幸福航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幸福航空
Joy Air
IATA
JR
ICAO
JOY
コールサイン
Joy Air
設立 2008年3月29日[1]
ハブ空港 西安咸陽国際空港
保有機材数 B737 - 1機
本拠地 中華人民共和国陝西省西安市
外部リンク http://www.joy-air.com/
テンプレートを表示
幸福航空
各種表記
繁体字 幸福航空
簡体字 幸福航空
拼音 Xìngfú Hángkōng
発音: シンフー ハンコン
英文 Joy Air
テンプレートを表示
幸福航空仕様のARJ21模型

幸福航空(こうふくこうくう)は、中華人民共和国陝西省西安市に本社を置く航空会社。正式名称は幸福航空有限公司西安咸陽国際空港ハブ空港としている。

概要[編集]

幸福航空は2008年3月に、中国航空工業第一集団(95%)と中国東方航空(5%)の共同出資で設立された。資本金は10億。運行機材は全て中国国産機の予定でMA60ターボプロップ旅客機を導入した。また中国製新型ジェット旅客機であるARJ21を発注しており、今後8年間で100機までに増やし、中国国内のローカル路線に就航する計画であるという。

コードデータ[編集]

保有機材[編集]

  • B737 - 1機
  • MA60 - 6機(引退済)

事故[編集]

2015年5月10日昼頃、幸福航空JR1529便(MA60型機)義烏空港福州長楽国際空港行きが、福州長楽国際空港へ着陸後、機体が滑走路から右にそれ、脇の草地で停止した。主翼が大きくねじれ胴体も破損し、プロペラが地面に接触した状態になった。インターネット上にはタイヤがパンクしたとの書き込みもある。乗客45人のうち7人が負傷した[2][3]。原因を中国当局が調査中である[2]

参考文献[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月1日閲覧。
  2. ^ a b “中国のプロペラ機、着陸後に滑走路外れ7人負傷”. 読売新聞. (2015年5月11日). オリジナルの2015年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150511035910/http://news.livedoor.com/article/detail/10096077/ 
  3. ^ “中国機着陸失敗、7人負傷 福建省、滑走路外れる”. 産経ニュース. (2015年5月10日). オリジナルの2015年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150511040632/http://www.sankei.com/world/news/150510/wor1505100034-n1.html 

外部リンク[編集]