南アフリカ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南アフリカ航空
South African Airways
Suid-Afrikaanse Lugdiens
IATA
SA
ICAO
SAA
コールサイン
Springbok
設立 1934年
ハブ空港 O・R・タンボ国際空港
ケープタウン国際空港
マイレージサービス Voyager
会員ラウンジ Cycad/Baobab Lounge
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 49機
就航地 35都市
親会社 トランスネット
本拠地 南アフリカ共和国ハウテン州ヨハネスブルグ
代表者 CEO - カヤ・ウンクラ
CFO - カウシク・パテル
外部リンク http://www.flysaa.com

南アフリカ航空(みなみアフリカこうくう、英語: South African Airwaysアフリカーンス語: Suid-Afrikaanse Lugdiens、略称:SAA/SAL)は、南アフリカ共和国航空会社。同国のフラッグ・キャリアでもある。

概要[編集]

南アフリカ航空のエアバスA340-600
Airways Park、南アフリカ航空の本社

アフリカ最大の航空会社で、かつアフリカで最も歴史の長い航空会社でもある。拠点は南アフリカ共和国ヨハネスブルグにあるO・R・タンボ国際空港である。スターアライアンスの加盟航空会社で、独自のマイレージプログラム「ボイジャー」を運営している。

O・R・タンボ国際空港やケープタウン国際空港ケープタウン)から、アフリカ周辺国及びヨーロッパアジアオセアニア南アメリカ北アメリカの主要都市へと運航されている。

なお、長距離路線の運航機材は1970年代よりボーイング747シリーズが主力であったが、2008年6月までに全機退役し、現在ではエアバスA340-600と300へ切り替えられている。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

歴史[編集]

設立[編集]

ダグラスDC-4B

1934年2月に南アフリカ政府がユニオン・エアウェイズを買収し、南アフリカ航空と改名したことによって設立された。1930年代から1940年代においては、その多くがイギリスなどのヨーロッパ諸国の植民地であったアフリカ各地への運航のみを行っていた。当時はユンカースJu-86などのドイツ機と、エアスピード・エンボイなどのイギリス機を主に使用していた。

拡張[編集]

第二次世界大戦後は、アブロ・ヨークを使用してヨーロッパ線を開設したほか、アメリカ製のダグラスDC-4Bなどの大型プロペラ機を導入した。

1957年には英国海外航空からリースしたデ・ハビランド DH.106 コメットオーストラリア線を開設したほか、リオ・デ・ジャネイロ経由でのニューヨーク線を開設した。

アパルトヘイト政策の影響[編集]

しかし、南アフリカ政府が悪名高いアパルトヘイト政策をとっていたことから、1950年代から1960年代にかけて相次いで独立を果たした他のアフリカ諸国が、南アフリカの領空通過を拒否。そのため、アフリカ諸国の上空を通るのが最短ルートであるヨーロッパ線はアフリカ諸国の上空を通過できなかったために、やむなく大西洋上に出る遠回りのルートで運航されていた。

また、同じ理由から国際線はアフリカ大陸内の近隣諸国への路線がほぼ皆無で、イギリスやオーストラリアシンガポールなどのイギリス連邦諸国の他は、イスラエル中華民国(台湾)やブラジルアルゼンチンなどの、政治上の理由で南アフリカとの友好関係を維持し[2]、南アフリカ航空機の乗り入れを認めていた国への長距離路線が中心だった。

さらに1964年には、南アフリカ政府は国際民間航空機関(ICAO)から脱退し[3]、その国際的孤立がさらに進んでいった。

ボーイング747-SP
ボーイング747-300コンビ

このような長距離路線はその後導入されたボーイング707によって運航され、一部はカーボベルデ共和国[4]モーリシャス[5]などの、南アフリカと友好関係を持っていた数少ないアフリカ周辺諸国の空港を経由またはテクニカルランディングして運航されていた。

1970年代の後半に入ると、長距離路線用に製造されたボーイング747-SPで運航されるようになった。この便は、ヨーロッパ各国とヨハネスブルグを大西洋ルートで結ぶ便に使用された。また、1980年代前半には、ボーイング747-SPと同程度の航続距離を持つボーイング747-200/300コンビが導入され、アメリカ線や中華民国路線に導入された。しかし、1986年には国連による南アフリカ制裁の強化によりアメリカやオーストラリアへの運行ができなくなり、同年11月にニューヨーク線の運行が停止された[6]。また、アパルトヘイト政策に反発する勢力により、国内外の南アフリカ航空の支店が度々放火された。

