国際連合安全保障理事会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際連合安全保障理事会
UN security council 2005.jpg
国際連合安全保障理事会会議場(2005年1月)
概要 主要機関
略称 UNSC
代表 安全保障理事会議長
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ケリー・クラフト
状況 活動中
活動開始 1946年
本部 国連本部ビル
アメリカニューヨーク州ニューヨーク
公式サイト UNSC
コモンズ United Nations Security Council
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合安全保障理事会(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかい、英語: United Nations Security Council、UNSC)は、国際連合主要機関の1つ。世界の平和と安全の維持に主要な責任を負っており、国際連合の6つの主要機関の中で最も大きな権限を持ち、法的に国連加盟国に拘束力を持つ決議を行うことができる、事実上の最高意思決定機関である。

特徴[編集]

日本語では安全保障理事会国連安保理安保理(あんぽり)[1]とも略称される。

安保理が機能しなくなった場合、国連総会が「平和のための結集」決議に基づき、軍事的措置を含む行動を加盟国に対し勧告することができる。

構成[編集]

5ヶ国の常任理事国Permanent members 5, P5)と、加盟国の中から総会で選ばれる10ヶ国の「非常任理事国(Non-Permanent members)」の計15ヶ国から構成されている(国連憲章第23条1項)。1965年の改革以前は、非常任理事国は6ヶ国で、計11ヶ国であった[2]

非常任理事国の任期は2年(国連憲章第23条2項)。現在は地域グループによって西欧その他2、東欧1、アジア太平洋2、中南米2、アフリカ3の配分になっている。

非常任理事国の選出は総会における選挙で行われる。毎年半数を改選し、投票は国連加盟国の無記名投票による。選出には23の賛成が必要で(国連憲章第18条2項)、どの国々も条件を満たさない場合は何度でも再投票を行う。日本は非常任理事国として11期務め、延べ22年間に渡って非常任理事国を務めたことになり、世界最多である。

各理事国の代表は、国連本部に常駐することが国連憲章で義務づけられている(国連憲章第28条1項)。これは緊急事態に際して迅速に集まって会合を開くことができるようにするためである。国際連盟がしばしば緊急時に素早い対応ができず、結果的に第二次世界大戦を防げなかったことへの反省からであった。

理事国[編集]

  安全保障理事会常任理事国
  2017年の非常任理事国

常任理事国[編集]

安保理常任理事国は、アメリカフランスイギリス[注 1]中国ロシアの5ヶ国である[3]。1945年10月24日の国際連合設立当時の安保理常任理事国はアメリカフランスイギリス中華民国ソ連[注 2]で、いずれも第二次世界大戦に勝利した連合国である。その後1971年10月25日にそれまで中華民国(現台湾)が持っていた代表権が中華人民共和国(中国)に与えられたこと(アルバニア決議)により安保理常任理事国に移動が発生した。1991年12月25日にソ連崩壊に伴って同国が持っていた国連代表権がロシアへと引き継がれた。ただし、常任理事国の国名が明記されている国連憲章第5章第23条そのものは2022年現在も改正されていない[4]。英語の「Permanent members」から「P5」と呼ばれる。

現在の首脳[編集]

非常任理事国[編集]

非常任理事国は再任出来ず、必ず退任する。選出の手順はまず各地域グループが候補を選び、国連総会で承認される。

非常任理事国一覧(公式サイト記載順)
地域グループ 任期
アルバニアの旗 アルバニア EEG 2022年1月1日 - 2023年12月31日
ブラジルの旗 ブラジル GRULAC 2022年1月1日 - 2023年12月31日
ガボンの旗 ガボン アフリカ 2022年1月1日 - 2023年12月31日
ガーナの旗 ガーナ アフリカ 2022年1月1日 - 2023年12月31日
インドの旗 インド アジア太平洋 2021年1月1日 - 2022年12月31日
アイルランドの旗 アイルランド WEOG 2021年1月1日 - 2022年12月31日
 ケニア アフリカ 2021年1月1日 - 2022年12月31日
メキシコの旗 メキシコ GRULAC 2021年1月1日 - 2022年12月31日
 ノルウェー WEOG 2021年1月1日 - 2022年12月31日
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アジア太平洋 2022年1月1日 - 2023年12月31日
日本の非常任理事国入り
2022年現在、日本は13回非常任理事国選挙に立候補して、1978年に辞退した1度[注 3]を除いて12回当選しており[5][6]、加盟国の中で最多となっている[7][8]。1958年-1959年、1966年-1967年、1971年-1972年、1975年-1976年、1981年-1982年、1987年-1988年、1992年-1993年、1997年-1998年、2005年-2006年、2009年-2010年、2016年-2017年に理事国を務めたほか、2023年-2024年の理事国に選出されている[7][8]。2018年現在の通算の期間は22年となった。日本が12回当選する一方、140ヶ国は1度だけの選出か未選出である。2008年10月17日に実施された2009-10年の改選に当たっては、アジア・グループ枠では日本の他にイランが立候補していた。
サウジアラビアの辞退
サウジアラビアは2013年10月17日に一度は当選したが、翌18日に安保理のメカニズム・二重基準が国際紛争への適切な対応を不可能にしていると批判して、非常任理事国入りを辞退するとの声明を行った[9][10][11]。このため、サウジアラビアの代わりとなる非常任理事国を選ぶやり直しの投票が12月6日に行われ、ヨルダンが選出された[12]

