インドネシア・エアアジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドネシア・エアアジア
(Indonesia AirAsia)
IATA
QZ
ICAO
AWQ
コールサイン
Wagon Air
設立日 1999年 (AWAIRとして)
ハブ空港 スカルノハッタ国際空港
同盟 未加盟
保有機材数 24機
就航地 18都市
親会社 PT. Indonesia AirAsia
本拠地 インドネシアジャカルタ
代表者 Pin Harris (CEO
外部リンク http://www.airasia.com/

インドネシア・エアアジア (Indonesia AirAsia) は、インドネシアジャカルタ本拠地とするインドネシアの格安航空会社 (LCC)である。

2004年エアアジアの子会社となった「AWAIR」が、2005年12月に「インドネシア・エアアジア」に社名変更。インドネシアの国内線を運航している。ジャカルタのスカルノハッタ国際空港を拠点としている。

就航都市[編集]

インドネシアの旗 インドネシア

オーストラリアの旗 オーストラリア

マレーシアの旗 マレーシア

シンガポールの旗 シンガポール

タイの旗 タイ

保有機材[編集]

サービスの特徴[編集]

受託手荷物は有料で15,000ルピアである。座席は革張りだが、汚れても掃除をしやすいためである。45,000から75,000ルピアで事前座席指定ができる(子供、高齢者への割引制度あり)。機内への飲食物の持ち込みは禁止で、飲料、軽食が機内販売されている。

2008年11月10日をもって燃油サーチャージを廃止したが、2011年5月3日以降の国際線予約については徴収を再開した[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]