中央アフリカ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中央アフリカから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
中央アフリカ共和国
République centrafricaine(フランス語)
Ködörösêse tî Bêafrîka(サンゴ語)
中央アフリカ共和国の国旗 中央アフリカの国章
国旗 国章
国の標語:Unité, Dignité, Travail
(フランス語:統一、尊厳、労働)
国歌La Renaissance(フランス語)
E Zingo(サンゴ語)
再生
中央アフリカ共和国の位置
公用語 フランス語サンゴ語
首都 バンギ
最大の都市 バンギ
政府
大統領 フォースタン=アルシャンジュ・トゥアデラ
首相英語版 フィルミン・ングレバダ英語版
面積
総計 622,984km242位
水面積率 極僅か
人口
総計(2016年 5,507,257人(117位
人口密度 6人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(xxxx年 xxx,xxxCFAフラン
GDP(MER
合計(2015年 15.93億[1]ドル(17x位
GDP(PPP
合計(2015年30.09億[1]ドル(188位
1人あたり 600[1]ドル
独立
 - 日付
フランスより
1960年8月13日
通貨 CFAフランXAF
時間帯 UTC +1(DST:なし)
ISO 3166-1 CF / CAF
ccTLD .cf
国際電話番号 236

中央アフリカ共和国(ちゅうおうアフリカきょうわこく、フランス語: République centrafricaineサンゴ語: Ködörösêse tî Bêafrîka)、通称中央アフリカアフリカ中央部にある国家。北東にスーダン、東に南スーダン、南にコンゴ民主共和国、南西にコンゴ共和国、西にカメルーン、北にチャド国境を接する内陸国で、首都バンギウバンギ川河畔に位置している。人口は450万人ほどで、独立以来クーデターが多発しており政情は常に不安定である。その影響から経済は低迷し続けており、後発開発途上国あるいは失敗国家のひとつにも数えられる。2013年に反政府軍の侵攻によって当時のボジゼ政権が崩壊して以降、中央政府の支配は微弱なものにとどまっており、各地に割拠した武装勢力の抗争が続いているため、治安の悪化も深刻である。

国名[編集]

正式名称はフランス語でRépublique centrafricaine(レピュブリク・サントラフリケーヌ)。通称Centrafrique(サントラフリク)。

英語ではCentral African Republic、略称はCAR。日本語の表記は中央アフリカ共和国。通称中央アフリカ。植民地時代の名称はウバンギ・シャリ (Oubangui-Cha-ri)。

歴史[編集]

19世紀まで[編集]

中世におけるアフリカの主要奴隷貿易路

17世紀以降、チャド湖周辺地域に割拠するカネム・ボルヌ帝国バギルミ王国英語版、その東に広がるワダイ王国英語版ダルフール王国英語版といった諸国は、アラブ人の奴隷貿易におけるサブサハラ地域の主要な奴隷供給地であったウバンギ川流域への侵攻を繰り返した。一方、19世紀にはこれら諸国の隣接地域から、戦闘や奴隷狩りを逃れるためウバンギ川流域への人口流入がおこり、北からはバンダ人英語版が、西からはフラニ戦争を逃れたバヤ人が移住して来た。また、南東部にはアザンデ人が移住してきた。

植民地化[編集]

1885年ベルリン会議でアフリカ大陸内陸部の分割が本格化する中、1887年フランスベルギーレオポルド2世と協定を結び、ウバンギ川右岸を自国領域と認めさせた。さらにフランスは1889年に前哨基地(現バンギ)を建設し、1894年、この地域はフランス領ウバンギ・シャリとなった。1910年にはウバンギ・シャリはフランス領コンゴ、フランス領ガボンとともにフランス領赤道アフリカを構成するようになった[2]。1946年にはフランス本国議会への代表選出権を獲得し、1958年にはフランス第五共和国憲法国民投票に賛成、フランス共同体内の自治共和国となり国名を中央アフリカ共和国と改称した。自治共和国首相バルテレミー・ボガンダは内相のダヴィド・ダッコや蔵相のアベル・グンバを登用し国作りを進めたが、1959年に飛行機事故で急死し、後任にはダッコが就いた[3]

