スクート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Scoot スクート
Scoot logo.svg
IATA
TR
ICAO
TGW
コールサイン
SCOOTER
法人番号 1700150085505 ウィキデータを編集
設立 2011年11月1日
運航開始 2012年6月4日
拠点空港 シンガポール・チャンギ国際空港
(ターミナル2)
航空連合 バリューアライアンス
親会社 en:Budget Aviation Holdings
保有機材数 37機
就航地 60都市
本拠地 シンガポールの旗 シンガポール
代表者 Campbell WilsonCEO
外部リンク http://www.flyscoot.com/
テンプレートを表示
ボーイング787-8型機

Scoot (スクート)は、シンガポールにあるシンガポール・チャンギ国際空港拠点に運航している格安航空会社で、スクート・タイガーエア・プライベート・リミテッド[1](Scoot Tigerair Pte Ltd)のブランド。シンガポール航空グループ。

概要[編集]

2011年6月17日、シンガポール・エアラインズ・リミテッド(シンガポール航空)の出資により長距離国際線を運航する格安航空会社「SCOOT(スクート)」運営のため Scoot Pte Ltd を設立。同じくシンガポール航空の出資によりすでに就航していた格安航空会社のタイガーエアは短距離路線の運航に限られていた。

「SCOOT」は英語で「走り出す」といった意味で、シンガポールでの話者が多い中国語では「クールだ」という意味を持つ「酷」を含む「酷航」となる。

2012年6月4日に、シドニー線で初就航[2]。また、2012年10月29日から台北/桃園経由東京/成田線が就航した[3]

2013年には、「Terrapinn Holdings」が発表した、アジアの「ベスト ローコスト キャリア」に選出された[4]

2013年12月、タイノックエアと共同で、中・長距離線を運航する格安航空会社ノックスクートを設立した。[5]

2014年秋には、ボーイング787-9型機の運航を開始。日本線への投入も1〜2番目になると、CEOキャンベル・ウィルソンが明かしている[6]

タイガーエアとの統合[編集]

2016年11月4日にタイガーエアとのブランド統合が発表され、2017年7月25日より「スクート」ブランドへ一本化された[7][8][9][10]

スクートがタイガーエアに統合される形となり、社名はスクート・タイガーエア・プライベート・リミテッド、運航ブランドはスクートとなる。7月14日、タイガーエア・シンガポール(後のスクート・タイガーエア)は日本の国土交通省より外国人国際航空運送事業の経営が許可された[11]。統合と同時に、IATA航空会社コードが TZ から TR に変更された。

歴史[編集]

※就航路線はすべてシンガポールシンガポール・チャンギ国際空港)発。

保有機材[編集]

2020年現在[40][41]

Scoot 保有機材
機種 運用機数 発注残数 旅客席数 備考
J Y
エアバスA320型機 26 180 180
エアバスA320neo型機 4 35 186 186
ボーイング787-8型機 10 21 314 335
18 311 329 長距離運用対応クルーレスト装備
ボーイング787-9型機 10 35 340 375
Total 50 35

退役機材[編集]

就航都市[編集]

スクート 就航都市(2017年9月 現在)
都市 空港 備考
東南アジア
シンガポールの旗 シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港 ハブ空港
タイ王国の旗 タイ バンコク ドンムアン空港 2014年9月1日より
スワンナプーム国際空港
チェンマイ チェンマイ国際空港
ハートヤイ ハートヤイ国際空港
プーケット プーケット国際空港
クラビー クラビー空港
 ベトナム ハノイ ノイバイ国際空港
ホーチミン市 タンソンニャット国際空港
フィリピンの旗 フィリピン マニラ ニノイ・アキノ国際空港
クラーク経済特別区 クラーク国際空港
セブ マクタン・セブ国際空港
カリボ カリボ国際空港
マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港
ペナン ペナン国際空港
クチン クチン国際空港
ランカウイ ランカウイ国際空港
イポー スルタン・アズラン・シャー空港
クアンタン スルタン・アマッ・シャ空港
インドネシアの旗 インドネシア ジャカルタ スカルノ・ハッタ国際空港
デンパサール ングラ・ライ国際空港
スラバヤ ジュアンダ国際空港
バリクパパン スルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港
プカンバル スルタン・シャリフ・カシム2世国際空港
東アジア
中華人民共和国の旗 中国 天津 天津浜海国際空港
南京 南京禄口国際空港
青島 青島流亭国際空港
瀋陽 瀋陽桃仙国際空港
広州 広州白雲国際空港
杭州 杭州蕭山国際空港
大連 大連周水子国際空港 青島経由
海口 海口美蘭国際空港
西安 西安咸陽国際空港
無錫 蘇南碩放国際空港
南寧 南寧呉圩国際空港
寧波 寧波櫟社国際空港
鄭州 鄭州新鄭国際空港
深圳 深圳宝安国際空港
済南 済南遥墻国際空港
泉州 泉州晋江国際空港
南昌 南昌昌北国際空港
中華民国の旗 台湾 台北 台湾桃園国際空港
高雄 高雄国際空港
香港の旗 香港 香港 香港国際空港
マカオの旗 マカオ マカオ マカオ国際空港
日本の旗 日本 東京 成田国際空港 台北/桃園、バンコク/ドンムアン空港経由で各週7便、計週14便
大阪 関西国際空港 高雄国際空港、バンコク/ドンムアン空港経由で各週3便、計週6便
札幌 新千歳空港 台北/桃園経由で週3便
大韓民国の旗 韓国 ソウル 仁川国際空港 台北/桃園経由便
南アジア
インドの旗 インド チェンナイ チェンナイ国際空港
アムリトサル アムリトサル国際空港
コーチ コーチン国際空港
バンガロール ケンペゴウダ国際空港
ハイデラバード ラジーヴ・ガンディー国際空港
ラクナウ アマウシ空港
ティルチラーッパッリ ティルチラーッパッリ空港
バングラデシュの旗 バングラデシュ ダッカ シャージャラル国際空港
モルディブの旗 モルディブ マレ ヴェラナ国際空港
中近東
サウジアラビアの旗 サウジアラビア ジェッダ キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
ヨーロッパ
ギリシャの旗 ギリシャ アテネ アテネ国際空港
ドイツの旗 ドイツ ベルリン ベルリン・テーゲル空港
オセアニア
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー シドニー国際空港
メルボルン メルボルン空港
ゴールドコースト ゴールドコースト空港
パース パース空港
運休・廃止路線
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港 大阪/関西経由
2019年5月7日をもって運休[38]
ミャンマーの旗 ミャンマー ヤンゴン ヤンゴン国際空港 2017年10月29日よりシルクエアーに移管
インドの旗 インド ジャイプル ジャイプル国際空港

