香港エクスプレス航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香港エクスプレス
HK Express
HK express logo 2013.svg
IATA
UO
ICAO
HKE
コールサイン
HongKong Shuttle
設立 2004年
ハブ空港 香港国際空港
マイレージサービス reward-U
航空連合 UFLY Alliance
保有機材数 15機
就航地 23都市
親会社 HNA Group
本拠地 香港
外部リンク www.hkexpress.com
テンプレートを表示
香港エクスプレス航空
各種表記
繁体字 香港快運航空
簡体字 香港快运航空
拼音 Xiānggǎng Kuàiyùn Hángkōng
発音: シャンカン クワイユン ハンコン
広東語拼音 Hoeng1 gong2 faai3 wan6 hong4 hung1
広東語発音: ヒョンコン ファイワン ホンホン
英文 Hong Kong Express Airways
テンプレートを表示

香港エクスプレス(ホンコンエクスプレス、HK Express)は、香港のLow-fare airlineである。「Low-fare airline」とは格安航空会社と違い「運賃価格だけ」を低価格にしている航空会社をいう。

概要[編集]

2004年にフルサービスの航空会社として設立されたが、2013年10月27日にLow-fare airlineに転換された [1]

今後2017年以内を目処に、第2拠点を設立することを検討している。拠点の香港国際空港の発着容量が限界に近付いていることや、効率的な機材運用を行うためである[2]

日本路線では、東京/羽田[3][4]、東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、広島、高松、福岡、鹿児島、石垣の8路線を運行している。

就航路線[編集]

2016年8月現在[5][6]

保有機材[編集]

エアバスA320

2016年現在[7]

なお、同社運用のA320型機は2種類有り、一つは系列会社の香港航空との共同事業機で該当機材は香港航空塗装のA320-214x5機となり、エンジンはCFM56-5B4[8]、もう一つは同社独自発注のA320-232x9機で5機シャークレット装備機材があり、エンジンはIAE Model V2527-A5で客室座席数も異なり、同じような状況は日本国内でANA系列LCCエアアジア・ジャパン→バニラ・エア移行期にも見られた。 2018年までに30機まで増機を予定している[9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]