中央アフリカ共和国の国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央アフリカ共和国の国旗
中央アフリカ共和国の旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 2:3
制定日 1958年12月1日
使用色
テンプレートを表示

中央アフリカ共和国国旗(ちゅうおうアフリカきょうわこくのこっき)は、独立前の1958年12月1日に制定された。

フランスからの独立にあたり、フランスとアフリカの融合を理想と考えたバルテレミー・ボガンダ(Barthélemy Boganda)によりデザインされている。フランスの国旗の三色である赤・白・青と、汎アフリカ色の赤・黄・緑を合わせた合計5色が使用されている。

赤は独立を勝ち取り国を守る国民の、青は空と自由、白は平和と尊厳、緑は希望と誠実、黄は忍耐を象徴している。

関連項目[編集]