サービス[編集]

  • ScooTV - 機内WiFiを利用した、有料のオンデマンド放送サービス[42]
  • スクート・スルー : シンガポール・チャンギ国際空港でスクート、シンガポール航空シルクエアの一部路線に乗り継ぐ場合、追加料金で制限区域内での乗継チェックインができる[43]。この際、シンガポールへの入国審査は必要ない。
  • Scoot-in-Style : ラウンジの利用、優先搭乗サービスが有料で利用できる[44]

機内クラス[編集]

エコノミークラス

3-3-3配列で、機内食は有料である[45][46]。運賃は、座席のみのフライ、座席と受託手荷物20kgがセットになったフライバッグ、フライバッグに機内食と飲料がセットになったフライ・バッグ・イートの3種類ある。シートのリクライニング幅は15cm。
  • スタンダードシート:平均31インチ(約79cm)のシートピッチに、シート幅18インチ(約46cm)と、大手の航空会社と大差ない。
  • スーパーシート:シートピッチは34インチ(約86cm)で、可動式ヘッドレストを装備。
  • ストレッチシート:機内を仕切る壁の後ろにある座席。シートピッチは最小で34インチ(約86cm)以上あり、足元はスタンダードシートと比較して最大50%も広い。可動式ヘッドレストを装備。
  • サイレントゾーン:機内前方に設定されている、12歳未満の利用は出来ないエリア。全席に可動式ヘッドレストを装備し、一部機材を除きスーパーシートやストレッチシートも選択が可能。また、到着時には優先的に降機出来る。
  • 隣席購入サービス : 隣席を2席まで購入し、空席にできるサービス[47]

スクートビズ

2019年9月2日より、スクートプラス(ScootPlus)に名称変更予定[48]
ボーイング787運航便で利用できるビジネスクラス。受託手荷物は30kgまで預けることが可能で、機内持込手荷物は2つ(合計最大15kg)まで持込みが可能。優先的にチェックインと、搭乗案内がされる。ウェルカムドリンクとアルコールドリンクをそれぞれ1つ追加で提供され、機内食は無償である。機内では、Wi-Fiが30MBまで無償で利用できる。到着時も優先的に降機出来る[49]
  • シートはエコノミークラスと違い、レザーシートで2-3-2配列。シートピッチは最小96cm、シート幅は56cm、リクライニング幅は20cm。パソコン用電源、完全可動式ヘッドレスト、レッグレストを装備している。

脚注[編集]

