アトラス航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Atlas Air
IATA
5Y
ICAO
GTI
コールサイン
GIANT
法人番号 8700150043233
設立 1992
ハブ空港 マイアミ国際空港
ジョン・F・ケネディ国際空港
ロサンゼルス国際空港
シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港
アンカレッジ国際空港
ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港
ハンツビル国際空港
保有機材数 47
就航地 101
本拠地 ニューヨーク州パーチェス
代表者 William J. Flynn (President & CEO)
売上高 増加US$1.40B (FY 2011)[1]
営業利益 増加US$171M (FY 2011)[1]
純利益 増加US$96.1M (FY 2011)[1]
資産総額 増加US$2.39B (FY 2011)[2]
純資産額 増加US$1.14B (FY 2011)[2]
外部リンク www.atlasair.com
テンプレートを表示
アトラス航空ボーイング747-200型機

アトラス航空英語:Atlas Air)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州パーチェスに拠点を置く貨物航空会社である。ギリシア神話の神アトラースにちなんで、アトラス航空と名づけられた。1992年4月に設立。親会社のアトラスエア・ワールドワイド・ホールディングスが株式をNASDAQに上場している(NASDAQ: AAWW)。

歴史[編集]

運用実態[編集]

三沢飛行場で撮影された、アトラス航空のボーイング767-300ER型機

欧米で活躍していた旅客用747を大量購入し、かつ貨物用へ転用の上運用していることは世界的にも有名だが、2000年代に入り新造の-400フレイターを導入している。これら747フレイターで貨物(米軍関連も含め)輸送を行っている。日本では成田国際空港中部国際空港関西国際空港、横田基地、嘉手納基地に飛来しているほか、最近では鹿児島北九州にも顔を出している。

愛知県で製造されたB787型機の主翼部品運搬のために開港以来約10年間中部国際空港へ定期的に飛来し続け、同空港の代名詞ともなっている機体であるボーイング社保有の747-400LCF型(ドリームリフター)を運航しているのも当社である。

Amazon.comの専用輸送機『Amazon One』(767-300)の運行を受託している[3]

旅客チャーターの参入[編集]

これまで貨物専門として君臨していた同社だが、このほど軍事・国際旅客チャーター便を運航を開始。旅客として運行されるのは747-400と767-300ERで、この中には元日本航空のJA8077,8088や元全日本空輸のJA404A,405Aが含まれている。767-300ERはアシアナ航空、LAN航空(現在のLATAM航空)など使用していたもので、アメリカ国内のローカル空港発着にも対応した機材である。必要に応じて757、767、777クラスも今後導入予定されている。

保有機材[編集]

アトラス航空の機材は以下の航空機で構成される(2018年現在):

  • ボーイング747-400F 22機 (うち4機がBDSF型。他4機は日本貨物航空等からの移籍機でN40*KZのレジ機が元NCA機である。今後も中古導入が予定されている。)
  • ボーイング747-400LCF 4機(ボーイング社受託機材)
  • ボーイング747-400 4機
  • ボーイング747-8F 9機
  • ボーイング757-200 1機
  • ボーイング767-200 9機
  • ボーイング767-300 5機
  • ボーイング767-300F 2機

ボーイング747-8Fを12機発注したが、初期製造にあたる3機の発注を取り消し9機の導入へ変更された。

フロリダ州マイアミにあるアトラス航空乗務員訓練所では、自社パイロットの訓練だけでなく、アメリカ空軍第89空輸航空団メリーランド州アンドルーズ空軍基地)から政府専用機パイロットの訓練も委託されているほどの信頼と実績もある。

なお、同社が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は7Uで、航空機の形式名は747-47UF, 747-87UF などとなる。

かつてはボーイング747型機のクラシックと呼ばれる100,200,300型機を運用していて、200型機の中には元全日空機、タイ国際航空機、アリタリア航空機、300型機はヴァリグ航空機も存在していた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]