中国民航機ハイジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中国民航機ハイジャック事件
Boeing 747-200 (CAAC) 06.jpg
ハイジャック当該機であるB-2448。大阪国際空港にて。
場所 福岡空港
日付 1989年平成元年)12月16日
概要 ハイジャック事件
負傷者 犯人1名
犯人 天安門事件でデモに参加した男性
対処 客室乗務員が機体後部の非常口から犯人を突き落とした後に、福岡県警察福岡空港警察署が逮捕
テンプレートを表示

中国民航機ハイジャック事件(ちゅうごくみんこうきハイジャックじけん)とは1989年平成元年)12月16日に発生した中華人民共和国民間航空機に対するハイジャック事件である。ハイジャック実行者の身柄引き渡しについて日中間の国際問題になった事件である他、外国でハイジャックされた旅客機が初めて日本の空港に着陸した事件である。

(注:当時マスコミで報道された便宜上、中国民航のタイトルを用いているが、事件発生時には中国民航は既に機構分割され、個別の航空会社になっていた)

事件の概要[編集]

ハイジャック発生[編集]

1989年12月16日北京上海サンフランシスコ経由ニューヨーク行きの中国国際航空公司CA981便(ボーイング747、機体記号B-2448・乗員23名、乗客200名)は北京を10時00分(CST)に離陸した。上海に向かう途中、10時40分(CST)頃済南付近の上空でハイジャックされた。犯人の中国人男性(当時35歳)は妻子を連れて搭乗しており、爆発物を所持していると脅迫し(実際は丸腰であった)、韓国ソウル行きを要求した。

機長はソウルに向けて飛行したが、中国と国交を結んでいなかった韓国政府に強硬に着陸を拒まれ、スクランブル発進した戦闘機すら飛来したため、機長は韓国領空への進入をあきらめることになった。

福岡空港へ[編集]

13時25分(JST)に航空自衛隊が公海上で981便のハイジャック信号を確認し、981便は13時50分(JST)に済州島上空から福岡へ向けて進路を変更し日本領空へ向かった。13時50分(JST)に築城基地から戦闘機がスクランブル発進し、14時10分(JST)に981便と確認した。14時11分(JST)に981便は日本領空に進入し、新田原基地から発進したF-4の監視を受けながら福岡空港へ向かった。

981便は14時33分(JST)に福岡空港管制に対し、「残っている燃料は40分飛行できる量しかない」と緊急着陸を要請し、福岡空港管制は14時35分(JST)に、981便に対して着陸を許可した。そして14時52分(JST)に福岡空港へ着陸した。福岡空港にて客室乗務員が犯人に「韓国に到着した」とウソをつき、隙を見て機体後部の非常口から犯人を滑走路上に突き落とし、犯人は福岡県警察福岡空港警察署に逮捕された。この際、犯人は骨折などの重傷を負い福岡市内の病院へ搬送された。ハイジャック機の乗客は犯人の妻子を除いて18時(JST)までにハイジャック機から当時の国際線ターミナル(現在の国内線第3ターミナル)へ移動した。

ハイジャック機はその後犯人以外の乗客を乗せ、翌12月17日未明に福岡空港を離陸、北京首都国際空港に帰還した。その後犯人は容体が回復後の1990年1月に、福岡空港から羽田行きの日本航空機で東京へ移送された。

犯人の引渡し[編集]

日本の捜査当局に対し、犯人は「6月に発生した天安門事件でデモに参加したため2か月間身柄を拘束されていた。そのため最終的には大韓民国に亡命したかった」と供述し政治亡命が目的のハイジャック事件であったと主張した。そのため日本国内からは政治犯の引渡しを禁止した逃亡犯罪人引渡法に該当するものであり、もし中華人民共和国に送還したら政治犯として死刑になるおそれがあり、人道上許さないとの声が人権団体などから起きた。

そのため前例のない判断を司法当局は迫られたが、東京高等裁判所第5特別部は1990年4月20日にハイジャック犯罪を重視(中華人民共和国側は犯人は天安門事件とは別の容疑で拘束されていたと主張していた)し、中華人民共和国への身柄引き渡しを決定した。

その後の経過[編集]

犯人は1990年4月28日に中華人民共和国政府に身柄を引き渡され本国に送還された。中華人民共和国側は国際的世論を考慮したためか公開裁判で審理を行い、犯人に対し北京市中級人民法院7月18日懲役8年、政治権利剥奪2年を言い渡し上訴がなかったためそのまま確定した。