スリウィジャヤ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スリウィジャヤ航空 Sriwijaya Air
Sriwijaya air.png
IATA
SJ
ICAO
SJY
コールサイン
SRIWIJAYA
設立 2003年
ハブ空港 スカルノハッタ国際空港
保有機材数 36機
就航地 43都市
代表者 Chandra Lie
外部リンク https://sriwijayaair.co.id/
テンプレートを表示

スリウィジャヤ航空 (スリウィジャヤこうくう、インドネシア語: Sriwijaya Air)は、スマトラ島をベースにインドネシア国内の都市を結ぶインドネシア航空会社である。インドネシア国内線のシェアは13%、第3位である[1]。かつて栄えたシュリーヴィジャヤ王国から名づけられた。

2018年、ガルーダ・インドネシア航空とコードシェア提携を始めた[2][1]

インドネシア国内では最も安全なステージ1に分類。

路線[編集]

主にインドネシア国内線を運航している。スマトラ島を中心にジャワ島ボルネオ島スラウェシ島、および西ティモールクパン西パプア州などを結んでいる。デンパサールからディリメダンからペナン、デンパサールから中国路線(南寧、杭州、武漢)への国際線を運航している。また、かつてスラウェシ島北東部のマナドより、フィリピンダバオジャカルタからシンガポールも運航していた。

保有機材[編集]

737−200

2021年8月現在[3][4]

事故[編集]

事故後の62便

2008年8月27日に、ジャカルタジャンビ行の国内線62便(ボーイング737-200)がスルタン・タハ空港でオーバーランし、乗員乗客24人と地上の2人が負傷し、地上の1人が死亡した。


2021年1月9日の現地時間14:30分頃に、ジャカルタポンティアナック行の182便(ボーイング737-524)がスカルノ・ハッタ国際空港を離陸直後にジャワ海へ墜落。乗員乗客62人全員が死亡したと推定されている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]