シンガポール航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シンガポール航空
Singapore Airlines Limited
種類 公開会社
市場情報 SGX:C6L
本社所在地

シンガポールの旗 シンガポール
25 Airline Road Airline House

Singapore 819829,シンガポール
設立 1947年
業種 サービス
事業内容 空運業
代表者 Goh Choon PhongCEO)
決算期 12月末日
主要株主 テマセク・ホールディングス(54.91%)
外部リンク http://www.singaporeair.com/
テンプレートを表示
Singapore Airlines Logo.png
IATA
SQ
ICAO
SIA
コールサイン
Singapore
設立 1947年 (Malayan Airways として)
ハブ空港 シンガポール・チャンギ国際空港
マイレージサービス KrisFlyer, The PPS(Priority Passenger Service) Club
会員ラウンジ SilverKris Lounge
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 101機(73機発注中+59機オプション)
就航地 66都市
親会社 テマセク・ホールディングス
本拠地 シンガポールの旗 シンガポール
代表者 Goh Choon Phong (CEO)
テンプレートを表示
Airline House - シンガポール航空の本部

シンガポール航空(シンガポールこうくう、英語: Singapore Airlines (SIA) , 中国語: 新加坡航空公司(新航)マレー語: Syarikat Penerbangan Singapuraタミル語: சிங்கப்பூர் ஏர்லைன்ஸ்)は、シンガポール航空会社である。

概要[編集]

イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている[1]

シンガポールを代表する大企業の一つで、チャンギ国際空港ハブ空港とするシンガポールの「フラッグ・キャリア」である。 またアジアのみならず世界でも有数の規模を持つ航空会社でもある。

シンガポール本国への航空需要の他に、乗り継ぎ客(特にヨーロッパオーストラリアニュージーランドを結ぶカンガルールートの利用者)を重視した路線設定を行っている。一般客にはIATAのコードであるSQと呼ばれることが多い。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している [2] [3]

コードデータ[編集]

沿革[編集]

マレーシア・シンガポール航空のコメットMk.IV
ブリティッシュ・エアウェイズのシンガポール航空塗装のコンコルド(ヒースロー空港、1980年代
ボーイング 707-320F型機
ボーイング 747-400型機
エアバス A380型機
ボーイング 777-300型機
  • 1980年12月1日 シンガポール-成田-ロサンゼルス線を開設。当時の使用機材はBoeing747-200だった。
  • 1981年7月1日 シンガポールでの空港の使用をパヤレーバーからチャンギ国際空港に変更。
  • 1989年2月 シンガポール第二の航空会社として、シンガポール航空の子会社、トレードウィンズの設立を発表。トレードウィンズは、その後、シルクエアーに改称し、現在、アジアやオーストラリアの30以上の就航地へ運航中。
  • 1991年3月26日 マレーシア発シンガポール行き117便でシンガポール航空では初めてのハイジャック発生(シンガポール航空117便ハイジャック事件)。
  • 1993年9月10日 通算生産数1,000機目となる記念のボーイング747-400:9V-SMUを受領する。この機体には「1000th Boeing747」特別エンブレムが機首に描かれていた。
  • 1999年 マイレージプログラム「KrisFlyer(クリスフライヤー)」を開始。トラベルクラスに関わらずシンガポール航空便をご利用のお客様はマイルを獲得でき、積算後に様々な商品やサービスとの交換が可能となる。
ボーイング777-300ER型機のビジネスクラス、横1-2-1列でこのクラスでは最も広い、背もたれを前に倒すとベッドになる。2008年9月撮影
  • 2008年5月15日、全席新型ビジネスクラス(A380、Boeing777-300ERに搭載されているシートと同じタイプ。)100席仕様に改装したAirbusA340-500型機をシンガポール-ニューアーク間で運航開始。
  • 2008年5月20日、シンガポール-成田A380が就航開始。この日は、成田国際空港開港30周年でもある。シドニー線やロンドン線でも見られたようにこの日のみ便はSQ636/637で、21日より通常運航でSQ638/637で運航が開始された。SQ636の就航日当日、関東地区の天候が荒天だったため、中部国際空港ダイバートした。2時間ほどの駐機後、再び成田国際空港へ向かい、定刻より4時間遅れで同空港に着陸した。折り返しとなるSQ637便は1時間半ほどの遅れで成田国際空港を離陸した。乗り入れ初日は就航記念行事が予定され、一時は大幅の遅延のため中止されることになったが、結果として行われた。
    これに先駆け4月16日から20・22日まで、A380の最新機内設備が赤坂サカスにて一般公開された。
  • 2008年9月21日、シンガポール〜ニューアーク線に続き、シンガポール〜ロサンゼルス間のノンストップ便も全席新型ビジネスクラス100席のAirbus340-500で運航開始。
  • 2009年2月16日、シンガポール-クアラルンプール、シンガポール-ジャカルタにAirbusA330-300型機を初めて投入された。このAirbus330-300は順次、ブリスベンパース中部国際空港アデレード、大阪の各線に投入される。同時に、初期に導入されたBoeing777-200型機のリタイヤを進める。
  • 2011年3月28日バルセロナ経由でサンパウロへ初就航。同社初の南米線開設となる。
  • 2012年3月25日、メルボルン→シンガポール線のSQ238便を最後にBoeing747-400が旅客便としての定期運用を終了。
  • 2012年4月6日、シンガポール⇔香港(往路便:SQ747/復路便:SQ748)間でBoeing747-400がラストフライト[4]。同便をもって同社の747旅客便として39年間の運航の歴史に幕が閉じられた。これにより、同社が所有するボーイング社製の旅客機は双発機のみとなった。
  • 2016年3月2日 次期長距離運航機材として発注していたエアバスA350-900を受領。

