィン、ホバート、ローセストン、アリススプリングス、マッカイ、ニューカッスル、ブルーム、サンシャインコースト、カルグーリ、ロックハンプトン、タウンズビル、デボンポート、アリススプリングス

東アジア[編集]

東南アジア[編集]

中東[編集]

北米[編集]

ヨーロッパ[編集]

オセアニア[編集]

アフリカ[編集]

アクセス[編集]

当空港への鉄道アクセスは、2001年から少なくとも10年は凍結中である。タラマリン・フリーウェイが、当空港と都心部を結ぶ。同道路を利用しサザンクロス駅とを結ぶ24時間運行の定期高速バスは、「スカイバス」 (Skybus) と呼ばれ、同駅から都心部ホテルへの送迎サービスと組み合わされている。頻度は少ないが、近郊・郊外各地とを結ぶけん引荷物車付きの乗り合いバンもある。詳しくは、外部リンクの空港ホームページを参照。

日本への路線[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]