独立・ダッコ政権[編集]

1960年8月にフランスから独立し、ダッコはそのまま中央アフリカの初代大統領に就任した。ダッコ政権は就任後すぐに独裁化し、グンバなどの野党政治家を弾圧、1961年には一党制を敷いた[4]

クーデター・ボカサ政権[編集]

1965年12月、ダッコ大統領のいとこで当時国軍の参謀総長だったジャン=ベデル・ボカサ中佐による軍事クーデターが起こり、ダッコ政権が転覆。1966年1月、ボカサ中佐が大統領に就任し独裁政治を始めた。ボカサは独裁を強めていき、1972年には終身大統領を宣言し、1976年12月、ボカサは皇帝に即位し、中央アフリカ帝国初代皇帝ボカサ一世を称した。即位1年後の1977年12月4日、ボカサ皇帝は約65億円(2000万ドル)[5]という国家予算の1/4に相当する国費をつぎ込み、贅を尽くしたフランス風の戴冠式を行った[6]。しかし国内では1979年1月には学生の反対デモに対し軍が発砲、多数の死傷者を出すなど、ボカサの暴政に対する批判の声が高まる一方となっていた[7]

クーデター・ダッコ政権[編集]

1979年9月、ボカサ皇帝の外遊中にフランスが軍事介入を行い、前大統領ダッコを復帰させてボカサを追放し、共和制を復活した[8]。復帰したダッコは新憲法の制定や複数政党制の導入などを行い、1981年3月の選挙ではダッコがアンジュ・フェリクス・パタセらに辛勝して大統領に就任した。しかし対立候補支持派による反政府デモが頻発してすぐに非常事態宣言が出され、ダッコ政権は再び独裁を強めていった[9]

クーデター・コリンバ政権[編集]

こうした中、1981年9月1日、アンドレ・コリンバ国軍参謀総長によるクーデターが発生し、ダッコ大統領はカメルーンに亡命した。コリンバは憲法と議会を停止し軍事政権を樹立して、1982年と1983年の2度のクーデター未遂をくぐり抜け、1986年には一党制を敷くとともに民政移管を行った。しかしアフリカ諸国の民主化の中で、中央アフリカでも民主化デモが盛んに行われるようになり、1991年にコリンバは複数政党制を導入した[10]。しかしこの時期には財政難によって軍の給与が滞るようになり、1993年5月には給与支払いを求め一時反乱を起こした[11]

パタセ政権[編集]

1993年9月の選挙でコリンバは落選し、アンジュ・フェリクス・パタセが大統領に就任した。しかし財政難と給与未払いは解消しなかったため軍は不満を強めていき、1996年以降軍は繰り返し反乱を起こすようになった。国内の混乱は収まらず騒乱状態となり、1998年には国際連合中央アフリカ共和国ミッション(MINURCAT)による多国籍軍の駐留が行われた[12]。1999年の大統領選挙で、パタセは再選された。

クーデター・ボジゼ政権[編集]

2003年、チャドのイドリス・デビ大統領の支援を受けたフランソワ・ボジゼがパタセ大統領が国外にいる間に権力の掌握に成功して大統領に就任した。2004年には北東部で反乱軍が蜂起し、中央アフリカ共和国内戦英語版2007年まで継続したが、一方でボジゼは2005年と2011年の選挙で再選された。

クーデター・セレカ政権[編集]

2012年12月、反政府武装勢力CPSK-CPJP-UFDRの連合体であるセレカが北部および東部の広域を掌握していった[13]。翌年3月には、1月の和平合意を履行しなかったとしてボジゼ政権への攻撃を再開し、24日首都のバンギを制圧した[14]。ボジゼ大統領は隣国コンゴ民主共和国へと脱出し中央アフリカの旧宗主国であるフランスはバンギ空港を確保した。

セレカの主導者ミシェル・ジョトディアが自ら暫定大統領に就任して軍事政権を樹立し、3年後の選挙までニコラ・チャンガイ英語版首相が政権を担うことになった。だが、アフリカ連合はセレカによる首都制圧を非難、加盟国に対し「結束した断固たる行動」を求めた。4月、ジョトディアはアフリカ連合の要求を受け入れ、暫定評議会を設置。ほかに候補者がいないなかで、暫定評議会から大統領に選出された。8月、宣誓式が行われ正式にジョトディアが大統領に就任した[15]。ジョトディア大統領は、中央アフリカの歴史上初めてのイスラム教徒の大統領であった。

