小スンダ列島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小スンダ列島の位置
Lesser Sunda Islands.PNG

小スンダ列島(しょうスンダれっとう、インドネシア語Kepulauan Sunda Kecil)とはインドネシア南部にある、バリ島からティモール島の間のからなる列島

歴史[編集]

3世紀、扶南の交易相手として、大火洲と記されていた。交易品は石綿。

地理[編集]

主な島は西からバリ島ロンボク島スンバワ島コモド島スンバ島フローレス島アドナラ島アロール島ティモール島

大スンダ列島とあわせてスンダ列島という。また、バリ諸島ヌサ・トゥンガラ諸島に分けることもある。[要出典]

行政[編集]

インドネシア[編集]

インドネシア行政上は次の3州から成る。

[編集]

  1. バリ州 - (州都:デンパサール) バリ諸島
  2. 西ヌサ・トゥンガラ州 - (州都:マタラム) ヌサ・トゥンガラ諸島の西側部分
  3. 東ヌサ・トゥンガラ州 - (州都:クパン) 西ティモールを含むヌサ・トゥンガラ諸島の東側部分

東ティモール[編集]