命日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

命日(めいにち)は、ある人が死亡した日のこと。忌日(きにち)ともいう。

対義語は誕生日

死亡した年月日を歿年月日(ぼつねんがっぴ)という。

概要[編集]

通常は、死亡したを指す祥月と組み合わせて、一周忌以後の当月の命日である祥月命日(しょうつきめいにち)を指すことが多い。

祥月に関わらない月ごとの命日を月命日(つきめいにち)という。

日本の仏教[編集]

日本仏教では、年12回の月命日に故人の供養を行い、一定の年数の命日には年忌法要(法事)が営まれる。

仏教に深く帰依したとされる光明皇后は、月命日ごとに法要が行われている[1]

弔い上げ[編集]

三十三回忌をもって「弔い上げ」(年忌法要の打ち切り)とするのが一般的であるが、宗派や地方によってはまれに五十回忌をもって「弔い上げ」とする。また宗派の開祖や高僧、歴史上の有名人物などは五十回忌以降も50年毎に法要を行う例もある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 世界大百科事典 第2版”. 2014年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]