無政府期[編集]

2013年9月にはジョトディア大統領によりセレカの解散が行われたが、単に非合法化されただけで武装組織そのものは温存された。セレカやジョトディア政権に統治能力はなきに等しく、一般市民への弾圧や新たに登場したキリスト教系武装組織、アンチ・バラカ英語版などとの抗争は続き、次第に国内は無政府状態に近い状況に陥った。首都のバンギでも、イスラム教とキリスト教の対立が激化していった。数百人規模の死者が出る状態となったため、2013年12月5日には国際連合PKOである中央アフリカ支援国際ミッションの派遣が可決され、旧宗主国のフランスやアフリカ連合の治安維持を目的とした派遣軍の軍事介入を受けた[16]。2014年1月10日、混乱を収拾するためにジョトディア大統領とチャンガイ首相が辞任した[17]。2014年2月には、評議会内の選挙によりカトリーヌ・サンバ=パンザが大統領に選出され、キリスト教徒の立場から国内融和に乗り出した[18]

2014年2月、国際刑事裁判所(ICC)の検察官が政治的な混乱の中で行われた人道に対する罪の予備調査を開始、同年4月10日、国連安全保障理事会は中央アフリカにおいて、国外から派遣軍を倍増させる11,800人規模の平和維持活動部隊(PKO)を発足させる決議案を全会一致で採択。フランス軍に事実上の指揮権を与えた[19]

トゥアデラ政権と内戦の継続[編集]

2014年7月にはセレカとアンチバラカが停戦合意し、2015年5月に国民和解フォーラムが開かれ少年兵350人が解放された[20]。2015年12月から2016年3月にかけ大統領選挙、議会選挙、憲法草案の国民投票が行われ、フォースタン=アルシャンジュ・トゥアデラ大統領が就任し民政復帰が完了する[21]。セレカは自らの本拠である北部や東部へと撤退したのちいくつかの勢力に分裂し、西部を拠点とし中部に進出したアンチバラカとの間で国土は二分されるようになった[22]

2017年からはAU主導の調停メカニズム「アフリカ・イニシアティブ」が設置された[23]ものの、国内各武装勢力は軍事衝突や市民への暴行を繰り返し、同年5月だけで数百人の死亡が確認された[24]。さらに同年6月には中部で武力衝突が起き[25]、8月には全土に拡大[26]。2018年2月にも北西部で激しい戦闘が起きた[27]。4月には国連軍と武装勢力が首都バンギで衝突する[28]など混乱は全く終息せず、5月には人口450万人のうち国外難民が57万人、国内難民が67万人に達し、全人口の4分の1が難民となっていた[29]。2019年2月には政府と14の武装勢力で和平合意の署名が完了した[30]ものの国内情勢はなおも混乱しており、12月25日から26日にかけては武装勢力と地元商人が首都バンギで衝突し多数の死者を出した[31]

政治[編集]

2013年3月まで[編集]

中央アフリカは共和制大統領制をとる立憲国家である。民政復帰前の憲法2004年12月5日に制定され、同月27日より施行されたもの。

国家元首である大統領は、国民の直接選挙により選出され任期は5年。3選は禁止されている。首相は総選挙の結果に基づき、国民議会が選出する。内閣に相当するものとして閣僚評議会が設置されている。

議会は一院制で、正式名称は国民議会。定数109議席で国民議会議員は直接選挙で選出され、任期は5年である。

主要政党としては、ボジゼ元大統領政権の事実上の与党である国民集合クワ・ナ・クワ(KNK, ボジゼ自身は党員ではなく無所属)、パタセ前大統領の所属する中央アフリカ人民解放運動 (MLPC)、コリンバ元大統領が率いる中央アフリカ民主連合 (RDC) の3党が挙げられる。他には社会民主党 (PSD)、進歩愛国戦線 (FPP)、民主進歩同盟英語版 (ADP)、新進歩同盟 (NDP) といった小政党がある。

