ヨルダン・アビエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨルダン・アビエーション
Jordan Aviation
IATA
R5
ICAO
JAV
コールサイン
JORDAN AVIATION
設立 1998年
ハブ空港 クィーンアリア国際空港
保有機材数 12
就航地 6
本拠地 ヨルダンアンマン
代表者 Moh'd Al-Khashman
外部リンク www.jordanaviation.jo
テンプレートを表示
新しいヨルダン・アビエーションの外装 (2012年6月)

ヨルダン・アビエーション (Jordan Aviation, PSC) は、ヨルダンアンマンを本拠とする航空会社である。世界中でチャーター便を運航しており、機材が不足している主要航空会社に ウェット・リースを提供しており、国連平和維持軍の航空輸送にとっても重要な存在である。ヨルダン・アビエーションは、ワイドボディ機やナローボディ機を置いているアンマンのクィーンアリア国際空港を拠点としている。また、2010年10月には、オペレーション&テクニカルセンターの一部である自身のMROを開業させた。ヨルダン・アビエーションは、IATAのメンバーであり、IOSA認定の航空会社でもある。さらに、アラブ航空会社機構 (AACO) や国際航空運輸機構 (IACA) 、航空安全協会 (FSA) にも加盟している。

歴史[編集]

ヨルダン・アビエーションは、1998年に会社として設立され、2000年に航空運送事業許可(AOC)を得て、同年10月から運行を開始した。ヨルダンで最初の私営チャーター航空会社としてアンマンからサービスを始め、世界的なAOCと多様な路線網を運行している。国連平和維持職員は、様々な機材を使って広範囲を移動し、さらに、機材の不足している航空会社へ「ウェット・リース」として航空機を貸し出している。ホリデイ・チャーター便も、アンマンのベースに運航している。ヨルダン・アビエーションは、Mohamed Al-Khashman (President & Chief Executive Officer) とHazem Alrasekhによって所有され、2012年6月時点で、900人以上の従業員を抱えている。会社は、以下に示すような機材を所有し、急成長した。エアバスA330-200は、2012年3月に機材に加えられ、エアバスA320-200ボーイング737–300に続いて、次期に就航する計画である。他の市場への拡大も進行中である。

就航都市[編集]

ヨルダン・アビエーションのボーイング737–300
ヨルダン・アビエーションのボーイング737–322、ウガンダにて

北アフリカ[編集]

エジプトの旗 エジプト

アジア[編集]

東南アジア[編集]

タイ王国の旗 タイ

東アジア[編集]

香港の旗 香港

中東[編集]

バーレーンの旗 バーレーン
イラクの旗 イラク
ヨルダンの旗 ヨルダン
カタールの旗 カタール
シリアの旗 シリア

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

西アジア[編集]

トルコの旗 トルコ

機材[編集]

ヨルダン・アビエーションの2012年12月時点での機材

ヨルダン・アビエーション
機材 所有 発注 乗客数 備考
エアバスA310 2 0 240 1 -200モデル、1 -300モデル
エアバスA320-200 2 0 168
エアバスA330-200 1 0 266
ボーイング737-300 4 0 148
ボーイング737-400 1 0 170
ボーイング767-200ER 3 0 290
合計 13 0

出典[編集]

外部リンク[編集]