EU域内乗り入れ禁止航空会社の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

EU域内乗り入れ禁止航空会社の一覧(EUいきないのりいれきんしこうくうがいしゃのいちらん)では欧州連合 (EU) が航空会社の安全管理体制に問題があるとして、EU域内での飛行・離着陸を禁止した航空会社について述べる。

概要[編集]

欧州連合(EU)に乗り入れの禁止を指名された航空会社は、ヨーロッパ諸国への路線の開設や、領空の飛行も不可能になる事を意味する。なお、スイスはEUには加盟していないが、EU諸国に囲まれているため、EU域内への乗り入れが禁止された航空会社は、スイスへの乗り入れも事実上不可能となる。[要出典]

また、2016年にはイギリスEUを離脱する旨の意向も示しており、EUからの離脱が正式に決定すれば、イギリスへの乗り入れも理論上可能となる。[要出典]

乗り入れ禁止の航空会社のリストアップを行うのは、乗り入れを禁じられた航空会社に対し、より安全意識を持たせるためであるが、航空会社によっては「安全が確認された一部の機体は乗り入れ可能」とする、例外的なルールがある。安全管理体制の問題というのは以下に示す

などとされている。

リストアップの開始まで[編集]

2004年1月にエジプトの民間航空会社、フラッシュ航空ボーイング737型機がエジプト沖の紅海に墜落し乗っていた148人の乗客乗員全員が死亡する事故(フラッシュ航空604便墜落事故)が発生し、そのほとんどがフランスからの観光客であった。さらに調査でフラッシュ航空は2002年10月にスイスでの抜き打ち検査で安全基準を満たしていないとして乗り入れを禁じられていたことが発覚し、欧州委員会は航空会社に対する安全対策でEU圏内の一部の国で開始されていた「危ない航空会社リスト」を統一し、2006年3月22日に欧州委員会で統一したブラックリストを発表。以後3か月ごとに更新し、公式サイトおよび旅行会社などに載せられることとなった。

  • 国際民間航空機関 (International Civil Aviation Organization, ICAO) に沿った規格を元に「重大な安全上の懸念 (Significant Safety Concern, SSC)」に指定され、ICAOの監査を元に決定する。

EU乗り入れ禁止航空会社一覧[編集]

2017年5月16日現在[1]
Aneex A による規定


機種による運用制限[編集]

Aneex B による規定

脚注[編集]

  1. ^ List of airlines banned within the EU (PDF) - European Commission (英語)

関連項目[編集]