決議[編集]

意思決定は9ヶ国の理事国以上の賛成票による。ただし、重要問題である実質事項の決定においては、安保理常任理事国は拒否権を有し、1ヶ国でも反対すると成立しない(大国一致の原則と言う、ただし紛争の平和的解決及び地域的取極又は地域的機関による地方的紛争の平和的解決に基く決定については、紛争当事国は投票を棄権しなければならない)。これを国家主権の平等に反しているとして疑問視する声も多いが、5ヶ国の一致により決議の実効性を保ち、かつ安保理常任理事国が世界の安全保障に関して重大な責任を負う為、このような制度が設けられている。しかし、現実には国益偏重の拒否権行使が横行している。

世界の安全保障にとって脅威となる存在・国家が現れた場合、理事会で対応が議論されてしかるべき対応がなされる事になっている。これは、拒否権との矛盾が生じないように安全保障に関して理事国間で見解が決裂することはあり得ないという前提に基づくものである。しかし、実際には冷戦当初から安保理常任理事国で特にアメリカとソ連の対立により、意思決定が成されない事態が多く発生した(詳しくは、国際連合の歴史を参照)。

このため1950年に「平和のための結集決議」が採択されて、安全保障理事会が決定を下すことができない場合は緊急特別総会を開いて問題解決を行うことができるようになり、安全保障に関する一定の権限が総会にも付与された。

議長国[編集]

安全保障理事会の議長国は構成国の英語名でアルファベット順・1か月単位で交代する持ち回り制となっている。

2022年の安全保障理事会議長国
 ノルウェー
(Norway)
1月
ロシアの旗 ロシア連邦
(Russian Federation)
2月
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
(United Arab Emirates)
3月
イギリスの旗 イギリス
(United Kingdom)
4月
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
(United States)
5月
アルバニアの旗 アルバニア
(Albania)
6月
ブラジルの旗 ブラジル
(Brazil)
7月
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
(China)
8月
フランスの旗 フランス
(France)
9月
ガボンの旗 ガボン
(Gabon)
10月
ガーナの旗 ガーナ
(Ghana)
11月
インドの旗 インド
(India)
12月

アイルランドとケニアは議長を務めず、任期切れで理事国から降りる。

補助機関[編集]

安全保障理事会の補助機関として以下のようなものがある。

ほか

常任理事国改革[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 正式名称はグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国である
  2. ^ 正式名称はソヴィエト社会主義共和国連邦である
  3. ^ バングラデシュが当選。

出典[編集]

  1. ^ 安保理(あんぽり)の意味”. goo国語辞書. 2020年10月20日閲覧。
  2. ^ Weiss, Thomas G. The Illusion of UN Security Council Reform{, Washington Quarterly, Autumn 2003
  3. ^ 安全保障理事会”. 2021年2月20日閲覧。
  4. ^ 高橋洋一 (2022年3月18日). “国連安保理、常任理事国からロシアを外すだけでは不十分…改革に限界も G7中心の〝世界平和〟体制を”. https://www.zakzak.co.jp/article/20220318-4DMC4RCJFJLILJULEZ54HHQLNQ/ 2022年7月14日閲覧。 
  5. ^ 我が国の過去の選挙結果 - 外務省
  6. ^ 日本の国連安保理非常任理事国への選出について(外務大臣談話)”. Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年6月9日閲覧。
  7. ^ a b 日本、問われる外交手腕 12回目の非常任理事国―国連安保理改選”. 時事通信社 (2022年6月10日). 2022年6月10日閲覧。
  8. ^ a b 日本が国連安保理の非常任理事国に当選 加盟国中最多の12回目”. 日本放送協会 (2022年6月10日). 2022年6月10日閲覧。
  9. ^ “サウジ、安保理非常任理事国を辞退”. 日本経済新聞. (2013年10月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1804O_Y3A011C1FF1000/ 2013年10月20日閲覧。 
  10. ^ “サウジアラビア:国連安保理「非常任」辞退 「二重基準」を批判”. 毎日新聞. (2013年10月19日). オリジナルの2013年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131020093246/http://mainichi.jp/select/news/20131019ddm007030031000c.html 2022年6月10日閲覧。 
  11. ^ “サウジアラビア、安保理の非常任理事国ポストを辞退”. 朝日新聞. (2013年10月19日). オリジナルの2013年10月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131019145855/http://www.asahi.com/international/update/1019/TKY201310180542.html 2022年6月10日閲覧。 
  12. ^ “非常任理事国にヨルダン サウジ辞退を受け選出”. 朝日新聞. (2013年12月7日). オリジナルの2013年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131207112544/http://www.asahi.com/articles/TKY201312070072.html 2022年6月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]