大韓航空803便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大韓航空 803便
McDonnell Douglas DC-10-30, Korean Air AN1419395.jpg
事故機と同型の大韓航空のDC-10
出来事の概要
日付 1989年7月27日
概要 悪天候下での強行着陸
現場 リビアの旗 リビア トリポリ国際空港付近
乗客数 181
乗員数 18
死者数 80(地上での被災者を含む)
生存者数 125
機種 マクドネル・ダグラスDC-10-30
運用者 大韓民国の旗 大韓航空 (KAL)
機体記号 HL7328
出発地 金浦国際空港
第1経由地 ドンムアン空港バンコク
第2経由地 キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジッダ
目的地 トリポリ国際空港トリポリ
テンプレートを表示

大韓航空803便着陸失敗事故(だいかんこうくう803びんちゃくりくしっぱいじこ)は、1989年7月27日大韓航空803便(マクドネル・ダグラス DC-10型機、機体記号HL7328)が濃霧のトリポリ国際空港へ無理な着陸を行って墜落し、乗客乗員74人と地上の6人が死亡した事故である[1]

経緯[編集]

この事故を起こした大韓航空803便は、韓国ソウルにある金浦国際空港を離陸、バンコクジッダを経てトリポリに到着する予定だった。 当時のトリポリ国際空港の気象は、濃滑走路視距離は100から800フィートだった。[2]最終アプローチ中、滑走路手前約2.4キロの住宅地(果樹園)に墜落した[3]。この際、6人が地上で墜落に巻き込まれ死亡している。

原因[編集]

濃霧で視界が利かない上、VOR (航空標識)とILS (計器着陸方式)が作動しない状況で着陸しようとしたパイロットの操縦ミスである[4]

経過[編集]

機長と副機長は現地の裁判所で過失罪で起訴され、機長は禁錮2年、副機長は禁錮18ヶ月(執行猶予つき)を言い渡された[5]

事故機の履歴[編集]

1973年9月に製造されたが、当時受注予定だった航空会社によりキャンセルされ、宙に浮いていた機体をエア・サイアムが1974年11月に購入した[6]ものの、経営が悪化した1976年に手放し、翌1977年に大韓航空が購入した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Crash role gets pilot two years
  2. ^ Aircraft accident McDonnell Douglas DC-10-30 HL7328 Tripoli
  3. ^ 75 Die in Libya in Korean DC-10 Crash
  4. ^ デビッド・ゲロー「航空事故」(増改訂版)イカロス出版 p1997年 218頁
  5. ^ Crash role gets pilot two years
  6. ^ エア・サイアムでの機体記号はHS-VGE。

関連項目[編集]