反政府武装勢力として「民主復興人民軍英語版」(APRD) があり、主に北部を拠点に活動している。

最高司法機関は最高裁判所 (Cour suprême) である。憲法裁判所も存在する。

トゥアデラ大統領とアメリカオバマ大統領夫妻。

2013年3月以降[編集]

2013年3月、セレカの首都進攻により初めてイスラム政権が誕生した。同年中に2004年に制定された憲法は廃止され、2015年まで有効とする暫定憲法が公布された。議会も解散し、新たな議会として暫定評議会、次いで国民移行評議会(135議席)が設置された。評議会は大統領を選出する機能を有しており、2014年2月には会内の選挙によりサンバ=パンザを新しい大統領として選出している。2015年12月から2016年3月にかけて大統領選挙と国民議会選挙を実施し、現在のトゥアデラ大統領が就任した。

2016年民政復帰以降[編集]

中央アフリカは共和制大統領制をとる立憲国家である。現行の憲法は民政復帰で採択されたもの[32]

地方行政区分[編集]

中央アフリカ共和国の州

中央アフリカは14の行政州と2つの経済州、そして州に属さない首都のバンギがある。また州はさらに71の(地区、支庁)に分けられる。

中央アフリカの14の行政州は以下の通り。

また、2つの経済州は、ナナ・グリビジ州 (Nana-Grébizi) とサンガ・ムバエレ州 (Sangha-Mbaéré) である。

主要都市[編集]

中央アフリカ最大の都市は首都のバンギである。バンギはウバンギ川の遡航限界点にあり、政治経済の中心であるほか、大規模な河港が存在して貿易もさかんであり、西のビンボなどの衛星都市も合わせた都市圏人口は79万人(2015年)に達する[33]。バンギ市の規模は国内で突出しており、人口10万人を超える都市は他に存在しない。

地理[編集]

中央アフリカ共和国の地図
バンギ近くのウバンギ川

国土面積約623千平方kmはアメリカ・テキサス州よりやや小さい。国土の大部分が海抜600m程度の緩やかな高原となっており、国土中央部を東西に分水界が走っている。この分水界の北は広義のチャド盆地に属し、シャリ川水系となっている。シャリ川は国土中央部に端を発し、北流してチャド湖へと流れ込むほか、この水系に属するロゴーヌ川などいくつかの支流も同様に北流する。分水界の南側はコンゴ川水系であり、広義のコンゴ盆地に属する。コンゴ川最大の支流であるウバンギ川はコンゴ民主共和国との国境をなす[34]ほか、バンギまでは大型船舶の遡航が可能であり、重要な交通路となっている。この両河川は同国にとって非常に重要であり、植民地時代の「ウバンギ・シャリ」という植民地名はこれに由来する。このほか、西部にはやはりコンゴ川の支流であるサンガ川が流れている。北東部にはボンゴ山地が聳え立つ。また北西部にも山地が存在し、カメルーン国境に位置するンガウィ山(標高1,410m)は中央アフリカの最高峰となっている。

降水量は緯度にほぼ比例し、南部ほど降水量が多く北に向かうほど乾燥していくが、国土の大部分はサバナ気候(Aw)となっている。ただし国土南端のウバンギ川沿いや南西部は一部に熱帯モンスーン気候(Am)の地域があり、また最も乾燥した北東端はステップ気候(BS)となっている。植生もこれにほぼ準じ、中部から北部にはサバンナが広がり、南部に全土の8%程度の熱帯雨林がある[35]

経済[編集]

首都バンギ

第一次産業が主であるが、主に中部から北西部で栽培される綿花が輸出の5.8%(2013年)を占め[36]やや重要であるほかはめぼしい輸出品がない。農民の大部分は自給農業に携わっており、キャッサバヤムイモタロイモプランテンバナナなどを主に栽培している。中央アフリカの一次産業で有力なものは南部密林を中心とする林業であり、木材の輸出は2013年に39.9%[37]、2015年にも19.0%[38]といずれも第2位を占めている。

