失敗国家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

失敗国家(しっぱいこっか、: failed state)、破綻国家(はたんこっか)、崩壊国家(ほうかいこっか)とは、国家機能を喪失し、内戦政治腐敗などによって国民に適切な行政サービスを提供できない国家のことである。

定義[編集]

失敗国家の定義については統一されたものは無いが、アメリカ合衆国シンクタンクの一つである平和基金会は以下の通り定義している。

  • 領土支配の喪失、あるいは公権力の独占の喪失 (loss of control of its territory, or of the monopoly on the legitimate use of physical force therein)
  • 正統な合議制意思決定機関の腐敗 (erosion of legitimate authority to make collective decisions)
  • 公益事業の提供不能 (inability to provide public services)
  • 国際社会の一員としての外交活動の不能 (inability to interact with other states as a full member of the international community)

失敗国家にしばしば見られる特徴は、社会的、政治的もしくは経済的な破綻である。

特徴[編集]

失敗国家の国民生活は例外無く悪化する。これは政府の無力、腐敗によって行政が機能しなくなり、警察医療電気水道交通通信等の社会インフラストラクチャーが低下する為である。中でも治安は急速に悪化し、給料の遅配等により軍隊や警察では職場放棄やサボタージュが発生する。軍や警察が自ら犯罪行為をすることも起こる。この治安の悪化により、生産力と国民のモラルが低下する。農民が土地を捨てて難民化し飢餓が蔓延したり、略奪などが日常化したりする。

名目的に存在する政府は腐敗しており、統治能力はほぼ無い。例えばソマリアバーレ政権末期では、大統領官邸を中心にした数百メートルの範囲にしか支配力が及ばなかった。

その他の地域で支配力を行使しているのは軍閥 (warlord) 等地域の有力者であり、彼らの持つ私兵集団である。これらの中には元は正規軍であったが兵士の給料の不払い等が続いた結果、私兵化した者も多い。地方ごとに有力者が勝手に独自の軍事組織を持ち、その他にも大小様々な自警団盗賊が出没する。失敗国家の政府は一般に、国際的に国家主体と認められ徴税権ODA等の利権を持っているだけであり、実態は私兵組織と変わらない事が多い。

失敗国家とテロリストとの関係[編集]

失敗国家は国際的なテロリストの隠れ場所となる。これは、テロリストを逮捕できるような出入国管理や警察力がないためである。アルカーイダは失敗国家の一つであるアフガニスタンに潜伏していた。また、最近ではソマリアがアルカーイダの拠点となっているともされ、実際にアメリカ軍やエチオピア軍による軍事行動も行われている。

脆弱国家ランキング (旧・失敗国家ランキング)[編集]

2005年から毎年、アメリカシンクタンクの一つである平和基金会が失敗国家ランキングを発表していた[1]下記外部リンクも参照)。2014年より、脆弱国家ランキングに名称が変更されている[2]

この評価では、不安定の要因となる12の指標を各10点満点合計120点で採点し、高い国ほど失敗と評価している。この指標は、脆弱国家指標 (The Fragile States Index)と呼ばれている(2013年までは失敗国家指標(The Failed States Index))。90点以上を警報状態(Alert)、90点未満60点以上を要注意(Warning)、60点未満30点以上を普通(Moderate)、30点未満を安定(Sustainable)と区分している。

2015年度のランキングにおける最下位、即ち最も安定した国とされているのはスウェーデン(177位)である。アフガニスタンは8位、イラクは12位、パキスタンは13位、ミャンマー(ビルマ)は27位、北朝鮮は29位、ロシアは65位、2008年度でロシアと同じ順位だったスワジランドは48位、タイは71位、中国は83位、2008年度で中国と順位が同じだったエクアドルは85位、韓国は156位、アメリカは158位。イタリア(147位)・フランス(160位)・イギリス(161位)・ドイツ(165位)らヨーロッパの先進諸国は、下位ではあるが、ドイツを除き、安定ではなく、普通としてランキングされている。日本(157位)は前年(157位)と同率の順位となった。2011年まではG8先進国では168位のカナダに次いで安定した国とされていたが、2012年と2013年は6番目、2014年と2015年は5番目に安定した国に位置している。