保有機材[編集]

エアバスA330-300型機

最新鋭機をいち早く導入し、保有機就航年数も平均約5年と短いサイクルである。

運航機材 (2016年現在)[編集]

機材 保有数 発注数 座席数 備考
R F J S Y
エアバスA330-300 29 30 255 285 現役ワイドボディ機における主力大型機材、北米英国・中東・アジア各路線に投入
エアバスA350-900 2 68 42 24 187 253 順次受領中、長距離路線に投入
アジア地域最大発注機数、うち7機は北米直行便投入予定Ultra-Long Range(超長距離)型機仕様)
エアバスA380-800 19 5 12 86
60
36 245
333
379
441
2015年夏以降プレミアムエコノミー導入
R:スイートクラス
エアバス社A380総二階建旅客機計画ローンチカスタマー
86
60
311
399
409
471
ボーイング777-200 11 - 12 42 234 288 順次退役予定
38
30
228
293
266
323
ボーイング777-200ER 11 - 26
30
245
255
271
285
ボーイング777-300 6 - 8 50 226 284 順次退役予定
ボーイング777-300ER 27 - 4 48 28 184 264 2015年夏以降プレミアムエコノミー導入
4
8
48
42
232
228
284
278
ボーイング787-10 0 30 No Data ローンチカスタマー
2018年以降順次導入予定
104 120

シンガポール航空の搭載エンジンは、ボーイング777を導入以降B777-300ERの様にエンジンを選択できない機材を除き、極力ロールスロイス社製トレントを搭載する(A330-300・A340-500・A380-800・B777-200/200ER/300は全機材ロールスロイス・トレントを搭載)更に発注中のエアバスA350-900はロールスロイス(トレントXWB)のみの選択なので、シンガポール航空のロールスロイスエンジンの採用率はきわめて高い部類になる。

2012年9月からエアバスA380で機内インターネットを開始。その後ボーイング777-300ER等にもサービスを展開[5]

退役済機材[編集]

愛称[編集]

シンガポール航空では、一部の機材に愛称をつけていた。

特別塗装機[編集]

ボーイング747-400(9V-SPP)
ボーイング777-200ER(9V-SRE)[8]
ボーイング777-300(9V-SYE[9]、9V-SYL)
ボーイング777-300ER(9V-SWI、9V-SWJ)

発注キャンセル[編集]

