エアノース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エアノース
Airnorth
Airnorth Embraer ERJ-170-100LR 170LR PER Lim.jpg
IATA
TL
ICAO
ANO
コールサイン
TOP END
設立 1978年
ハブ空港 ダーウィン国際空港
マニングリダ空港
マイレージサービス Frequent Flyer
会員ラウンジ Qantas Club
親会社 Skyport Group
保有機材数 15機
就航地 12都市
本拠地 オーストラリア連邦ノーザンテリトリーダーウィン
代表者 Michael Bridge (CEO)
外部リンク http://www.airnorth.com.au/
テンプレートを表示

エアノースAirnorth)はオーストラリア連邦ダーウィンコミューター航空会社

概要[編集]

エンブラエル EMB-120

ノーザンテリトリー西オーストラリアに国内線を展開しているほか、現在では東ティモールやインドネシアにも路線を拡げている。ハブ空港はダーウィン国際空港マニングリダ空港

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

歴史[編集]

ダグラス DC-3

エアノースは1978年に設立され、1981年に定期便を就航させるまでの間はチャーター専門の航空会社として運航を開始した。2003年10月、エアノースは南オーストラリア航空を吸収合併するために買収し2004年3月にはエミュー航空を買収するも、2005年には南オーストラリア航空とエミュー航空の両方を売却し同年9月には両社とも運航を停止してしまった。また2004年エアノースはインドネシアの航空会社であるメルパチ・ヌサンタラ航空と、西ティモールのクパンダーウィンを結ぶ路線をエンブラエル機で開設するという契約に調印した。

現在エアノースはダーウィンにあるCapiteq Limitedによるオーストラリアのコミューター航空連合RegionalLink Airlinesの主要なメンバーの一社である。このRegionalLink Airlinesはオーストラリア国内では最初の航空連合であり、加盟航空会社はそれぞれ独自のブランド名で路線の運航を行っているが機体の下部にRegionalLink Airlinesのロゴが施されている。

エアノースの主な株主はSkyport Group (55%)、QTEC (31%) 、John Gamble (14%)の三社。

就航都市[編集]

ダーウィン国際空港に駐機するエンブラエル170型機

このほかアーガイル・ダイアモンド鉱山ホーン島などにチャーター便を飛ばしている。

保有機材[編集]

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]