ジュアンダ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュアンダ国際空港
Bandar Udara Internasional Juanda
Juanda International Airport
Juanda1.jpg
Juanda Airport.jpg
IATA:SUB-ICAO:WARR
概要
国・地域 インドネシアの旗 インドネシア共和国
所在地 東ジャワ州シドアルジョ
母都市 スラバヤ、シドアルジョ
種類 官民共用
運営者 PT Angkasa Pura I
開港 1964年12月7日
標高 3 m (9 ft)
座標 南緯7度22分47秒 東経112度47分13秒 / 南緯7.37972度 東経112.78694度 / -7.37972; 112.78694座標: 南緯7度22分47秒 東経112度47分13秒 / 南緯7.37972度 東経112.78694度 / -7.37972; 112.78694
ウェブサイト http://www.juanda-airport.com/
地図
ジュアンダ国際空港の位置(ジャワ島)
ジュアンダ国際空港の位置(ジャワ島)
SUB/WARR
ジュアンダ国際空港の位置(ジャワ島
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
10/28 3,000×45 コンクリート
統計 (2013年)
旅客数 17,683,955
発着回数 136,170
リスト
空港の一覧

ジュアンダ国際空港 (ジュアンダこくさいくうこう、インドネシア語: Bandar Udara Internasional Juanda: Juanda International Airport)は、インドネシア東ジャワ州の州都であるスラバヤ及びシドアルジョにある国際空港である。

ガルーダ・インドネシア航空の6ヶ所ある拠点空港の内の1つである。

概要[編集]

1964年12月7日にインドネシア国軍基地として開港。名称は、空港の開発を指示したインドネシア最後の首相であるジュアンダ・カルタウィジョヨ英語版の名からとられた。その後民間航空にも使用され、1990年12月24日に国際線ターミナルビルがオープンして国際化された。

年間利用客数は、17,683,955人(2013年度)。容量は600万人であるが、2010年に年間利用客数1,100万人に達した[1]。また管制能力は毎時21機であるが、ピーク時には毎時40 - 45機が離着陸している[1]

就航航空会社と就航都市[編集]

ターミナルA[編集]

国内線[編集]

航空会社 就航地
インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港デンパサール)、フセイン・サストラネガラ空港バンドン)、スマランロンボク国際空港ロンボク)、スルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港バリクパパン)、ハサヌディン国際空港マカッサル

国際線[編集]

航空会社 就航地
インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール[2]
インドネシアの旗 インドネシア・エアアジア シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)[3]クアラルンプール国際空港クアラルンプール)、ペナン国際空港ペナン)、スナイ国際空港ジョホールバル)、ドンムアン空港バンコク
インドネシアの旗 ライオン・エア シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
マレーシアの旗 エアアジア クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港国際空港香港
台湾の旗 チャイナエアライン シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
台湾の旗 エバー航空 台湾桃園国際空港桃園市
シンガポールの旗 ジェットスター・アジア航空 シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
シンガポールの旗 シルクエアー シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
ブルネイの旗 ロイヤルブルネイ航空 ブルネイ国際空港バンダルスリブガワン

ターミナルB[編集]

国内線[編集]

航空会社 就航地
インドネシアの旗 インドネシア・エアアジア スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)、クアラナム国際空港メダン
インドネシアの旗 エアファスト スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、ハサヌディン国際空港(マカッサル)、ティミカ
インドネシアの旗 シティリンク スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)、ロンボク国際空港(ロンボク)、スルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港(バリクパパン)、シャムスディン・ノール空港バンジャルマシン)、ハサヌディン国際空港(マカッサル)
インドネシアの旗 ライオン・エア スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)、アジスチプト国際空港(ジョグジャカルタ)、パティムラ空港アンボン)、スルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港(バリクパパン)、シャムスディン・ノール空港(バンジャルマシン)、ハン・ナディム国際空港バタム島)、マラン、ロンボク国際空港(ロンボク)、ハサヌディン国際空港(マカッサル)
インドネシアの旗 ウイングス・エア スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)、シャムスディン・ノール空港(バンジャルマシン)
インドネシアの旗 スリウィジャヤ航空 スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、スルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港(バリクパパン)、シャムスディン・ノール空港(バンジャルマシン)、ハン・ナディム国際空港(バタム島)、クパン、スマラン、ソロ、ハサヌディン国際空港(マカッサル)

拠点・焦点都市としている航空会社[編集]

事故[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “Major RI airports bursting at the seams: Inaca” (英語). ジャカルタ・ポスト. (2011年7月29日). http://www.thejakartapost.com/news/2011/07/29/major-ri-airports-bursting-seams-inaca.html 2014年12月29日閲覧。 
  2. ^ ガルーダ・インドネシア航空、7月中旬からシンガポール発着便を増便
  3. ^ エアアジア・インドネシア、スラバヤ/シンガポール線に就航 FlyTeam 2013年9月1日付
  4. ^ 発見の破片 エアアジア機の一部と確認 12月30日 20時56分 NHKオンライン
  5. ^ またミステリー、エアアジア機が消息不明に マレーシア航空で2度、今度はエアアジア 2014年12月28日 東洋経済オンライン

外部リンク[編集]