bmi (航空会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
bmi
Bmi wordmark.svg
IATA
BD
ICAO
BMA
コールサイン
Midland
設立 1938年 (Air Schools Ltd として)
運航停止 2012年
ハブ空港 ロンドン・ヒースロー空港
マンチェスター国際空港
焦点空港 Leeds Bradford Int'l Airport
マイレージサービス bmi Diamond Club
会員ラウンジ Diamond Club Lounge
航空連合 スターアライアンス
親会社 International Airlines Group
保有機材数 50機
就航地 51都市
本拠地 イギリスの旗 イギリス イングランドCastle Donington
代表者 Nigel Turner (CEO), Sir Michael Bishop CBE (会長)
外部リンク http://www.flybmi.com
テンプレートを表示

bmi(ビーエムアイ・British Midland International[1])は、1938年に設立されたイギリス航空会社である。旧称は正式な社名のブリティッシュ・ミッドランド航空 (British Midland Airways Limited[2][3]) であり日本ではこの名称が用いられる事が多かった。

概要[編集]

ノッティンガムにあるイーストミドランド空港が本拠地。 ロンドン・ヒースロー空港においては、すべての離着陸権利の14%を所有しているほか、ヒースローおよびマンチェスターからは、ヨーロッパのほか北米及びアフリカ、アジアへ就航している。かつては航空連合スターアライアンスの一員でもあり、資本関係としてはルフトハンザドイツ航空の傘下にあった。2009年11月1日まではスカンジナビア航空も大株主の一つであった。

BMIの本社 (Donington Hall Castle)

2011年11月5日にルフトハンザからブリティッシュ・エアウェイズを傘下に持つインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)への売却が発表された[4]。売却は2012年3月30日に欧州委員会より承認され、同年4月12日にはブリティッシュ・エアウェイズによる統合計画が明らかになった。[5]これに伴い、同年4月20日にスターアライアンスから脱退し[6]、2012年5月23日からワンワールドと提携を開始[7]。ロンドン・ヒースロー空港発着の一部路線で、bmiが運航する便に、ブリティッシュ・エアウェイズの「BA」コードが付き、今後、それが段階的に拡大される[8]航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している[9]

主な子会社としてイギリス内の短距離国内線を担当するbmiリージョナル格安航空会社である bmi baby がある。前者は本社同様マイレージサービスや上級会員ラウンジなどスターアライアンスのサービス対象となっていたが、後者は対象外となっていた。

なお、bmiリージョナルは2012年6月1日にセクター・アビエーション・ホールディングス(Sector Aviation Holdings)に売却され、同年10月27日まではbmi便の運航を続けるが、それ以降は独自に事業を展開していた。しかし、2019年2月16日付で運航を停止している[10]

マイレージプログラム: Diamond Club[編集]

ダイアモンド・クラブ。 ブルー、ブループラス、シルバー、ゴールドのステータスがあり、取得マイルに応じて様々な特典が受けられる。 入会資格は、ヨーロッパ在住者のみとなっている。そのほか、ANAマイレージクラブなどスターアライアンス各社のマイレージプログラムを利用することも可能であったが、当社のスターアライアンスからの脱退に伴い、ルフトハンザグループのマイレージプログラムは2012年4月19日限りで使えなくなり、他のスターアライアンスメンバーのマイレージプログラムも同年5月31日限りで提携が終了した。

なお、当社のブリティッシュ・エアウェイズへの統合に伴い、当プログラムはイギリス地区での提携クレジットカードでのポイントサービスなど一部を除き、2012年内に廃止される予定である。[11][12]

  • 2005年中旬より、bmi baby tiny fareでの搭乗は、マイレージの加算対象外になった。
  • 2006年1月より、bmi baby tiny fareでの搭乗のシルバーメンバーは、ビジネスラウンジの利用が不可能になった。
  • ブループラスはスターアライアンスでは上級会員の扱いとならないが、国内線・短距離国際線で有償となっている機内食が無料になるなどの特典がある。

機材[編集]

BMIのエアバスA320-200

この航空会社の機材は以下の航空機で構成される (2007年11月現在)