MD-11型機は、開発中に機体の重量や抵抗が想定より大きくエンジンの燃費性能も予想より低い事が分かったが、このことは航続距離や経済性などが計画値より大きく劣る事を意味していた。そのためシンガポール航空は全機の発注をキャンセルし、エアバスA340-300型機に発注を切り替えた。しかしエアバスA340-300も、エアバスA340-500型機やボーイング777型機の導入で同社から退役している。

新機材の積極的導入[編集]

同社は、機材の更新に積極的でボーイング777-300ER787エアバスA380A350等の最新鋭機を積極的に導入することを進めている。また、シンガポール航空は2009年から2010年までに、エアバス社からエアバスA330-300型機19機を、リースで導入する。A330型のリース契約は、A380型の引き渡し遅延に伴う供給不足を補う為、エアバス社がシンガポール航空に支払う、補償の一環とされている。また、A350-900XWB型機を20機発注し、同時に同型機を20機オプション発注した。これらは2013年から2015年にかけて納入される予定である。(A330-300はA350-900XWBが導入されるまでのつなぎとして導入をされた。)

キャセイパシフィック航空などの英国連邦の航空会社同様にエンジンに関してはボーイングB777-300ER以外はロールスロイス社製トレントを搭載又は導入予定である。

シンガポール航空のシートTV(オンデマンド式)はすべてパナソニックアビオニクス社製。ボーイングB777-300ER・エアバスA330-300・エアバスA380-800に搭載されているものはeX2という最新鋭のものであり画面をタッチできるもの。ファーストクラスの画面は20インチ以上と破格である。全席にユニバーサル対応のパソコン電源があるのも大きな特徴。今後、B777-300ER19機を2015年から2016年の計画で機内リニューアルを行なう計画である[12]

エアバスA330-300はボーイング777-200の代替として19機が導入される。最初の就航路線はブリスベーンで、後にオーストラリア(パース・アデレート)・名古屋・大阪・福岡に就航した。シートテレビ等のエンターテイメントはボーイング777-300ERやエアバスA380と同等なものが搭載される。[1][2]

シンガポール航空は世界で初めてパナソニックアビオニクス社製のeX3と呼ばれるAndoirdベースの機内エンターテイメントを導入。導入されるのはA350-900XWBと追加発注のエアバスA330-300とボーイング777-300ER[13]

またシンガポール航空の保有機材の平均機齢は5〜6年と、世界的にも低い。これは、同社が新機材を積極的に導入しており、使用機材の退役が早いためである。

A380の導入[編集]

エアバスA380-800

A380のローンチカスタマーとして、24機を導入予定。広大な客室空間を利用し、一階部分前方に12室の個室型スイートクラスを設定し、23インチのモニターを装備。スイートクラスではそれぞれにスライドドアとロールブラインドが付いており完全個室化が可能であるが、離着陸時等は保安のためこれらは全て開けておかなければならない。 シンガポール航空はA380の開発を決定づけたローンチカスタマーとして、早期の日本路線への投入が期待されていたが、2014年には中部国際空港への夏季繫盛期定期便機材として初投入され、日本の三大都市圏の国際空港(成田・関空・中部)へ定期便でのA380型機乗り入れが実現した。日本の三大都市圏からシンガポール乗り継ぎ利用での東南アジア・オセアニア及び南太平洋地域各地への乗り継ぎ旅客では、日本国籍保有者からも相当な割合を占めると共に、その乗り換え利便性も高く評価されており、東南アジア随一のハブ空港としての地位を確立している。

初便記念飛行[編集]

エアバスA380型機の初便記念飛行は、2007年10月25日シンガポール-シドニー線の最初の1往復のみで行われた。 両便搭乗旅客には、就航記念として、クラス別に搭乗証明書および、ノイズキャンセリングヘッドフォンバッグなどの記念品が提供された。

なお、初便記念飛行のチケットは、ネットオークションで販売され、それらの売上金は全て慈善団体に寄付された。

就航路線[編集]

