マレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マレ
މާލެ
Malé
マレ島の全景
マレ島の全景
位置
マレの位置の位置図
マレの位置
位置
マレの位置(モルディブ内)
マレ
マレ
マレ (モルディブ)
マレの位置(西南アジア内)
マレ
マレ
マレ (西南アジア)
マレの位置(アジア内)
マレ
マレ
マレ (アジア)
マレの位置(インド洋内)
マレ
マレ
マレ (インド洋)
座標 : 北緯4度10分 東経73度30分 / 北緯4.167度 東経73.500度 / 4.167; 73.500
行政
モルディブの旗 モルディブ
 行政区画 首都 マレ
 環礁 カーフ環礁英語版
 市 マレ
地理
面積  
  市域 1.7 km2
標高 1 m
人口
人口 (2014年現在)
  市域 133,412人
その他
等時帯 UTC+5 (UTC+5)
夏時間 なし

マレ(マーレ、ディベヒ語: މާލެ‎、英語: Malé)は、インド洋の島国であるモルディブ首都で、マレ島、ヴィリンギリ島、人工島フルマーレ(フルマレ)英語版、空港島(フルレ島)等で構成される街。カーフ環礁英語版の真ん中にある北マレ環礁英語版の南端に位置する。

概要[編集]

マレ島の市街地

モルディブの政治経済の中心地で、貿易港でもある。目覚ましい発展を遂げる観光業のほか、主要産業の1つである漁業での水産物の加工も行われる。モルディブは各島ごとに単一の役割を担うことが多いが、マレ島はまさしく首都の島である。島の陸地全体が市街地化しており、人口は133,412人(2014年[1]。モルディブの人口の1/3から1/4ほどが集中しており、多くの外国人労働者も存在する。東隣のフルレ島にはヴェラナ国際空港がある。

マレは人口密度が世界一とも言われており、人口圧力を軽減するためにヴェラナ国際空港と陸続きの人工島「フルマーレ」を造成し移住を促しており、2019年現在では約4万人が暮らしている[2]2006年現在、居住しているのは2004年インド洋大地震による大津波で被災した住民である。

気候[編集]

マレはケッペンの気候区分では熱帯モンスーン気候に属す。5月から12月までの長い雨季があり、残り4か月が乾季となる。マレはこの気候帯の多くの都市とは異なり、年間を通じて最高が30℃、最低が27℃程度と気温の変化が少ない気候を持つ。年間の平均降水量は1,900 mm超である。

マレの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 32
(90)
32
(90)
33
(91)
37
(99)
37
(99)
34
(93)
32
(90)
32
(90)
32
(90)
33
(91)
33
(91)
32
(90)
37
(99)
平均最高気温 °C (°F) 30.0
(86)
30.4
(86.7)
31.2
(88.2)
31.5
(88.7)
31.0
(87.8)
30.5
(86.9)
30.4
(86.7)
30.2
(86.4)
30.0
(86)
30.0
(86)
30.1
(86.2)
29.9
(85.8)
30.4
(86.7)
平均最低気温 °C (°F) 25.4
(77.7)
25.6
(78.1)
25.8
(78.4)
26.4
(79.5)
26.2
(79.2)
25.8
(78.4)
25.6
(78.1)
25.5
(77.9)
25.1
(77.2)
25.2
(77.4)
25.3
(77.5)
25.1
(77.2)
25.6
(78.1)
最低気温記録 °C (°F) 17
(63)
17
(63)
22
(72)
22
(72)
22
(72)
22
(72)
21
(70)
21
(70)
22
(72)
21
(70)
20
(68)
21
(70)
17
(63)
降水量 mm (inch) 75.2
(2.961)
49.7
(1.957)
72.8
(2.866)
131.6
(5.181)
215.7
(8.492)
171.9
(6.768)
147.2
(5.795)
187.7
(7.39)
242.8
(9.559)
222.0
(8.74)
201.0
(7.913)
231.7
(9.122)
1,949.3
(76.744)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 4.6 3.5 6.1 9.1 14.3 12.9 11.9 12.8 15.8 14.6 13.3 11.8 130.7
湿度 78.0 77.0 76.9 78.1 80.8 80.7 79.1 80.5 81.0 81.7 82.2 80.9 79.74
平均月間日照時間 248.0 259.9 279.0 246.0 223.2 201.0 226.3 210.8 201.0 235.6 225.0 220.1 2,775.9
出典 1: NOAA [3]
出典 2: 香港天文台,[4] BBC Weather(最高・最低気温)[5]

逸話[編集]

2004年12月26日、インドネシアスマトラ島沖で発生した2004年インド洋大地震による大津波では、マレの3分の2の地域が甚大な被害に遭い、深刻な状態に陥った。幸いにマレで死者が1人も出さなかったのは、1987年サイクロン被害への対策として、モルディブの国土を守るために進められていた日本ODAの防波堤のおかげで、津波の勢いを減少したからだと言われている。[6]

脚注[編集]

  1. ^ TABLE PP 9: TOTAL MALDIVIAN POPULATION BY SEX AND LOCALITY (ATOLLS), 2014”. Statistics Maldives. National Bureau of Statistics. 2017年1月24日閲覧。
  2. ^ モルディブ、移住受け入れる人工島 面積2倍へ拡張進む:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年7月19日閲覧。
  3. ^ Male Climate Normals 1961-1990”. アメリカ海洋大気庁. 2012年12月29日閲覧。
  4. ^ Climatological Information for Male, Maldives, accessed 24 April 2012.
  5. ^ Average Conditions Maldives”. BBC Weather (2011年5月). 2012年12月29日閲覧。
  6. ^ ODAちょっといい話 大津波からモルディブの首都住民を守った日本の防波堤”. ODAとは?. 外務省. 2013年4月7日閲覧。

関連項目[編集]