シドニー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シドニー国際空港
Aéroport Sydney.jpg
IATA: SYD - ICAO: YSSY
概要
国・地域 オーストラリアの旗 オーストラリア
所在地 ニューサウスウェールズ州 Mascot
種類 民間
運営者 Sydney Airport Corporation Limited
標高 6 m (21 ft)
座標 南緯33度56分46秒 東経151度10分38秒 / 南緯33.94611度 東経151.17722度 / -33.94611; 151.17722座標: 南緯33度56分46秒 東経151度10分38秒 / 南緯33.94611度 東経151.17722度 / -33.94611; 151.17722
ウェブサイト http://www.sydneyairport.com.au/
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
07/25 Yes 2,530×45 舗装
16L/34R Yes 2,438×45 舗装
16R/34L Yes 3,962×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

シドニー(キングスフォード・スミス)国際空港 (シドニーこくさいくうこう 英語: Sydney (Kingsford Smith) Airport) は、オーストラリアニューサウスウェールズ州ボタニーベイ市マスコット (Mascot) に位置する、シドニー大都市圏の主要空港である。

概要[編集]

国際線・国内線を問わずシドニーに発着する定期航空のほとんどが利用する。写真から分かるように滑走路を3本備える。"East-West"および、2本の"North-South"である。ボタニー湾は自然の砂浜がよく保存されているが、湾の北端に位置する国際空港と、北東端に広がるヤラ貨物港は例外である。

カンタス航空の主要なハブ空港である。

多くの地元住民は空港をマスコット (Mascot) と俗称する。空港へは道路以外に都心部の駅と結ばれたシティレール電車によってアクセス可能。空港はシドニー市街から南南西の方向に約6km離れている。

24時間空港ではないため、深夜11時から翌6時までは飛行機の離着陸が不可である。

歴史[編集]

1920年ボタニー湾に接する小型飛行場として開設、シドニー空港として知られた。先駆的なオーストラリアの飛行家チャールズ・キングスフォード・スミスが出現した後、1935年にキングスフォード・スミス国際空港と名称を変更。

ターミナル[編集]

シドニー国際空港には、国際線と一部国内線が発着するT1、国内線専用のT2、そしてカンタス航空の国内線専用のT3から成る合計3つのメイン・ターミナルがある。T1とT2,T3の間は有料のシャトルバス、鉄道で結ばれている。

ターミナル1[編集]

国内線[編集]

航空会社 就航地
オーストラリアの旗 ジェットスター航空 ゴールドコーストメルボルン

国際線[編集]

航空会社 就航地
オーストラリアの旗 カンタス航空

日本 : 東京/羽田
ニュージーランド : クイーンズタウン
オセアニア : ホノルルヌメア
東・東南アジア : バンコク/スワンナプームデンパサール季節運航)、香港ジャカルタマニラ上海/浦東シンガポール
ヨーロッパ : ロンドン/ヒースロー(ドバイ経由)
中東・アフリカ : ドバイ [1]ヨハネスブルク
南北アメリカ : ダラス・フォートワースロサンゼルスニューヨーク/ジョン・F・ケネディサンフランシスコサンティアゴバンクーバー季節運航

オーストラリアの旗 カンタス航空
運航はオーストラリアの旗 ジェット・コネクト英語版
オークランドクライストチャーチウェリントン
オーストラリアの旗 ジェットスター航空

ニュージーランド : オークランド、クライストチャーチ、クイーンズタウン
オセアニア : ホノルル、ナンディ
東南アジア : デンパサール、プーケット

オーストラリアの旗 ヴァージン・オーストラリア

ニュージーランド : オークランド、クライストチャーチ、クイーンズタウン
オセアニア : ナンディ、ヌクアロファ
東南アジア : デンパサール
中東 : アブダビ
北アメリカ : ロサンゼルス

マレーシアの旗 エアアジア X クアラルンプール
ニューカレドニアの旗 エア・カレドニア・インターナショナル ヌメア
カナダの旗 エア・カナダ トロント、バンクーバー
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京/首都、上海/浦東、成都[2016年11月11日就航予定][2]
インドの旗 エア・インディア デリー
ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 オークランド、クライストチャーチ、ノーフォーク島、クイーンズタウン、ラロトンガ、ウェリントン
パプアニューギニアの旗 ニューギニア航空 ポートモレスビー
バヌアツの旗 バヌアツ航空 ポートビラ
日本の旗 全日本空輸 東京/羽田
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 ロサンゼルス
韓国の旗 アシアナ航空 ソウル/仁川
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー(シンガポール経由)、シンガポール
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港
フィリピンの旗 セブパシフィック航空 マニラ
台湾の旗 チャイナエアライン オークランド、台北/桃園
[季節運航]: クライストチャーチ
中華人民共和国の旗 中国東方航空 北京/首都 、南京、上海/浦東
中華人民共和国の旗 中国南方航空 広州
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 ロサンゼルス
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 オークランド、バンコク/スワンナプーム、クライストチャーチ、ドバイ
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ
フィジーの旗 フィジー・エアウェイズ ナンディ、スバ
インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 デンパサール、ジャカルタ
中華人民共和国の旗 海南航空 西安[2016年9月14日就航予定][3]
ハワイ州の旗 ハワイアン航空 ホノルル
インドネシアの旗 インドネシア・エアアジア X デンパサール
日本の旗 日本航空 東京/成田
韓国の旗 大韓航空 ソウル/仁川
チリの旗 ラン航空 オークランド、サンティアゴ(オークランド経由便)
マレーシアの旗 マレーシア航空 クアラルンプール
フィリピンの旗 フィリピン航空 マニラ
カタールの旗 カタール航空 ドーハ
シンガポールの旗 スクート シンガポール
中華人民共和国の旗 四川航空 重慶
シンガポールの旗 シンガポール航空 シンガポール、ジャカルタ[2016年11月23日就航予定][4]
ソロモン諸島の旗 ソロモン航空 ホニアラ
タイ王国の旗 タイ国際航空 バンコク/スワンナプーム
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 ロサンゼルス、サンフランシスコ
ベトナムの旗 ベトナム航空 ホーチミンシティ
サモアの旗 ヴァージン・サモア アピア
中華人民共和国の旗 厦門航空 福州廈門