A380の第1号機(機体記号:9V-SKA[14])は2007年10月25日シンガポールシドニー線に初就航し同年10月30日には定期運航を開始している。

また2008年3月18日、A380の3号機を受領し同日からシンガポール-ロンドン線に就航した。ロンドンはヨーロッパで最初のA380定期便就航空港となった。同年5月20日、シンガポール-成田にA380が就航した。成田国際空港はアジアで最初のA380定期便就航空港となった。但し成田国際空港に関しては初就航日は悪天候のため中部国際空港へダイバートととなり、4時間遅れの到着となった。このため当日予定していた「日本初就航記念」行事は中止も検討されたが、結果として行われた。

2015年現在

  • シンガポールを起点に日本、欧州、北米、豪州のほか中国、インドなどの主要路線に投入されている。

サービス[編集]

コンデナスト・トラベラーなどの旅行雑誌で高い評価を受けている。高い評価の理由とされるのは「最新鋭の翼とやさしいおもてなし」のコンセプトに基づく高レベルのサービスと評されている。

客室乗務員[編集]

女性CA(2004年2月)

機内では、サロンケバヤに身を包んだキャビンアテンダント(CA)のサービスの評価が高い。なお、2000年に発生した006便墜落事故において客室乗務員が常時着用していたサンダル(バックストラップなし)が緊急脱出に時間を要する原因になったとの声もあり、離着陸時のみバックストラップのサンダルを着用することとなった。

※ただし、サロンケバヤを着用しているのは女性CAで、実際には薄い青や紺色のジャケットを着用した男性CAが半分近く乗り込んでいる。もちろん、男性CAのサービスのレベルも高い。
多民族国家であるシンガポールを反映して、CAも中国系、マレー系、インド系など、多くの民族から構成される。日本発着便には日本人CAも乗務している。

機内食[編集]

シンガポール航空の機内食は、スイート・ファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・エコノミークラスを問わず、チャンギ国際空港内にあるSATS(シンガポール・エアポート・ターミナル・サービス)社で製造された機内食が用意される。同センター内には世界初の減圧器を備えた部屋「シミュレーテッド・エアクラフト・キャビン」があり、地上1万メートルの機内と同じ環境を作り出して機内食などのプレゼンテーションを実施していることにより、高品質なサービスを展開している。プレミアムエコノミー・ビジネスクラス以上のクラスでは、一部に「ブック・ザ・クック」の豊富なメニューから選択でき、これはシンガポール発のほか成田東京/羽田ミュンヘンロサンゼルスなどの約20都市から出発する路線で利用可能。また一部のメニューに「インターナショナル・カリナリー・パネル」が監修した食事が用意され、日本路線には和食や洋食から1種類選べる。

また、ベジタリアンミールやモスレム食・チャイルドミール・フルーツプラッターなどの機内特別食も選択できる。このうちナッツフリーミールとコーシャーミールの2種類は出発の48時間前、それ以外のベジタリアンミールなどは出発の24時間前に同社もしくは予約した旅行会社にリクエストする必要がある[15]


就航路線[編集]


コードシェア[編集]

マイレージカード[編集]

シンガポール航空が運営する入会無料のマイレージプログラムは3種類あり、「クリスフライヤー(KrisFlyer)」と上級組織である「PPSクラブ」、2~12歳が入会できる「ヤングエクスプローラークラブ」という子供用プログラムがある。どちらも、シンガポール航空便及びシルク航空便をはじめとしたスターアライアンス加盟各社便、レンタカー、ホテルチェーンなどでマイルを貯めてスターアライアンス加盟各社の無料航空券、アップグレードの特典と交換できる。 参考までに、ANA日本国内線往復無料航空券は25,000マイルで取得できる。

日本国内では三井住友カードJCBの提携カードを提供している。

クリスフライヤー[編集]

「クリスフライヤー」は、13歳以上が対象で申込手続をすればすぐに入会できるプログラムである。スターアライアンス加盟航空会社の他に、2008年現在どこのアライアンスにも属していないヴァージン・アトランティック航空による飛行マイルでも、スターアライアンスゴールド会員資格が取得できる唯一のプログラムである。

PPSクラブ[編集]

