ケアンズ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケアンズ国際空港
Cairns Airport
Cairns Airport.JPG

IATA:CNZ-ICAO:YBCS

CNZ/YBCSの位置(オーストラリア内)
CNZ/YBCS
CNZ/YBCS
ケアンズ国際空港の位置
概要
国・地域 オーストラリアの旗 オーストラリア連邦
所在地 クイーンズランド州ケアンズ
種類 公共
運営者 North Queensland Airports Group
標高 3 m (10 ft)
座標 南緯16度53分9秒 東経145度45分19秒 / 南緯16.88583度 東経145.75528度 / -16.88583; 145.75528座標: 南緯16度53分9秒 東経145度45分19秒 / 南緯16.88583度 東経145.75528度 / -16.88583; 145.75528
ウェブサイト "公式サイト"
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
15/33 YES 3,156×45 アスファルト
12/30 NO 925×18 アスファルト
リスト
空港の一覧

ケアンズ国際空港 (ケアンズこくさいくうこう、Cairns Airport)はオーストラリア連邦クイーンズランド州ケアンズの国内線・国際線のほとんどを取り扱う空港で開港は1984年。同空港はクイーンズランド州配下のケアンズ港湾局が所有・運営する。ジェットスター航空スカイトランス航空ハブ空港として利用している。

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線[編集]

航空会社 就航地 
オーストラリアの旗 カンタス航空
運航はオーストラリアの旗 カンタスリンク
ポートモレスビー・ジャクソン国際空港ポートモレスビー
オーストラリアの旗 ジェットスター航空 オークランド国際空港オークランド[1]成田国際空港千葉県)、関西国際空港大阪府
オーストラリアの旗 スカイトランス航空 ポートモレスビー・ジャクソン国際空港(ポートモレスビー)
オーストラリアの旗 アライアンス航空 アロタウ英語版、ポートモレスビー・ジャクソン国際空港(ポートモレスビー)
オーストラリアの旗 ヒンターランド航空 ダル英語版カイウンガ英語版タブビル空港英語版タブビル
オーストラリアの旗 ヴィンセント航空 ポートモレスビー・ジャクソン国際空港(ポートモレスビー)
ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 オークランド国際空港(オークランド)
パプアニューギニアの旗 ニューギニア航空 ゴロカ英語版モロ英語版、ポートモレスビー・ジャクソン国際空港(ポートモレスビー)、ラバウル英語版、タブビル空港(タブビル)
パプアニューギニアの旗 PNG航空英語版 リヒール島英語版マウントハーゲン英語版、ポートモレスビー・ジャクソン国際空港(ポートモレスビー)
パプアニューギニアの旗 アジア・パシフィック航空英語版 タブビル空港(タブビル)
インドネシアの旗 エアファスト・インドネシア ティミカ空港英語版(ティミカ)
シンガポールの旗 シルクエアー シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール[2]
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港国際空港香港
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 グアム国際空港グアム

国内線[編集]

航空会社 就航地 
オーストラリアの旗 カンタス航空 ブリスベン空港(ブリスベン)、メルボルン空港メルボルン)、シドニー国際空港(シドニー)
オーストラリアの旗 カンタス航空
運航はオーストラリアの旗 カンタスリンク
アリス・スプリングス空港アリススプリングス)、エアーズロック空港エアーズロック)、ブリスベン空港(ブリスベン)、クロンカリー空港(クロンカリー)、ダーウィン国際空港ダーウィン)、グラッドストーン英語版ゴーブ英語版ハミルトン島英語版ホーン島英語版マッカイ英語版モランバ英語版ロックハンプトン英語版タウンズビル空港タウンズビル)、ウェイパ英語版
オーストラリアの旗 ジェットスター航空 アデレード空港アデレード)、ブリスベン国際空港(ブリスベン)、ダーウィン国際空港(ダーウィン)、ゴールドコースト空港ゴールドコースト)、メルボルン空港(メルボルン)、パース空港パース)、シドニー国際空港(シドニー)
オーストラリアの旗 アライアンス航空英語版 クロンカリー英語版グルートアイランド英語版カルンバ英語版ラウンヒル、シドニー国際空港(シドニー)、タウンズビル空港(タウンズビル)、トレペル空港トレペル
オーストラリアの旗 ヒンターランド航空英語版 クックタウン英語版ダンク島英語版リザード島英語版
オーストラリアの旗 スカイトランス航空英語版 オールクン空港オールクン)、コーエン英語版、クックタウン、カルンバ、ロックハートリバー英語版マウントアイサ英語版クロンカリー空港クロンカリー)、ノーマントン英語版エドワードリバー英語版コワンヤマ英語版バークタウン英語版モーニントン島英語版ドゥーマジー英語版パーム島英語版、タウンズビル空港(タウンズビル)
オーストラリアの旗 タイガー・エアウェイズ・オーストラリア メルボルン空港(メルボルン)[3]
オーストラリアの旗 ヴィンセント航空英語版 バサースト英語版、ダーウィン国際空港(ダーウィン)、グルートアイランド
オーストラリアの旗 ヴァージン・オーストラリア ブリスベン国際空港(ブリスベン)、メルボルン空港(メルボルン)、シドニー国際空港(シドニー)、タウンズビル空港(タウンズビル)
オーストラリアの旗 ヴァージン・オーストラリア
運航はオーストラリアの旗 アライアンス航空
ブリスベン国際空港(ブリスベン)

貨物便[編集]

航空会社 就航地 
オーストラリアの旗 オーストラリアン・エア・エクスプレス英語版 シドニー国際空港(シドニー)、ブリスベン国際空港(ブリスベン)、メルボルン空港(メルボルン)
オーストラリアの旗 トール航空英語版 シドニー国際空港(シドニー)、ブリスベン国際空港(ブリスベン)、ダーウィン国際空港(ダーウィン)

統計(2011)[編集]

  • 乗客者数 : 3,848,728
  • 発着回数 : 43,006

footnotes = Source: AIP Enroute Supplement[4]
Passenger and aircraft movements from the Department of Infrastructure and Transport[5]

脚註[編集]

  1. ^ http://email.jetstar.com/pub/sf/FormLink?_ri_=X0Gzc2X%3DUQpglLjHJlTQpIQf80zbQitP5Que9Q5o6LfQGQaQ8JjVXMtX%3DUQpglLjHJlTQpIQf80zbQitP5QudUQ5o6LfQzgQaQwCH&_ei_=.
  2. ^ シルクエア、2015年5月末からシンガポール/ケアンズ線に就航 FlyTeam 2014年11月6日付
  3. ^ http://www.heraldsun.com.au/business/tiger-airways-gets-green-light-for-more-flights/story-fn7j19iv-1226258732356
  4. ^ YBCS – CAIRNS/Cairns INTL (PDF). AIP Enroute Supplement from Airservices Australia, effective 11 Mar 2010.
  5. ^ Airport traffic data

関連項目[編集]

外部リンク[編集]