ジュネーヴ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュネーヴ空港
Genève Aéroport
Logo Genève Aéroport.svg
Geneva airport from air.jpg
IATA:GVA-ICAO:LSGG
概要
国・地域 スイスの旗 スイス
所在地 メイラングラン=サコネ
母都市 ジュネーヴ
種類 公共
拠点航空会社
標高 430 m (1,411 ft)
座標 北緯46度14分18秒 東経006度06分34秒 / 北緯46.23833度 東経6.10944度 / 46.23833; 6.10944 (Geneva Cointrin International Airport)座標: 北緯46度14分18秒 東経006度06分34秒 / 北緯46.23833度 東経6.10944度 / 46.23833; 6.10944 (Geneva Cointrin International Airport)
ウェブサイト www.gva.ch/en
地図
空港の位置(スイス)
空港の位置(スイス)
GVA/LSGG
空港の位置(スイス)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
05/23 YES 3,900×50 舗装
05L/23R NO 823×30 草地
出典: Swiss AIP at EUROCONTROL[1]
リスト
空港の一覧

ジュネーヴ空港: Genève Aéroport)(IATA: GVAICAO: LSGG) は、スイスジュネーヴにある国際空港。ジュネーヴ市内から約4km北西の場所に位置する。「コアントラン空港(Cointrin Airport)」と呼ばれることがあるが、正式名称ではない[2]

概要[編集]

ジュネーヴ近郊のフランス国境に位置しており、敷地はスイス・フランスの国境をまたがって両国に広がる。空港内のフランス区域(Secteur France)からは、スイスに一時入国することなく、フランス(ヴォルテールが住んだことで知られるフェルネ・ヴォルテール)に直接出入国できる。また、スイス側からフランスへの便を利用する場合には、まず空港内でスイス・フランス間のCIQを通過し、フランス区域に入った後に搭乗手続を行う。このため、スイス側にある国際線のCIQ内の施設(免税店等)は利用できないので注意が必要である。なお、同様にスイス・フランス国境に位置する空港としては、ユーロエアポート(バーゼル・ミュールーズ空港)がある。

ジュネーヴには数多くの国際機関が立地しており、空港近くにあるパレクスポ(Palexpo)では、サロン・アンテルナショナル・ド・ロト(ジュネーヴ・モーターショー)をはじめとする自動車や時計等の国際的なトレード・ショーが多数開催される。また、スイス・アルプス観光の起点のひとつである。このため、本空港は国際便の需要が大きい。

2008年の旅客数は11,409,833人で2007年に比べ5.6%増加した。

国際航空運送協会(IATA)の本部機能の一部を置いている(他にカナダモントリオールに本部を置いている)。

就航航空会社[編集]

就航する主な航空会社は、当空港を拠点の一つとするイージージェット(32.6%)を中心に、スイス インターナショナル エアラインズ(11.7%)、ブリティッシュ・エアウェイズ(8.7%)、エールフランス(8.3%)、ルフトハンザドイツ航空(6.8%)、KLMオランダ航空(3.6%)、イベリア航空(3.3%)など[3]

空港への交通[編集]

ジュネーヴ市内中心部へはバスの10番路線で15分程度でアクセスできるほか、空港の地下にはスイス国鉄(CFF)が直結しており、ジュネーヴの中心駅であるコルナヴァン駅までは7分程度である。また、スイス国内の主要都市に向けて、直通の列車が走っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ EAD Basic
  2. ^ LOGOS AND VARIATIONS ON THE SOUND SIGNATURE”. Genève Aéroport. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ 数値は空港公式サイトより

外部リンク[編集]