「PPS(Priority Passenger Serviceの頭文字)クラブ」は自社運航便のビジネスクラスファーストクラスの乗客に特化したプログラムとして位置づけられており、その入会・会員資格維持条件として『シンガポール航空及びシルク航空のビジネスクラス・ファーストクラスに1年間で50,000マイル以上または25PPSセクター以上搭乗して「クリスフライヤー」にマイルを加算またはカウントさせる』と規定されている。 その最高級の会員である『ライフ・ソリティア・PPSクラブ(終身会員)』はPPSクラブと同条件で、累積1,875,000マイル以上または1,000PPSセクター以上の搭乗が必要になる(キロメートル換算で300万kmになる)という制度。 その入会条件の厳しさゆえに、「PPSクラブ」全会員が「スターアライアンスゴールドメンバー」となる。

「PPSクラブ」は2007年9月資格更新分より、資格認定のカウント方法が独自換算方法による“シンガポールドル(SGD)換算での資格更新方式”へ変更されている。

ラウンジ[編集]

  • シンガポール発ロンドン行のSQ322便のスイートクラス利用者およびソリティアPPSメンバーはロンドン・ヒースロー空港ターミナル3にあるヴァージンアトランティック航空のアライバルラウンジを利用することができる。
  • シルバークリスラウンジはスターアライアンスゴールドメンバーでも入場することができるが、シンガポールにあるシルバークリスラウンジは、PPSクラブメンバー以外のエコノミークラス利用のスターアライアンスゴールドメンバーは入場できない。また、シンガポールのシルバークリスラウンジに入場できるのは、以下の場合のみ。
    • シンガポール航空のスイートクラス・ファーストクラス・ビジネスクラスクラス利用者と同伴者(ビジネスクラス利用者は同伴者不可。)
    • PPSクラブメンバーと同伴者。
    • ルフトハンザドイツ航空全日本空輸アシアナ航空のファーストクラス・ビジネスクラス利用者(ターミナル2のみ。)。ルフトハンザのファースト利用者は同伴も可。また、全日空のANAマイレージクラブのダイヤモンドメンバーも全日空便利用に限り(利用クラス不問)、ターミナル2のファーストクラスラウンジを利用することができる。同伴者も可。ただし、ターミナル3のファーストクラスラウンジの利用はできない。なお、シンガポール航空と同じターミナル3から出発するユナイテッド航空コンチネンタル航空のファーストクラスもしくはビジネスクラス利用者にはチェックイン時にSATSプレミアラウンジのインビテーションカードを配布しており、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空利用者は利用クラス問わずSATSプレミアラウンジの利用を案内しており、シルバークリスラウンジへの案内はしていないため利用できない。
  • シンガポール航空の公式サイトには全く記載はないが、シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル3にあるシルバークリスファーストクラスラウンジ内にザ・プライベートルームという特別のラウンジがある。室内はレストランのようなダイニングルームになっている。メイン料理以外はブッフェ形式になっており、メイン料理はオーダー形式となっている。シルバークリスラウンジとは違い24時間営業ではない。シンガポール航空のスイートもしくはファーストクラスであれば利用できるが、次の場合を除く。
    • 入場資格を満たない同行者
    • シンガポール航空以外の利用者

利用資格者はチェックインカウンターでザ・プライベートルームのインビテーションカードが発行され、搭乗券にも利用資格者の印字がされる。 スターアライアンス世界一周ファーストクラス運賃利用者は、上記の条件に一つも当てはまらなければ、ザ・プライベートルームへの入場が可能である。

その他[編集]

  • A380、Boeing777-300ER、Airbus A340-500のビジネスクラス、全機種のファーストクラスの特典は、原則クリスフライヤーでしか獲得することができない。
  • A380のスイートクラスはクリスフライヤーを除き、特典航空券には一切開放されておらず、UPグレードも受け付けていないどころか、世界一周運賃で差額を支払って搭乗することもできない。
  • 2004年6月28日に、シンガポール-ニューアーク直行便(シンガポール航空21便、SQ21便)を開設した[16]エアバスA340-500、全席ビジネスクラス(100席)という特別仕様機であり、スケジュール上の所要時間は18時間30分であった。2004年7月28日に就航する予定だったが、キャセイパシフィック航空が同年7月1日に香港-ニューヨーク直行便を開設することを発表したため、就航を定より1か月早めた。2013年11月23日で運休となった。2018年に、A350-900ULRを導入し、ニューヨークまでの直行便を再開する予定である[17]
  • 現在は世界的に当たり前となっているアライアンスだが1988年デルタ航空とかつて存在したスイス航空と大陸間をまたいだ提携し、お互いに10%の資本を保有する「Global Excellence」を形成し、現在のアライアンスの元祖ともいえる提携で世界的にも注目された[誰によって?]

