スーダン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーダン航空
الخطوط الجوية السودانية
IATA
SD
ICAO
SUD
コールサイン
SUDANAIR
設立 1947年
ハブ空港 ハルツーム国際空港
焦点空港 ハルツーム/ポートスーダン
保有機材数 9
就航地 25都市
本拠地 スーダンハルツーム
代表者 Elsharif A.O Badr (CEO)

スーダン航空(スーダンこうくう、英語: Sudan Airwaysアラビア語: الخطوط الجوية السودانية‎)は、スーダンハルツームを本拠地とする航空会社。スーダン政府が株式30%を保有する同国のフラッグ・キャリアでもあるが、2010年よりEU域内乗り入れ禁止措置が下されている。アラブ航空会社機構に加盟。

概要[編集]

スーダン航空は4機のデ・ハビランド1947年に設立。徐々に路線拡大を進め、1952年にはアスマラベイルートカイロジェッダに就航。 2009年までに保有機材を12機までに増やし、国際線ネットワークを拡大する計画でナイジェリアクウェートバーレーンエリトリアに就航する。

目的地[編集]

国内線[編集]

国際線[編集]

機材[編集]

事件・事故[編集]

アビエーション・セーフティー・ネットワークによると、2015年4月現在、スーダン航空は24件の事件・事故にかかわっており、うち7件は死者が出ている[1]。それらのうち、2003年7月にポートスーダン付近で発生した事故(緊急着陸に失敗、死者117人)が史上最悪の規模となっている。以下の表に、機体が全損し、かつ死者が発生した事例を示した。

日付 現場 機種 機体記号 死者数 概要 出典
1967年2月21日 スーダンの旗ハルツーム ダグラス C-47B ST-AAM &00000000000000010000001/2 訓練飛行中、着陸進入時に高度を失い2軒の家屋の屋根やトラックに接触しながら墜落した。教官が死亡した。 [2][3]
1971年12月6日 スーダンの旗カポエタ F27-200 ST-AAY &000000000000001000000010/42 ハルツーム発マラカル行きの国内定期旅客便が燃料切れによりカポエタ付近の森に不時着した。生存者は部族民に捕らえられた。 [4][5][6]
1975年3月18日 スーダンの旗ディンダー国立公園 ツイン・オッター 100 ST-ADB &00000000000000050000005/6 検査飛行中に墜落した。 [7][8]
1986年8月16日 スーダンの旗マラカル F27-400M ST-ADY &000000000000006000000060/60 マラカル発ハルツーム行きの国内定期旅客便がマラカル付近でSPLAが発射したSA-7で撃墜された。 [9][10][11]
2003年7月8日 スーダンの旗ポートスーダン ボーイング737-200C ST-AFK &0000000000000117000000117/117 ポートスーダン発ハルツーム行きの国内定期便、139便で離陸から約15分後にエンジンが1基停止し、緊急着陸のため空港へ引き返そうとした。しかし滑走路を視認できず、ポートスーダンから5キロメートル (3.1 mi)東の荒地に墜落した。 [12]
2008年6月10日 スーダンの旗ハルツーム A310-300 ST-ATN &000000000000003000000030/214 アンマンダマスカス経由ハルツーム行きの国際定期旅客便、109便が悪天候の中ハルツーム国際空港への着陸を決行したが滑走路をはずれ炎上した。搭乗者214人のうち30人が死亡した。 [13]
2009年10月21日 アラブ首長国連邦の旗シャールジャ ボーイング707-320C ST-AKW &00000000000000060000006/6 シャールジャ発ハルツーム行きの定期貨物便、2241便が離陸直後にシャールジャ国際空港から1.6キロメートル (0.99 mi)北西の砂漠地帯に墜落した。事故機はアッザ・トランスポート (Azza Transport) からスーダン航空にリースされていた。 [14][15][16][17]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Accident record for Sudan Airways”. アビエーション・セーフティー・ネットワーク. 2015年4月21日閲覧。
  2. ^ ST-AAMのAccident詳細 - Aviation Safety Network. 2011年12月17日閲覧。
  3. ^ "Crash in the Sudan" (pdf). フライト・インターナショナル: 314. 1967-3-2. Retrieved 2011-7-7. "A Sudan Airways DC-3 (ST-AAM) struck the wall of a house at Khartoum on February 21 during a training flight. The instructor was killed and the trainee pilot was slightly injured." 
  4. ^ ST-AAYの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2011年12月28日閲覧。
  5. ^ "AIR TRANSPORT..." (pdf). フライト・インターナショナル: 962. 1971-12-16. Retrieved 2011-7-7. "A Friendship of Sudan Airways made a forced landing during a flight from Malakal to Juba on December 6." 
  6. ^ "Friendship Survivors Captive" (pdf). フライト・インターナショナル: 1025. 1971-12-30. Retrieved 2011-7-7. "Survivors from the wreckage of a Fokker Friendship of Sudan Airways, which force-landed between Juba and Malakal on December 6, are now reported to be held captive by rebel tribesmen." 
  7. ^ ST-ADBの事故詳細 - Aviation Safety Network
  8. ^ "Public transport accidents" (pdf). フライト・インターナショナル: 547. 1975-4-3. Retrieved 2011-5-27. "The Twin Otter which crashed near Khartoum on March 18 (Flight, last week) was ST-ADB of Sudan Airways." 
  9. ^ ST-ADYのIncident詳細 - Aviation Safety Network. 2011年12月17日閲覧。
  10. ^ Chivers, C. J. (2011年3月3日). “Experts Fear Looted Libyan Arms May Find Way to Terrorists”. ニューヨーク・タイムズ. オリジナル2013年8月16日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6IvRfKpWU 
  11. ^ "African routes survive politics and missiles" (pdf). フライト・インターナショナル: 37. 1986-8-30. Retrieved 2011-5-27. "The principal airways over East Africa remain busy, despite the fact that a Sudan Airways Fokker F.27 was shot down with a ground-to-air missile by the Sudan People's Liberation Army, killing the 57 passengers and three crew. The shoot-down happened on or before August 17, and was not reported immediately. The local Press claims that the missile was a Sam-7 captured from the Sudanese army. The civil flight was en route from Malakal in the south to Khartoum, which is some 500km away. The SPLA has given warnings that even relief flights are liable to attack in the southern province which it controls." 
  12. ^ ST-AFKの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2011年12月18日閲覧。
  13. ^ ST-ATNの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2012年1月25日閲覧。
  14. ^ ST-AKWの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2011年12月17日閲覧。
  15. ^ “Investigators Search for Clues in Dubai Plane Crash That Killed 6”. AP通信. FOXニュース. (2009年10月22日). オリジナル2012年8月2日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/69bZ4y0mQ 2012年8月2日閲覧。 
  16. ^ Jadallah, Ahmed (2009年10月21日). “Sudanese cargo plane crashes in UAE, six crew die”. ロイター. オリジナル2012年8月2日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/69bYouSVF 2012年8月2日閲覧。 
  17. ^ “Un avion s'écrase aux Emirats: 6 morts [An aircraft crashed in the Emirates: 6 dead]” (French). AP通信. ル・フィガロ. (2009年10月21日). オリジナル2013年8月15日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/U0aTz 

外部リンク[編集]