エジプト航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エジプト航空
مصر للطيران
IATA
MS
ICAO
MSR
コールサイン
EgyptAir
設立日 1932年(Misr Airworkとして)
ハブ空港 カイロ国際空港
マイレージサービス EgyptAir Plus
同盟 スターアライアンス
アラベスク航空アライアンス
保有機材数 49機
(+33機発注)
就航地 73都市
親会社 EgyptAir Horlding Company
本拠地 エジプト・アラブ共和国カイロ市
代表者 Sherif Saad Eldin Galal(会長

エジプト航空 (えじぷとこうくう、アラビア語: مصر للطيران‎; miṣr liṭ-ṭayarān, 英語: EgyptAir)はエジプトの国営航空会社で、エジプト政府がオーナーのいわゆるフラッグ・キャリアである。アフリカで2番目に大きい航空会社でアラブ航空会社機構の加盟航空会社で創設メンバーである。2007年に75周年を迎えた。機体の垂直尾翼に描かれているのは古代エジプト天空の神ホルスで”安全な飛行を…”との願いが込められている。

歴史[編集]

  • 1932年 - カイロを本拠地とする「ミスル・エアワーク」として設立、 これは世界で7番目の長い歴史を持つ航空会社である。
  • 1958年 - エジプトとシリアの合併により「ユナイテッド・アラブ航空」に変更、1961年に両国が分裂したが社名は継続され、1971年現社名に変更した。
  • 1962年 - 日本へ就航開始、日本とアフリカ大陸が初めてダイレクトに結ばれた。[1]
  • 1982年 - アラブ諸国で唯一(エジプトは現在イスラエルと国交を持っている)のイスラエル路線として、カイロ - テルアビブ線の運航を開始した。この路線は他のアラブ国家からの非難を避けるため、子会社のエアシナイを設立し、運航する形態をとっている。
  • 2003年 - カイロ航空の最大株主となって、同社を実質子会社化した。
  • 2004年 - 貨物航空会社エジプト航空カーゴを、2006年にはコミューター航空会社エジプト航空エクスプレスを子会社として設立した。
  • 2007年10月16日 - 航空連盟のスターアライアンスに加盟することを表明し、2008年7月11日に正式加盟。
  • 2008年5月 - エジプト航空は航空機の新塗装を発表。機体には天空の神ホルスが描かれる。
  • 2009年4月27日 - カイロ国際空港に第3ターミナルがオープンし、スターアライアンス加盟航空会社が集結することになった。
  • 2011年7月29日、カイロ国際空港で出発準備中あった同社のB777(SU-GBP)のコックピットから出火。しかし死傷者はなかった[2]

サービス[編集]

エジプトは国教イスラム教と定めているため、機内食では豚肉は使われない。また、アルコール飲料も提供されないが、機内への持ち込みは可能である。長距離路線ではファーストクラス、ホルスクラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの3クラス制で、短中距離路線及び、国内線はホルスクラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの2クラス制である。

日本路線には日本人乗務員が乗務している。

就航都市[編集]

(2013年7月現在)

保有機材[編集]

(2008年5月現在)

エジプト航空 ボーイング777型機


エジプト航空 保有機
機種 機数 発注 座席 ファーストクラス ホルスクラス エコノミークラス 備考
エアバスA320-200 12 0 139
145
0
0
16
10
123
135
エアバスA321-200 4 0 185 0 10 175
エアバスA330-200 7 11 268 0 24 244 3機はリース発注
エアバスA340-200 3 0 260 12 24 224
ボーイング 737-500 4 0 104 0 8 96 エア・シナイにて運航
ボーイング 737-800 4 8 154 0 16 138 ホルスクラスにAVOD搭載
ボーイング 777-200ER 5 0 319 12 21 286
ボーイング 777-300ER 3 6 346 0 49 297 2010年より路線投入
エアバス A300-B4/600 4 0 貨物機
エンブラエル 170 6 6 76 0 0 76 エジプト・エア・エクスプレス運航
総機数 49
33

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]