中央アフリカの輸出品は鉱業分野に偏っており、ダイヤモンドウランなどさまざまな鉱産資源を産出するが、中でも最も重要なのはダイヤモンドであり、2013年には輸出の45.7%を占めていた[39]。しかし同年5月に紛争ダイヤモンドの輸出を規制するキンバリー・プロセスによってダイヤモンド輸出が禁止された。その後、2016年5月には情勢の好転した西部のベルベラティ市周辺産出のダイヤモンドに限り輸出が許可されたものの、紛争の続く国土の大部分からの輸出は未だに禁止されている[40]。ダイヤモンド産出は南西部および中部に集中している[41]

主要な輸出先はベルギー中国、ドイツ、アラブ首長国連邦、輸入先はフランス、アメリカ、オランダ、中国の順(2013年)となっている[42]。しかし内陸国であるため資源の輸送費は高くつき、ウラン利権も関係した政情不安が度重なっている[43]。また経済も大きな打撃を蒙り低迷が続いていて、人口の9割は一日2ドル以下で生活している状況である。激しい内戦と国家崩壊のあおりを受けて、経済成長率は2013年には-36%にまで落ち込んだが、その後は年率5%程度にまで回復している[44]。政府歳入が不足しているため、1990年代より[45]政府職員の給与不払いが慢性化しており[46]、政府の機能不全やたび重なるクーデターの一因となっている。

交通[編集]

国内に鉄道は存在せず、道路も首都からのわずかな区間を除き、ほとんどは未舗装のままとなっている。なかでも国外へ抜ける道路は重要な貿易ルートであるが、どのルートも舗装されていない[47]。ウバンギ川の航行は下流からバンギまでは可能である。バンギ港はコンゴ川の水運でコンゴ民主共和国のキンシャサやコンゴ共和国のブラザヴィルとつながっており、さらにそこから鉄道で大西洋へと抜けることができるため重要な貿易ルートとなっているが、両コンゴの政情不安や鉄道の能力不足により十分に機能しているとは言いがたい。このためバンギから西へ進みカメルーンヘ抜けるルートがかわって主流となった[48]が、このルートも舗装はされていない。また、2013年以降の内戦によって陸路はいずれも危険なものとなった。空運は首都にバンギ・ムポコ国際空港が存在し、近隣諸国から航空便が就航している。

国際関係[編集]

日本との関係[編集]

  • 在留日本人数 -3人(2018年10月現在)[49]
  • 在日中央アフリカ人数 - 16人(2019年6月現在)[50]

国民[編集]

ウハム・ペンデ州の女性グループ

人口[編集]

中央アフリカの国土は古くから非常に人口密度が低い[51]。人口は1962年に125万人[52]、1988年には253万人、1994年には318万人[53]、2017年には466万人[54]と急増を続けているが、それでも国土全体の人口密度の低さは変わらず、なかでも東部は飛び抜けて人口密度が低い[55]

民族[編集]

住民は、アダマワ・ウバンギ系言語英語版を話す民族が中心である。主な民族は、バイヤ族英語版 (33%)、バンダ族英語版 (27%)、マンディア族英語版 (13%)、サラ族英語版 (10%)、ムブーム族 (7%)、ムバカ族 (4%)、ヤコマ族英語版 (4%)、その他 (2%) である[56]

言語[編集]

言語は公用語がフランス語である。日常生活では、フランス語とアダマワ・ウバンギ系言語英語版ンバンディ語英語版が混淆して形成されたサンゴ語というクレオール言語が事実上の共通語となっている。

宗教[編集]

宗教は、伝統的宗教が24%、プロテスタントが25%、ローマ・カトリックが25%、イスラム教が15%、その他が11%である。宗教対立は従来ほとんど存在しなかったが、2013年に北部のイスラム教徒を主体とするイスラム系武装勢力「セレカ」(Séléka)が首都バンギに侵攻し、キリスト教徒主体の住民を迫害する一方でイスラム教徒を保護したうえ、さらにこれに対抗して結成されたアンチバラカがキリスト教徒の保護とイスラム教徒の迫害を行ったため、わずかな期間で両宗教間の敵意は急速に増大した[57]

教育[編集]