現在[編集]

その後、1980年代終盤に南アフリカ政府がアパルトヘイト政策の撤廃を表明し、アフリカ諸国が上空通過と路線の開設を許可したため、ヨーロッパ線の所要時間が大幅に改善した。1994年には全人種参加の普通選挙により黒人のネルソン・マンデラを大統領とした新政権が発足してアパルトヘイト政策が完全に撤廃され、国際社会に復帰した南アフリカは同年にアフリカ統一機構(OAU)[7]にも加盟し、南アフリカ航空もアフリカ諸国への路線を開設できるようになった。

また、就航を禁止していた複数のヨーロッパ諸国も乗り入れを解禁したことから飛躍的にその就航地を増やし、ニューヨーク線も再就航した。同時に各国の航空会社とのコードシェア便も開始された。

その後1997年には塗装を一新して新国旗の色を元にしたデザインに変更し、スターボードのアフリカーンス語表記を廃止、国内線の機内ではズールー語ソト語でのアナウンスも開始された。また、2004年には南アフリカがICAOに復帰し[8]2006年には同社が世界最大の航空会社連合であるスターアライアンスに加盟し現在に至る。

就航都市[編集]

南アフリカ航空のボーイング747-400

かつてバンコク経由で関西国際空港(関空)に乗り入れていたことがある。1997年4月から週2便で就航を開始、1997年10月には日本航空とのコードシェア便となり、羽田空港からの乗継も考慮されるようになった。しかし、わずか2年後の1999年1月、収益が上がらないとして廃止された。収益が上がらなかった理由は乗客数の低迷に加え、運輸省(現国土交通省)が日本の航空会社の保護を理由に関空-バンコク間のみの航空券の販売許可(以遠権)を出さなかったためである。その後、日本への自社路線は開設していないが、日本路線再就航に近年意欲を見せている。[9] ただし、スターアライアンス加盟後の2007年4月22日から、先行加盟航空会社だった全日空成田香港便と関空-香港便のうち各往復1便ずつが南アフリカ航空とのコードシェア便となった。これにより、成田と関空のいずれからでも香港経由でヨハネスブルグまで行けるようになった。週7便のデイリー運航。

保有機材[編集]

南アフリカ航空の機材は以下の通りである。

2015年5月現在、以下の機材で運行されている。

南アフリカ航空 運航機材
機材 運航中 発注中 座席数 備考
C Y Total
エアバスA319-132 8 25 95 120
エアバスA320-232 12 24 114 138
エアバスA330-200 6 36 186 222
エアバスA330-300 5 TBA TBA TBA エアバスA320から振り替えた。初号機は2016年に納入予定。MSN1745.[10]英語
エアバスA340-300 8 38 215
231
253
269
エアバスA340-600 9 42 275 317 機体番号ZS-SNCは スターアライアンス 塗装
ボーイング737-800 7 32 125 157 10機Mangoよりリース; 機体番号ZS-SJVはスターアライアンス 塗装; 2016年までに退役予定[11]英語
貨物機材
ボーイング737-300F 2
N/A
Total 52 5

なお、南アフリカ航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は44で、航空機の形式名は737-844などとなる。

事故[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ 南アフリカは反アパルトヘイト闘争を支援する社会主義諸国との対立、中華民国は中国大陸を支配する中華人民共和国との対決・交戦という緊張関係から相互に接近し、友好関係を維持していた。
  3. ^ この時期は、他の多くの国際機関から南アフリカが脱退あるいは追放されていた。
  4. ^ 1975年の独立まではポルトガル領で、同年まで続いたモザンビーク独立戦争ではモザンビーク支配の維持を狙うポルトガル右派政権を隣接する南アフリカが支援していた。なお、現在は同地への南アフリカ航空の就航はないが、現地の空港はネルソン・マンデラ国際空港と名付けられている。
  5. ^ アジア方面への路線の中継地として使用し、その近海で南アフリカ航空295便墜落事故が発生した。
  6. ^ 同社公式サイト、「社史」。
  7. ^ 現在のアフリカ連合(AU)の前身。
  8. ^ 同社公式サイト、「社史」。
  9. ^ http://www.aviationwire.jp/archives/67472
  10. ^ https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Ff2DA4QRsnyx6Og6UREgvDckpdF2Iu7o4Vcj6m7EM_I/pub?single=true&gid=0&output=html
  11. ^ SAA needs to choose well as it expands its fleet”. Independent Online. 2015年4月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]