トリポリ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリポリ国際空港
Tripoli International.jpg
IATA:TIP-ICAO:HLLT
概要
国・地域 リビアの旗 リビア
所在地 トリポリ
種類 軍民共用
標高 80 m (263 ft)
座標 北緯32度39分48.76秒 東経13度09分32.44秒 / 北緯32.6635444度 東経13.1590111度 / 32.6635444; 13.1590111座標: 北緯32度39分48.76秒 東経13度09分32.44秒 / 北緯32.6635444度 東経13.1590111度 / 32.6635444; 13.1590111
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09/27 YES 3,601×44 舗装
18/36 NO 2,637×44 舗装
リスト
空港の一覧
トリポリ国際空港の位置
トリポリ国際空港の位置
TIP/HLLT
トリポリ国際空港の位置
トリポリ国際空港の位置 別地図
トリポリ国際空港の位置 別地図
TLV/LLBG
トリポリ国際空港の位置 別地図

トリポリ国際空港(英語:Tripoli International Airport)は、リビア首都トリポリ市にある国際空港アフリキヤ航空ブラク航空リビア航空の本拠地である。

概要[編集]

トリポリ最大の国際空港である。

紛争[編集]

  • 2011年に同国で発生した内戦においてカッザーフィー側が反体制派を空爆し、これを防ぐため国際連合安全保障理事会安保理決議1973を採択しリビア飛行禁止空域を設定。これにより空港も事実上閉鎖状態となった。同年8月に反カッザーフィー勢力がトリポリに進撃し、空港も戦闘の舞台となる。8月22日には反体制側に制圧され[1]、ほどなくして首都自体が陥落した。
  • 2014年7月13日から14日にかけ、空港を掌握していたリベラル系の民兵組織とイスラム武装勢力が交戦状態になり空港が閉鎖。ロケット弾などの使用により駐機していた複数の航空機が被弾した。国際連合リビア支援団(UNSMIL)は、空港における戦闘を受け職員を国外退避させた[2]。戦闘は、空港周辺の地域も含め断続的に継続したが8月23日、イスラム系武装組織側が空港全体を制圧したと発表した。

ターミナル(就航航空会社)[編集]

  • 2015年2月現在、全路線が運休中である。

国際線ターミナル[編集]

国内線ターミナル[編集]

  • アフリキヤ航空(ベンガジ
  • Air Libya
  • Air One Nine(ベンガジ、Sebha)
  • Alajnihah Airways(ベンガジ)
  • ブラク航空(アルバイダ 、ベンガジ、Sebha)
  • リビア航空(アルバイダ、ベンガジ、ガート、Sebha、Sirte、トブルク)

出典[編集]

外部リンク[編集]