義務教育は6歳から14歳まで[58]で、識字率は36.8%(2015年)である[59]。しかし2013年以降激化する内戦によって児童の70%が通学が不可能になり、教育システムに大きな打撃を与えた[60]。2017年時点でも、学校の20%は休校したままとなっている[61]

治安[編集]

現在、治安状態は非常に不安定であり、周辺国から注意喚起の放送が発信されている。同国の治安はボジゼ政権の崩壊をはじめ、宗教を中核とする武装勢力の誕生とその勢力との抗争などが起き続け、極めて劣悪なものとなっている。その為、国内全域に渡って渡航の中止を求める呼び掛けが続いている。2019年12月には民兵組織と商人が衝突し、30人が死亡する事件が発生している[62]

文化[編集]

中央アフリカ共和国の農村

世界遺産[編集]

中央アフリカ国内にはユネスコ世界遺産リストに登録された自然遺産が2件存在する。

祝祭日[編集]

祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
3月29日 独立の父バルテレミー・ボガンダ命日 Décès du Fondateur Barthélemy Boganda
8月13日 独立記念日 Fête de l'Indépendance
12月1日 国の祝日 Fête nationale, jour de défilé sur l'Avenue des Martyrs

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c CIA World Factbook 2016年10月30日閲覧([1]
  2. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.381-382、朝倉書店 ISBN 4254166621
  3. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、135-136ページ ISBN 4-7947-0523-9
  4. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、135-136ページ ISBN 4-7947-0523-9
  5. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 p.376
  6. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.382、朝倉書店 ISBN 4254166621
  7. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、300-301ページ ISBN 4-7947-0523-9
  8. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、301-302ページ ISBN 4-7947-0523-9
  9. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、351-352ページ ISBN 4-7947-0523-9
  10. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.382、朝倉書店 ISBN 4254166621
  11. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、481ページ ISBN 4-7947-0523-9
  12. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、483ページ ISBN 4-7947-0523-9
  13. ^ “反政府勢力に不安募らせる市民、仏大使館前で暴徒化 中央アフリカ共和国”. (2012年12月27日). http://www.afpbb.com/article/politics/2918156/10033535?ctm_campaign=txt_topics 2012年12月31日閲覧。 
  14. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2935644?cx_part=search 「中央アフリカ、反政府勢力が首都制圧」AFPBB 2013年3月25日 2019年12月23日閲覧
  15. ^ “ジョトディア大統領就任=中央アフリカ”. 時事通信社. (2013年8月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201308/2013081800229&g=int 2013年10月13日閲覧。 
  16. ^ “フランスとアフリカ連合、中央アフリカへの派遣部隊を増強”. AFP (フランス通信社). (2013年12月8日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004693 2013年12月10日閲覧。 
  17. ^ “中央アフリカ、大統領辞任後に暴力行為が続発”. AFP (フランス通信社). (2014年1月12日). http://www.afpbb.com/articles/-/3006348 2014年1月12日閲覧。 
  18. ^ “中央アフリカの暫定大統領に首都市長、同国初の女性大統領”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年1月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3006910 2014年2月13日閲覧。 
  19. ^ “中央アフリカ:安保理、PKO部隊発足を採択”. 毎日新聞社. (2014年4月11日). http://mainichi.jp/select/news/20140411k0000e030205000c.html 2014年4月21日閲覧。 
  20. ^ 中央アフリカの武装勢力、少年兵ら350人を解放 ユニセフ”. AFP. 2019年9月10日閲覧。
  21. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/car/data.html 「中央アフリカ基礎データ」日本国外務省 令和元年10月7日 2019年12月28日閲覧
  22. ^ 「戦火に苦しむ中央アフリカ」p120-121 ナショナルジオグラフィック日本版2017年5月号
  23. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/car/data.html 「中央アフリカ基礎データ」日本国外務省 令和元年10月7日 2019年12月28日閲覧
  24. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3130250?cx_part=search 「中央アフリカでレイプや殺人横行、大量虐殺の可能性も 国連報告書」AFPBB 2017年5月31日 2019年12月28日閲覧
  25. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3132937?cx_part=search 「中央アフリカで武装集団が衝突、100人死亡 「停戦」あえなく破綻」AFPBB 2017年6月22日 2019年12月28日閲覧
  26. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3138623?cx_part=search 「中央アフリカ、赤十字職員ら60人死亡 「ジェノサイドの兆候」」AFPBB 2017年8月9日 2019年12月28日閲覧