また、日本は2008年まで30点未満の安定した国に属していたが、2009年以降はランキングの総合得点が30点以上となり、安定した国の1ランク下の普通の国家に属することになった。更には2012年は東日本大震災の影響により2011年と比べて12.5ポイント増加し、40点を超えた。しかし、それ以降は36点代となり、2015年時点では、36.0点となった。そして、2008年度と2015年度で比較すると、最も悪化した指標はI-6:急激または深刻な経済状況の悪化 (Sharp and/or Severe Economic Decline)であり、2.3ポイント上がっていた。2番目はI-2の難民および国内避難民の大量移動(Massive Movement of Refugees and IDPs)であり、2.0ポイント上がっていた。そして、3番目がI-11:利己的エリートの台頭 (Rise of Factionalized Elites)で+1.1ポイントである。逆に改善した指標はI-5の集団による経済発展の不均衡(Uneven Economic Development along Group Lines)とI-10の治安維持組織の権力機構化(Security Apparatus as "State within a State") の-0.6ポイント、次はI-7の国家の犯罪化もしくは非正統化(Criminalization or Delegitimization of the State )が-0.1ポイントである。

また、個別の指標で2.5点以上とされたものは、

  • I-1:人口構成圧力の増大 (Mounting Demographic Pressures) [4.8点]
  • I-2:難民および国内避難民の大量移動 (Massive Movement of Refugees and IDPs) [3.1点]
  • I-3:復讐を求める不満分子の存在 (Legacy of Vengeance-Seeking Group Grievance) [4.2点]
  • I-4:慢性的および継続的な人材流出(Chronic and Sustained Human Flight)[2.6点]
  • I-6:急激または深刻な経済状況の悪化 (Sharp and/or Severe Economic Decline) [4.6点]
  • I-9:大規模な人権侵害 (Widespread Violation of Human Rights) [3.4点]
  • I-11:利己的(派閥化)エリートの台頭 (Rise of Factionalized Elites) [2.6点]
  • I-12:他の国家または外部の主体の介入 (Intervention of Other States or External Actors) [3.6点]

である。

各年のワースト20[編集]

順位 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年[3] 2013年 2014年 2015年
1 コートジボワールの旗 コートジボワール スーダンの旗 スーダン (+2) スーダンの旗 スーダン (0) ソマリアの旗 ソマリア (+2) ソマリアの旗 ソマリア (0) ソマリアの旗 ソマリア (0) ソマリアの旗 ソマリア (0) ソマリアの旗 ソマリア (0) ソマリアの旗 ソマリア (0) 南スーダンの旗 南スーダン (+3) 南スーダンの旗 南スーダン (0)