事故、インシデント、トラブル[編集]

  • 2000年10月31日 シンガポール発台北経由ロサンゼルス行き006便 ボーイング747-400型機(登録記号:9V-SPK)
  • 2015年5月23日 シンガポール発上海行き836便 A330-300型機(登録記号:9V-SSF)
離陸約3時間半後に南シナ海上空飛行中に乱気流に巻き込まれロールスロイストレント772型エンジン2基とも次々に失速停止し、運航乗務員は運航マニュアルに従い13,000フィートまで緊急降下しながらエンジン再始動に成功、そのまま上海に向けて飛行を続け、現地時間の22時56分に無事着陸し乗員、乗客194名に怪我はなかった[18]
  • 2015年10月11日 上海発シンガポール行き835便とシンガポール発香港行き890便の待機時 A330-300型機(登録記号:9V-STG)
チャンギ国際空港で11日未明に835便で到着し、乗客降機後、890便運航前整備で整備士による前輪格納確認中、誤って前輪が格納され機首が地面に激突するトラブルが発生[19]。操作していた整備士1名に怪我はなし。890便は代替機材手配し、約1時間遅延で出発した。
仁川国際空港で離陸滑走中、大韓航空機929便(A330-200型機)がタクシングのため滑走路を許可していないのにも関わらず滑走路に進入し、シンガポール航空機は緊急離陸中止した。2機は無事に接触しないでともにゲートへ戻り、大韓航空機は故障箇所が見付からなかったため点検後、約100分遅延で離陸したが、シンガポール航空機は離陸滑走時の145ノットからの緊急停止をしたので、8つのタイヤバーストと3つのブレーキが故障のため部品交換し、およそ19時間遅延でシンガポール航空9016便に便名変更のうえ離陸し運航された。[20]
  • 2016年6月27日、シンガポール発ミラノ行き368便 ボーイング777-300ER型機(登録記号:9V-SWB)
離陸2時間後にマレーシア西海上上空でエンジンオイル警告灯が点灯したため、シンガポールに引き返し、その後チャンギ国際空港へ緊急着陸し、着陸後右側GEアビエーションGE90-115B型エンジンから出火したが、滑走路上で緊急消火し、緊急脱出は行わず、乗員、乗客241人に怪我はなく、代替機材に乗り替えミランへ向かった[21][22]

子会社及び提携[編集]

シンガポール航空グループは50社以上の子会社及び資本提携会社で構成される:

子会社
  • Abacus 旅行システム (61.0%)
  • カーゴコミュニティネットワーク (51.0%)
  • SIA Engineering Company (86.6%)
    • SIAEC グローバル (86.6%)
    • SIAEC サービス (86.6%)
    • シンガポールジャムコ (56.3%)
  • SIA プロパティ (100%)
  • シルクエアー (100%)
  • スクート (100%)
  • シンガポール航空(モーリシャス) (100%)
    • SIA (モーリシャス) (100%)
  • シンガポール航空カーゴ (100%)
  • シンガポール空港 Duty-Free Emporium (96.8%, 休眠中)
  • シンガポール空港ターミナルサービス (86.5%)
    • 航空ランドリー&リネンサービス (86.5%)
    • エアロログエキスプレス (Aerolog Express) (60.5%)
    • アジア=パシフィック・スター (86.5%, 休眠中)
    • カントリィフーズ (57.7%)
    • SATS 空港サービス (86.5%)
    • SATS ケータリング (86.5%)
    • SATS セキリティサービス (86.5%)
  • シンガポール航空機&ジェネラル保険会社 (100%)
  • シンガポール飛行カレッジ (100%)
  • Sing-Bi Funds (100%, 休眠中)
  • トレードウインズ・ツアー&トラベル (100%)
  • Tiger Air (100.0%)
資本提携
  • アジア航空貨物ターミナル (21.2%)
  • アジアリーシング (21.0%)
  • アジア・コンプレッサー技術サービス (Asian Compressor Technology Services) (21.2%)
  • Asian Surface Technologies (25.1%)
  • Aviserv (42.4%)
  • 北京空港 Inflight Kitchen (34.6%)
  • 北京航空機地上サービス会社 (34.6%)
  • Combustor Airmotive Services (42.4%)
  • イーグルサービスアジア (Eagle Services Asia) (42.4%)
  • エバグリーン航空貨物サービス会社 (21.6%)
  • エバグリーン航空サービス会社 (17.3%)
  • Fuel Accessory Service Technologies (42.4%)
  • International Aerospace Tubes Asia (28.9%)
  • MacroAsia-Eurest ケータリングサービス (17.3%)
  • モルディブ Inflight Catering (30.3%)
  • Messier Services Asia (34.6%)
  • Pan Asia Pacific Aviation Services (40.8%)
  • PT JAS Aero-Engineering Services (42.4%)
  • PT Pantai Indah Tateli (20.0%)
  • PT Purosani Sri Persada (20.0%)
  • PWA インターナショナル (42.4%)
  • RCMS プロパティ (20.0%)
  • Rohr Aero Services-Asia (34.6%)
  • SERVAIR-SATS Holding Company (42.4%)
  • Service Quality (SQ) Centre (50.0%)
  • Taj Madras Flight Kitchen (25.9%)
  • TAJ SATS 航空ケータリング (42.4%)
  • Tan Son Nhat カーゴサービス (25.9%)
  • Tiger Air (100.0%)
  • Turbine Coating Services (21.2%)
  • ヴァージン・オーストラリア(22.1%)
ジョイントベンチャー
  • ビスタラ(正式社名は Tata-SIA Airlines Limited)(49%)
  • International Engine Component Overhaul (IECO) (43.3%)
  • シンガポール Aero Engine Services Private Limited (SAESL) (43.3%)


注釈[編集]

  1. ^ 5-Star Airline Rating SKYTRAX
  2. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)” (日本語). アマデウス・ジャパン. 2015年9月26日閲覧。
  3. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  4. ^ 月刊エアライン』(2012年4月号),p19,イカロス出版
  5. ^ シンガポール航空、機内無線LANサービス開始 - Aviation Wire 2012年9月7日
  6. ^ なお9V-SPK機の事故後に他方機種も通常塗装に戻す。
  7. ^ 同社では加盟航空会社で唯一、垂直尾翼が「STAR ALLIANCE」の五つ星マークではなく会社用ロゴの塗装である。
  8. ^ 現在は同社から退役している。
  9. ^ 現在は同社から退役している。
  10. ^ Singapore Airlines Receives Sixth A350 - The 10,000th Aircraft Airbus Has Delivered
  11. ^ Airbus celebrates the delivery of its 10,000th aircraft
  12. ^ SIA To Invest US$325 Million To Fit Latest Cabin Products To B777-300ER Fleet - 09 May 2014
  13. ^ http://panasonic.aero/PressRelease/detail.aspx?PressReleaseID=107 [リンク切れ]
  14. ^ この記号はかつて同社のボーイング747-300 (BIG TOP) に使用されていた。
  15. ^ ブック・ザ・クック - シンガポール航空
  16. ^ Singapore Air makes longest flight - CNN June 29, 2004
  17. ^ Singapore Airlines beats its own long-haul record - Airsider 29. June 2004
  18. ^ シンガポール機、飛行中にエンジン全停止 悪天候に見舞われ
  19. ^ 車輪突然引っ込み、機体が地面に激突 シンガポール航空 2015.10.15 Thu posted at 19:18 JST
  20. ^ http://avherald.com/h?article=497f7b0f
  21. ^ シンガポール航空機、緊急着陸時に右側エンジンから大きく出火 乗員乗客は無事
  22. ^ http://www.chinaaviationdaily.com/news/53/53305.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]