  27. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3159767?page=2 「中央アフリカ、武装集団抗争の悪夢 数万人が避難」2018年2月2日 2019年12月28日閲覧
  28. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3170925?cx_part=search 「中央アフリカ首都で国連部隊と武装集団が衝突、19人死亡」AFPBB 2018年4月12日 2019年12月28日閲覧
  29. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3176553?cx_part=search 「中央アフリカ、紛争により人口4分の1が避難民化 国連発表」AFPBB 2018年5月30日 2019年12月28日閲覧
  30. ^ “[https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/car/data.html 中央アフリカ共和国(Central African Republic) 基礎データ]”. 外務省. 2019年9月10日閲覧。
  31. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3261403?cx_part=search 「中央アフリカで民兵組織と商人が衝突、30人死亡」AFPBB 2019年12月27日 2019年12月28日閲覧
  32. ^ 中央アフリカ:新憲法に免責の余地を残すな”. アムネスティ・インターナショナル日本. 2019年9月10日閲覧。
  33. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行
  34. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.379、朝倉書店 ISBN 4254166621
  35. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.379、朝倉書店 ISBN 4254166621
  36. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成30年1月10日発行
  37. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成28年1月10日発行
  38. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成30年1月10日発行
  39. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成30年1月10日発行
  40. ^ https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/170817/mcb1708170500006-s2.htm 「ダイヤ輸出再開 中央アフリカ経済復興に新たな光 「おかげで妻3人養える」」SankeiBiz(ブルームバーグ) 2017年8月17日 2019年12月29日閲覧
  41. ^ 「戦火に苦しむ中央アフリカ」p120-121 ナショナルジオグラフィック日本版2017年5月号
  42. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成30年1月10日発行
  43. ^ ウィキリークス The New Dirty War for Africa's uranium and mineral rights 2016-02-05
  44. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成30年1月10日発行
  45. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、481ページ ISBN 4-7947-0523-9
  46. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成30年1月10日発行
  47. ^ 「地図で見るアフリカハンドブック」p122 ジェロー・マグラン、アラン・デュブレッソン、オリヴィエ・ニノ著 鳥取絹子訳 原書房 2019年4月5日第1刷
  48. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hyouka/report/car1.html 「中央アフリカ共和国・国道3号線舗装計画(第1、第2フェーズ)」日本国外務省 2019年12月29日閲覧
  49. ^ 外務省 中央アフリカ基礎データ
  50. ^ 外務省 中央アフリカ基礎データ
  51. ^ 「地図で見るアフリカハンドブック」p120 ジェロー・マグラン、アラン・デュブレッソン、オリヴィエ・ニノ著 鳥取絹子訳 原書房 2019年4月5日第1刷
  52. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p357 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  53. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.380、朝倉書店 ISBN 4254166621
  54. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行
  55. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p216 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  56. ^ 中央アフリカ共和国についての情報”. iWorldAtlas.com. 2018年5月13日閲覧。
  57. ^ https://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Periodicals/Africa/2014_06.html 「論考:中央アフリカにおける国家の崩壊」武内進一 アフリカレポートNO.52 2014年 2019年12月29日閲覧
  58. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.389、朝倉書店 ISBN 4254166621
  59. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成28年1月10日発行
  60. ^ https://www.unicef.or.jp/children/children_now/central_africa/sek_cenaf11.html 「中央アフリカ共和国:7割が学校に戻れず」ユニセフ 2013年10月18日 2019年12月29日閲覧
  61. ^ https://www.unicef.or.jp/news/2017/0278.html 「中央アフリカ共和国 過酷な1年、改善の見込み絶たず 5人に1人が難民・避難民に 130万人の子どもが緊急支援を必要」ユニセフ 2017年12月19日 2019年12月29日閲覧
  62. ^ 中央アフリカで民兵組織と商人が衝突、30人死亡 AFPBB News 2019年12月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]