アフリキヤ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Afriqiyah Airways الخطوط الجوية الأفريقية
IATA
8U
ICAO
AAW
コールサイン
AFRIQIYAH
設立 2001年
ハブ空港 トリポリ国際空港
保有機材数 13機
就航地 30都市
本拠地 リビアトリポリ
代表者 Captain Sabri Saad Shadi
外部リンク http://www.afriqiyah.aero/

アフリキヤ航空 (Afriqiyah Airwaysアラビア語 الخطوط الجوية الأفريقية)はリビアの首都トリポリを拠点とするリビアの国営航空会社である。

概要[編集]

国営航空会社[編集]

エアバスA320型機

2001年にリビア政府が100%株主である国有企業として創立した。アラブ航空会社機構(Arab Air Carriers Organization)の一員で、 現在リビア国内やヨーロッパアフリカ各地への定期路線を運航している。

低いサービス評価[編集]

ヨーロッパエアバス社製の最新鋭機を多く運航しており、近距離国際線用のエアバスA320型機のエコノミークラスにも個人用テレビが装着されるなどハード面は充実しているものの、そのサービスについての評価は低く、イギリスの航空会社調査機関スカイトラックスによるランク付けでは、最低ランクの1つ星評価を受けている(1~5つ星の評価のうち)。

EU圏内乗り入れ禁止[編集]

EUが安全性に問題があるとして、リビア国内全ての航空会社とともに2014年12月11日からのEU圏内への乗り入れ禁止が決定された。

機材[編集]

エアバスA320型機の機内

2010年12月現在の運航機材は以下の通り[1]

  • エアバス A300-600R 1機(VIP専用機)
  • エアバス A319-100 3機
  • エアバス A320-200 6機
  • エアバス A330-200 2機(1機は墜落事故で全壊)
  • エアバス A340-200 1機(VIP専用機)

就航地[編集]

アフリカ

北アフリカ

東アフリカ

南アフリカ

西アフリカ

中部アフリカ

アジア

ヨーロッパ

事故[編集]

[編集]

  1. ^ アフリキヤ航空機材詳細 http://www.ch-aviation.ch/aircraft.php?search=set&airline=8U&al_op=1
  2. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010051200702 リビア機が着陸失敗、103人死亡=南ア発、8歳男児を救出(時事通信)

外部リンク[編集]

アフリキヤ航空(英語)