ヴァリグ・ブラジル航空254便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァリグ・ブラジル航空 254便
Varig Boeing 737-241 Volpati-1.jpg
事故機と同型機の写真
事故の概要
日付 1989年9月3日
概要 燃料切れ、フライトプランの読み違い
現場 ブラジルの旗 ブラジル マットグロッソ州サンジョゼドシングー(São José do Xingu)近郊
南緯10度26分40秒 西経52度39分26秒 / 南緯10.44444度 西経52.65722度 / -10.44444; -52.65722座標: 南緯10度26分40秒 西経52度39分26秒 / 南緯10.44444度 西経52.65722度 / -10.44444; -52.65722
乗客数 48
乗員数 6
死者数 12
生存者数 42
機種 ボーイング737-241
運用者 ヴァリグ・ブラジル航空
機体記号 PP-VMK
出発地 ブラジルの旗 ブラジル パラ州
マラバ空港
目的地 ブラジルの旗 ブラジル パラ州
ベレン空港
テンプレートを表示

ヴァリグ・ブラジル航空254便墜落事故とは、ヴァリグ・ブラジル航空が運航するボーイング737-241が、燃料切れにより1989年9月3日に墜落した事故である。

事故の概略[編集]

航空機と乗務員[編集]

事故の経緯[編集]

1989年9月3日、254便は北北東のベレン空港に向かっていた。この日は翌年のサッカーワールドカップ南米予選チリvsブラジル戦とあって、国民はこの試合に釘付けになっていた。クルーはINS(慣性航法装置)に方角を設定し、そのまま雲の上を飛び続けた。23分後、コンピュータがベレンに近づいたことを知らせたため、クルーはベレンの管制に降下許可を求めたが、なぜか返事はなかった。そのため長距離用の無線を使用し、通信に成功した。しかし今度は着陸のための、地上の無線標識施設の信号が受信出来なかった。しかし雲より下に降下しても、機体から見慣れたベレンの町は見えず、ジャングルと川しか見えなかった。クルーは川の下流すぐにベレンの町があると信じ、川に沿って飛び出したが、上流に向かっていた。また、クルーは町が近くにあると信じ、自分達で本来の軌道に辿り着くため、ワールドカップを放送する地元のラジオの電波を拾い、追跡しようとしたが、このような状態では無線で助けを求めるべきだった。結局誰も、何処にいるのか分からずそのまま燃料切れとなった。そのため、機体はジャングルへの不時着を余儀なくされた。着陸時に機体は分解しなかったが、不時着の場所が森であったため、乗客48名の内13名が衝突により死亡。機長は奇跡的に無傷であったが、副操縦士は重傷を負った。なお燃料切れのため火災は発生しなかった。生存者の内、軽い怪我の乗員乗客達が近くを散策して牧場から救援要請の通報を行い、事故発生の2日後に軍によって救助された。

事故の原因[編集]

B737-200型機は古いタイプで、INSを使用した自動操縦が行われていた。このタイプでは方位角度に小数点以下が入力できなかった。しかし、B737の新型は小数点以下の入力にも対応し、ヴァリグ・ブラジル航空は全てのフライトプランで従来「027」度として書かれていたものを「0270」と記載した。

ところが、機長はこのフライトプランの変更時に休暇を取っていた。そのため休暇から復帰した後のフライトからこの変化に混乱していたと思われる。そして、254便の向かう方角は27度のため、「0270」と記載されていたが、機長と副操縦士はともに方角を上3桁の「027」ではなく下3桁の「270」に誤って設定してしまった。当然のことながら、機体は本来の航路である北北東ではなくジャングルのある真西に向かってしまい、そのまま燃料が尽きてしまった。すなわちこの事故は、離陸の時から既に発生することが決まっていたということになる。

管制官にもある程度の問題が指摘された。当日はサッカーの試合に誰もが釘付けだったため、ベレンの管制官は試合をラジオで聞きながら管制を行っていたとされた。そのため気が散っていたことから、長距離用無線でしか通じないことや、無線標識施設の信号が届いていない時点で、254便が異常な場所にいることにも気づくべきだったが、気づけなかった。

また誰もが、機長がミスを犯すわけがないと思っていたことも原因の一つである。

  • 副操縦士もINSの方角設定を間違えたのは、機長が間違えるわけがないと思いうっかり設定してしまった。
  • 乗客の内、少なくとも3人は客室乗務員に「方角がおかしいのではないか」と訴えたが、客室乗務員はクルーに連絡をしなかった。

そのまま雲の上を飛び続け、手遅れになるまで問題はクルーに届かなかった。事故を防ぐ機会は幾らでもあったはずである。

その後[編集]

ヴァリグ・ブラジル航空は、フライトプランの仕様を変えて、小数点を記すようになった。またブラジルは、航空機の失踪を防ぐため、国全域をカバーできる最新のレーダーシステムを導入した。

1990年のサッカーワールドカップは西ドイツが制し、ブラジルはベスト16で敗退した。なお事故当日、チリはゴールキーパーが試合中に発煙筒に当たったふりをして、安全上の問題から不戦勝を取ろうとするスキャンダルが発生した。

関連項目[編集]

この事故を扱った番組[編集]