ターミナル2[編集]

航空会社 就航地
オーストラリアの旗 フライ・ペリカン英語版 マッジー英語版ニューカッスル英語版
オーストラリアの旗 ジェットスター航空 アデレードアバロンエアーズロックバリナ英語版ブリスベンケアンズダーウィン、ゴールドコースト、ハミルトン島英語版ホバートローンセストン英語版、メルボルン、パースサンシャイン・コースト英語版タウンズビル
オーストラリアの旗 リージョナルエクスプレス航空英語版 オルベリー英語版アーミデイル英語版、バリナ、バサースト英語版ブロークン・ヒル英語版ダボ英語版グラフトン英語版グリフィス英語版リズモア英語版メリンブラ英語版ミルデューラ英語版モルヤ英語版ナランデラ英語版、ニューカッスル、オレンジ英語版パークス英語版タリー英語版ワガワガ英語版
オーストラリアの旗 タイガー・エアウェイズ・オーストラリア アデレード、ブリスベン、ケアンズ、コフスハーバー英語版、ゴールドコースト、メルボルン、パース、プロサーパイン英語版
オーストラリアの旗 ヴァージン・オーストラリア アデレード、エアーズロック、バリナ、ブリスベン、ケアンズ、キャンベラ、コフスハーバー、ダーウィン、ゴールドコースト、ハミルトン島、ハービー・ベイ英語版、ホバート、マッカイ英語版、メルボルン、パース、サンシャイン・コースト
オーストラリアの旗 ヴァージン・オーストラリア・リージョナル航空 オルベリー、キャンベラ、ポートマクォーリー英語版タムワース英語版

カンタス・ターミナル3[編集]

航空会社 就航地
オーストラリアの旗 カンタス航空 アデレード、アリス・スプリングス、ブリスベン、ケアンズ、キャンベラ、ダーウィン、ゴールドコースト、ハミルトン島、メルボルン、パース
[季節運航]: ブルーム
オーストラリアの旗 カンタスリンク
運航はオーストラリアの旗 イースタン・オーストラリア航空
オルベリー、アーミデイル、キャンベラ、コフスハーバー、ダボ、グラッドストーン英語版ロード・ハウ島英語版モリー英語版、ポートマクォーリー、タムワース、トゥワンバ英語版、ワガワガ
オーストラリアの旗 カンタスリンク
運航はオーストラリアの旗 コバム航空オーストラリア英語版
アデレード、キャンベラ、ゴールドコースト、ハービー・ベイ、ホバート、サンシャイン・コースト

貨物便[編集]

航空会社 就航地
香港の旗 キャセイ・パシフィック・カーゴ 香港、メルボルン
ドイツの旗 DHL
運航はオーストラリアの旗 タスマン貨物航空英語版
オークランド、ヌメア、メルボルン
ドイツの旗 DHL
運航はオーストラリアの旗 ペルエア英語版
ブリスベン、メルボルン、ケアンズ
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ・スカイカーゴ ドバイ/アール・マクトゥーム、香港、シンガポール
アメリカ合衆国の旗 フェデックス・エクスプレス 広州、ロサンゼルス、マニラ、ホノルル
韓国の旗 大韓航空カーゴ 広州、ソウル/仁川
マレーシアの旗 マレーシア航空カーゴ ダナン、クアラルンプール
オーストラリアの旗 カンタス・フライト英語版
運航はアメリカ合衆国の旗 アトラス航空
重慶、シカゴ、香港、ジャカルタ、ホノルル、メダン、上海/浦東
オーストラリアの旗 カンタス・フライト
運航はオーストラリアの旗 エクスプレス・フライターズ・オーストラリア英語版
オークランド、クライストチャーチ
シンガポールの旗 シンガポール航空カーゴ シンガポール、アデレード
タイ王国の旗 タイ国際航空カーゴ バンコク/スワンナプーム
オーストラリアの旗 トール・プリオリティー英語版
運航はニュージーランドの旗 エア・ワーク英語版
ブリスベン、メルボルン
アメリカ合衆国の旗 UPS航空 アンカレッジ、ナンディ、ホノルル、ロサンゼルス

就航路線[編集]

管制塔
離陸するカンタス航空のエアバスA380型機
ジェットスター ボーイング717-200型機
オーストラリアの旗 オーストラリア国内
ポリネシア
メラネシア
東アジア
東南アジア
南アジア・中東
ヨーロッパ
アフリカ
北アメリカ
南アメリカ

過去に就航していた航空会社[編集]

など

過去に就航していた都市[編集]

など

アクセス[編集]

鉄道[編集]

自動車[編集]

  • タクシー : 市内中心部まで、AU$30〜40
  • 乗合シャトルバン : 市内のホテルまで、AU$12〜15

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.qantas.com.au/travel/airlines/media-releases/oct-2012/5455/global/en
  2. ^ 中国国際航空、11月11日から成都/シドニー線に就航 週3便
  3. ^ 海南航空、9月14日から西安/シドニー線に就航 A330で週2便
  4. ^ シンガポール航空、11月からシンガポール/ジャカルタ/シドニー線に就航
  5. ^ http://www.airmauritius.com/news/Communique%2014%20Feb%202012-English.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]