  1. ^ スクーティチュード - スクート”. スクート. 2019年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c Launch of new SIA subsidiary Scoot shakes up the LCC market” (英語). CAPA - Centre for Aviation. Informa Markets (2012年6月4日). 2019年8月14日閲覧。
  3. ^ a b “シンガポールLCCも就航 成田に「スクート」、日本初路線”. 千葉日報(千葉日報社). (2012年10月30日)
  4. ^ アジアのベストローコストキャリア(LCC)にScootが選出! Traicy 2013年2月2日付
  5. ^ ノックエアとスクート、LCC設立へ、バンコク拠点 - TravelVision 2013年12月17日
  6. ^ スクート、就航地の中でも1〜2番目に成田にボーイング787-9型機を投入へ! Traicy 2013年10月28日付
  7. ^ Tigerair to come under Scoot brand name”. Channel NewsAsia Singapore (2016年11月4日). 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。
  8. ^ タイガーエア・シンガポール消滅、スクートと来年ブランド統合”. Traicy (2016年11月4日). 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。
  9. ^ スクート&タイガーエア1がひとつに! - スクート
  10. ^ スクートなど2社、7月25日からブランド統一 - NNA ASIA 2017年6月15日
  11. ^ 外国人国際航空運送事業の経営許可 (PDF) - 国土交通省 2017年7月14日
  12. ^ Scoot Pte Ltd - Company Profile and News - Bloomberg Markets” (英語). Bloomberg. Bloomberg L.P.. 2019年8月14日閲覧。
  13. ^ Change in IATA Designator Code from OQ to TZ”. Scoot (Press release). 2016年4月21日閲覧。
  14. ^ Scoot launches new route to Bangkok Suvarnabhumi Airport” (英語). anna.aero. Airline Network News & Analysis (2012年7月11日). 2019年8月14日閲覧。
  15. ^ シンガポールLCCのスクート、天津線を開設へ-8月から - FlyTeam 2012/03/28
  16. ^ Airline Network News & Analysis (2012年8月30日). “Scoot launches first route to China; now flies to Tianjin from Singapore”. https://www.anna.aero/2012/08/30/scoot-launches-first-route-to-china-now-flies-to-tianjin-from-singapore/ 2019年8月14日閲覧。 
  17. ^ スクート、1月11日からシンガポール/青島/瀋陽線に就航 - FlyTeam 2012/12/20
  18. ^ スクート、シンガポール-ソウル線5月就航 台北経由で週3往復 - Aviation Wire 2013年4月12日
  19. ^ スクート、南京-シンガポール線の予約開始 就航記念運賃も - Aviation Wire 2013年5月7日
  20. ^ LCCのスクート、11月からシンガポール/香港線に就航 FlyTeam 2013年9月19日付
  21. ^ LCCのスクート、12月からシンガポール/パース線に就航 - FlyTeam 2013/10/17
  22. ^ a b Scoot off to Osaka and Kaohsiung!” (英語). Alvinology. AM Collective (2015年7月18日). 2019年8月14日閲覧。
  23. ^ スクート、杭州へ就航 シルクエアーから路線移管で - Traicy 2015年11月3日
  24. ^ スクート、5月2日からシンガポール/ジェッダ線に就航 週3便 -FlyTeam 2016/04/07
  25. ^ スクート、インド3路線に就航 チェンナイ、アムリトサル、ジャイプル線 - FlyTeam 2016/04/24
  26. ^ a b スクート、インド3路線に相次いで就航 チェンナイ・アムリトサル・ジャイプールへ - Traicy 2016年5月23日
  27. ^ スクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン〜シンガポール線を7月21日より就航 - Traicy 2016年5月17日
  28. ^ スクート、東京/成田〜バンコク〜シンガポール線にも就航見込む タイガーエアと来月にもシステム統合へ - Traicy 2016年4月19日
  29. ^ スクート、札幌・新千歳空港から台北経由でシンガポール線へ10月1日就航 - トラベル Watch 2016/4/20
  30. ^ スクート、香港〜シンガポール線から撤退 最終運航日は10月28日 - Traicy 2016年10月3日
  31. ^ スクート、シンガポール〜青島〜大連線に就航 10月30日から週2便 - Traicy 2016年7月20日
  32. ^ スクート、2017年6月からシンガポール/アテネ線就航 初のヨーロッパ路線 - FlyTeam 2016年8月17日
  33. ^ a b スクート、シンガポール/ヤンゴン線をシルクエアに移管 10月29日から - FlyTeam 2017年10月17日
  34. ^ a b シルクエア、スクートにクチン、パレンバン線を移管 広島線就航を控え - FlyTeam 2017年7月26日
  35. ^ スクート、大阪/関西〜ホノルル・シンガポール線就航 12月19日から - Traicy 2017年10月3日
  36. ^ スクート、シンガポール〜ベルリン線を6月20日開設 週4便を運航 - Traicy 2018年1月12日
  37. ^ シルクエア、スクートにランカウイ・プカンバル・カリボ線を移管 - FlyTeam 2018年1月27日付
  38. ^ a b スクート、大阪/関西〜ホノルル線の撤退前倒し 5月7日が最終便”. Traicy (2019年3月22日). 2019年5月24日閲覧。
  39. ^ スクート、大阪/関西~バンコク/ドンムアン線を9月15日から運休 Traicy 2019年7月31日付
  40. ^ Scoot fleet details - Airfleets.net
  41. ^ Scoot Fleet Details and History - PlaneSpotters.net
  42. ^ 機内エンターテインメント - Scoot
  43. ^ スクートスルーサービス
  44. ^ Airport Lounge - Scoot
  45. ^ Economy Class : Scoot
  46. ^ 機内食 - スクート
  47. ^ MaxYourSpace - Scoot
  48. ^ ScootBiz to be renamed to ScootPlus from 2 September 2019 - Scoot
  49. ^ ScootBiz : Scoot

関連項目[編集]

外部リンク[編集]