2 コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (0) イラクの旗 イラク (+2) スーダンの旗 スーダン (-1) ジンバブエの旗 ジンバブエ (+1) チャドの旗 チャド (+2) チャドの旗 チャド (0) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (+2) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (0) ソマリアの旗 ソマリア (-1) ソマリアの旗 ソマリア (0)
3 スーダンの旗 スーダン コートジボワールの旗 コートジボワール (-2) ソマリアの旗 ソマリア (+4) ジンバブエの旗 ジンバブエ (+1) スーダンの旗 スーダン (-1) スーダンの旗 スーダン (0) スーダンの旗 スーダン (0) スーダンの旗 スーダン (0) スーダンの旗 スーダン (0) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (+6) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (0)
4 イラクの旗 イラク イラクの旗 イラク (0) ジンバブエの旗 ジンバブエ (+1) チャドの旗 チャド (+1) チャドの旗 チャド (0) ジンバブエの旗 ジンバブエ (-2) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (+1) チャドの旗 チャド (-2) 南スーダンの旗 南スーダン (0) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (-2) スーダンの旗 スーダン (+1)
5 ソマリアの旗 ソマリア ジンバブエの旗 ジンバブエ (+10) チャドの旗 チャド (+1) イラクの旗 イラク (-3) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (+1) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (0) ハイチの旗 ハイチ (+6) ジンバブエの旗 ジンバブエ (+1) チャドの旗 チャド (-1) スーダンの旗 スーダン (-2) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (-1)
6 シエラレオネの旗 シエラレオネ チャドの旗 チャド (+1) コートジボワールの旗 コートジボワール (-3) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (+1) イラクの旗 イラク (-1) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (+1) ジンバブエの旗 ジンバブエ (-2) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (+1) イエメンの旗 イエメン (+2) チャドの旗 チャド (-1) チャドの旗 チャド (0)
7 チャドの旗 チャド ソマリアの旗 ソマリア (-2) コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 (-5) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (+1) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (0) イラクの旗 イラク (-1) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (-1) ハイチの旗 ハイチ (-2) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (-1) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (0) イエメンの旗 イエメン(+1)
8 イエメンの旗 イエメン ハイチの旗 ハイチ (+2) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (+2) コートジボワールの旗 コートジボワール (-2) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (+2) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (0) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (0) イエメンの旗 イエメン (+5) ハイチの旗 ハイチ (-1) イエメンの旗 イエメン (-2) アフガニスタンの旗 アフガニスタン (-1)
9 リベリアの旗 リベリア パキスタンの旗 パキスタン (+25)[4] ギニアの旗 ギニア (+2) パキスタンの旗 パキスタン (+3) ギニアの旗 ギニア (+2) ギニアの旗 ギニア (0) イラクの旗 イラク (-2) イラクの旗 イラク (0) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (+1) ハイチの旗 ハイチ (-1) シリアの旗 シリア (+7)[5]
10 ハイチの旗 ハイチ アフガニスタンの旗 アフガニスタン (+1) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (+3) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (0) パキスタンの旗 パキスタン (-1) パキスタンの旗 パキスタン (0) コートジボワールの旗 コートジボワール (+2) 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (-2) ジンバブエの旗 ジンバブエ (-5) パキスタンの旗 パキスタン (+3) ギニアの旗 ギニア (+2)
11 アフガニスタンの旗 アフガニスタン ギニアの旗 ギニア (+5) ハイチの旗 ハイチ (-3) ギニアの旗 ギニア (-2) コートジボワールの旗 コートジボワール (-3) ハイチの旗 ハイチ (+1) ギニアの旗 ギニア (-2) コートジボワールの旗 コートジボワール (-1) イラクの旗 イラク (-2) ジンバブエの旗 ジンバブエ (-1) ハイチの旗 ハイチ (-2)
12 ルワンダの旗 ルワンダ リベリアの旗 リベリア (-3) パキスタンの旗 パキスタン (-3) バングラデシュの旗 バングラデシュ (+4) ハイチの旗 ハイチ (+2) コートジボワールの旗 コートジボワール (-1) パキスタンの旗 パキスタン (-2) ギニアの旗 ギニア (-1) コートジボワールの旗 コートジボワール (-1) ギニアの旗 ギニア (+2) イラクの旗 イラク (+1)
13 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ (+7) 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 (+1) ミャンマーの旗 ミャンマー (+2) ミャンマーの旗 ミャンマー (0) ケニアの旗 ケニア (+1) イエメンの旗 イエメン (+2) パキスタンの旗 パキスタン (-1) パキスタンの旗 パキスタン (0) イラクの旗 イラク (-2) パキスタンの旗 パキスタン (-3)
14 コロンビアの旗 コロンビア 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 (-1) ミャンマーの旗 ミャンマー (+4) ハイチの旗 ハイチ (-3) ケニアの旗 ケニア (+12) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (+1) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (0) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (0) ギニアの旗 ギニア (-2) コートジボワールの旗 コートジボワール (-2) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (+3)
15 ジンバブエの旗 ジンバブエ ブルンジの旗 ブルンジ (+3) ウガンダの旗 ウガンダ (+6)[6] 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 (-2) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (+3) イエメンの旗 イエメン (+4) ニジェールの旗 ニジェール (+5) ギニアビサウの旗 ギニアビサウ (+3) ギニアビサウの旗 ギニアビサウ (0) シリアの旗 シリア (+6)[7] コートジボワールの旗 コートジボワール (-1)|
16 ギニアの旗 ギニア イエメンの旗 イエメン (-8) バングラデシュの旗 バングラデシュ (+3) エチオピアの旗 エチオピア (+2) エチオピアの旗 エチオピア (0) ミャンマーの旗 ミャンマー (-3) ケニアの旗 ケニア (-3) ケニアの旗 ケニア (0) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (-2) ギニアビサウの旗 ギニアビサウ (-1) ジンバブエの旗 ジンバブエ (-5)
17 バングラデシュの旗 バングラデシュ シエラレオネの旗 シエラレオネ (-11) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (+5)[8] ウガンダの旗 ウガンダ (-1) 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 (-2) エチオピアの旗 エチオピア (-1) ブルンジの旗 ブルンジ (+6) エチオピアの旗 エチオピア (+3) ケニアの旗 ケニア (-1) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (-1) ギニアビサウの旗 ギニアビサウ (-1)
18 ブルンジの旗 ブルンジ ミャンマーの旗 ミャンマー (+5)[9] エチオピアの旗 エチオピア (+8)[10] レバノンの旗 レバノン (+10)[11] イエメンの旗 イエメン (+3) 東ティモールの旗 東ティモール (+2) ギニアビサウの旗 ギニアビサウ (+4)[12] ブルンジの旗 ブルンジ (-1) ニジェールの旗 ニジェール (+1) ケニアの旗 ケニア (-1) ブルンジの旗 ブルンジ (+3))[13]
19 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 バングラデシュの旗 バングラデシュ (-2) ブルンジの旗 ブルンジ (-4) ナイジェリアの旗 ナイジェリア (-1) バングラデシュの旗 バングラデシュ (-7) 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 (-2) ミャンマーの旗 ミャンマー (-2)[14] ニジェールの旗 ニジェール (-3) エチオピアの旗 エチオピア (-2) エチオピアの旗 エチオピア (0)[15] エチオピアの旗 エチオピア (0)[16]
20 中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ ネパールの旗 ネパール (+15)[17] 東ティモールの旗 東ティモール (N/A)[18] スリランカの旗 スリランカ (+5)[19] 東ティモールの旗 東ティモール (+5) ニジェールの旗 ニジェール (+4) エチオピアの旗 エチオピア (-3) ウガンダの旗 ウガンダ (+1) ブルンジの旗 ブルンジ (-2) ニジェールの旗 ニジェール (-1)[20] ニジェールの旗 ニジェール (-1)[21]
凡例:2012年までは
  危険
  注意
  不明 / 属領
  普通
  安定
2013年からは
  危険
  注意
  普通
  安定
  

