管制塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京国際空港の管制塔。高さは116mで世界第3位である

管制塔(かんせいとう、英語: Airport control tower)は、空港飛行場に設置される航空交通管制を行う施設である。

概要[編集]

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズのために建てられた仮設の管制塔(2010年)
船舶用コンテナを改造した管制塔(2017年の千葉大会

管制塔は空港・飛行場に設置されるであり、空港・飛行場の重要施設のひとつである[1]司令塔とも呼ばれる[2]英語ではAirport control tower、あるいは単にControl towerまたはTowerとも呼ばれる。管制塔は多くの空港・飛行場に設置されているが、管制塔をもたない空港・飛行場(en:Non-towered airport)も存在する[3]。通例、管制塔は空港・飛行場の見通しの良い場所に設置されており、空港・飛行場の主要施設(滑走路誘導路エプロンなど)の全景を目視確認できる高さを有している。管制塔の上部には管制室VFRルームとも)があり、航空管制官航空交通管制を行っている。ここで行われる管制とは、主に飛行場管制である。飛行場管制には主に次に示すような席が用意されており、それぞれ管制官が配置されている。

飛行場管制席【タワー】
主に滑走路を監視し、滑走路に進入する航空機に対して離陸着陸横断などの許可を与える。また、空港周辺を飛行する航空機にも指示を与える。
地上管制席【グランド】
主に誘導路エプロンを監視し、航空機のプッシュバック、地上の往来(タクシングトーイング)などの許可を与える。

空港によっては、上空を監視するレーダーのほかにも空港面探知装置が整備されており、空港を行き来する航空機をモニターしながら、管制を行うことができる[1]。一部の規模の大きな空港では、管制塔の下部にレーダー管制室IFRルームとも)が設けられており、そこでは進入・ターミナルレーダー管制が行われている[4]

エアレースなど航空イベントが開催される際に臨時の管制塔が設営されることもある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]