その他[編集]

日本赤十字九州国際看護大学喜多悦子教授は失敗国家を見分ける2つの簡単な基準として、「警察官や兵士の給料をきちんと払えていない国」と「教師の給料をきちんと払っていない国」を挙げている。

脚注[編集]

  1. ^ 失敗国家ランキング(英語)
  2. ^ 世界脆弱国家ランキング、南スーダンが最も脆弱 CNN.jp 2014年7月12日閲覧。
  3. ^ 南スーダンは2011年7月9日に独立したため、他国と正確に比較することは困難であるため、2012年度失敗国家ランキングでは、順位が付けられていない。もし付けた場合は、順位は4位に相当する。
  4. ^ 2005年、パキスタンは34位であった。
  5. ^ 2015年、アフガニスタンと同率の8位であった。
  6. ^ 2006年、ウガンダは21位であった。
  7. ^ 2013年、シリアは21位であった。
  8. ^ 2006年、ナイジェリアは22位であった。
  9. ^ 2005年、ビルマ/ミャンマーは23位であった。
  10. ^ 2006年、エチオピアは26位であった。
  11. ^ 2007年、レバノンは28位であった。
  12. ^ ミャンマーと同率の18位。
  13. ^ 2013年、ブルンジは21位であった。
  14. ^ ギニアビサウと同率の18位。
  15. ^ ニジェールと同率19位。
  16. ^ ニジェールと同率19位。
  17. ^ 2005年、ネパールは35位であった。
  18. ^ 2007年より、Timor-Leste(東ティモール)が含まれている。
  19. ^ 2007年、スリランカは25位であった。
  20. ^ エチオピアと同率19位。
  21. ^ エチオピアと同率19位。
  22. ^ http://ffp.statesindex.org/rankings-2013-sortable The Failed States Index 2013, Foreign Policy, accessed 19 AUG 2013

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]