就航都市[編集]

bmi 就航都市 (2011年11月現在)
都市 空港 備考
アイルランドの旗 アイルランド ベルファスト ベルファスト国際空港
アイルランドの旗 アイルランド ダブリン ダブリン空港
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン バクー ヘイダル・アリエフ国際空港
イギリスの旗 イギリス アバディーン アバディーン空港
イギリスの旗 イギリス エディンバラ エディンバラ空港
イギリスの旗 イギリス リーズブラッドフォード リーズ・ブラッドフォード国際空港 焦点都市
イギリスの旗 イギリス マンチェスター マンチェスター空港 ハブ空港
イギリスの旗 イギリス グラスゴー グラスゴー国際空港
イギリスの旗 イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港 ハブ空港
イギリスの旗 イギリス ノリッジ ノリッジ国際空港
イギリスの旗 イギリス ノッティンガム イースト・ミッドランド空港
イランの旗 イラン テヘラン エマーム・ホメイニー国際空港
インドの旗 インド アムリトサル アムリトサル国際空港
 エジプト カイロ カイロ国際空港
エチオピアの旗 エチオピア アディスアベバ ボレ国際空港
 オーストリア ウィーン ウィーン・シュヴェヒャート国際空港
オランダの旗 オランダ フローニンゲン フローニンゲン・エールデ空港
カザフスタンの旗 カザフスタン アルマトイ アルマトイ国際空港
キルギスの旗 キルギス ビシュケク マナス国際空港
ジョージア (国)の旗 ジョージア トビリシ トビリシ国際空港
サウジアラビアの旗 サウジアラビア ダンマーム キング・ファハド国際空港
サウジアラビアの旗 サウジアラビア ジッダ キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
サウジアラビアの旗 サウジアラビア リヤド キング・ハーリド国際空港
シエラレオネの旗 シエラレオネ フリータウン ルンギ国際空港
シリアの旗 シリア ダマスカス ダマスカス国際空港
スイスの旗 スイス チューリッヒ チューリッヒ空港
スイスの旗 スイス バーゼル ユーロエアポート・バーゼル=ミュールーズ空港
スーダンの旗 スーダン ハルツーム ハルツーム国際空港
 デンマーク コペンハーゲン コペンハーゲン国際空港
 デンマーク エスビャウ エスビャウ空港
ドイツの旗 ドイツ ハノーファー ハノーファー空港
ドイツの旗 ドイツ ベルリン ベルリン・ブランデンブルク国際空港
ドイツの旗 ドイツ フランクフルト フランクフルト空港
 ノルウェー スタヴァンゲル スタヴァンゲル空港
 ノルウェー ベルゲン ベルゲン空港
フランスの旗 フランス ニース コート・ダジュール空港
フランスの旗 フランス リヨン サン=テグジュペリ国際空港
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル ブリュッセル国際空港
モロッコの旗 モロッコ カサブランカ ムハンマド5世国際空港
モロッコの旗 モロッコ マラケシュ マラケシュ・メナラ空港
モロッコの旗 モロッコ アガディール アガディール・アル・マシーラ空港
ヨルダンの旗 ヨルダン アンマン クィーンアリア国際空港
レバノンの旗 レバノン ベイルート ラフィク・ハリリ国際空港
ロシアの旗 ロシア モスクワ ドモジェドヴォ空港

事故[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2010年頃から、プレスリリースなどで自社を「British Midland International (bmi)」と記述している[1]
  2. ^ bmiの会社紹介には、"British Midland Airways Limited trading as bmi"と書かれている。
  3. ^ 「bmi」と「ブリティッシュ・ミッドランド航空」の呼称の関係は、ちょうどかつて所属していたスターアライアンスのメンバーである全日本空輸が公式な呼称を「ANA」としているのと似ている。
  4. ^ ルフトハンザ、英中堅航空BMIを売却へ” (日本語). 日本経済新聞 (2011年11月4日). 2022年2月1日閲覧。
  5. ^ BRITISH AIRWAYS ANNOUNCES CONSULTATION TO INTEGRATE BMI MAINLINE”. ブリティッシュエアウェイズ (2012年4月12日). 2012年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月1日閲覧。
  6. ^ BMI FORMALLY LEAVES STAR ALLIANCE” (英語). www.staralliance.com (2012年4月20日). 2012年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月1日閲覧。
  7. ^ bmi British Midland flights to become part of oneworld on phased basis from 23 May”. ワンワールド (2012年5月10日). 2012年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月1日閲覧。
  8. ^ イギリスbmi、5月23日からワンワールド加盟社と提携開始 | FlyTeam ニュース” (日本語). FlyTeam(フライチーム). 2022年2月1日閲覧。
  9. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  10. ^ “イギリスflybmiが運航停止、ブレグジットによる影響?”. フライチーム. (2019年2月18日). https://flyteam.jp/news/article/106273 2019年3月24日閲覧。 
  11. ^ The future of Diamond Club - ブリティッシュ・エアウェイズ公式サイトより。2012年10月8日閲覧。
  12. ^ ダイヤモンド・クラブの既存会員は、ブリティッシュ・エアウェイズのマイレージプログラム「エグゼクティブ・クラブ」にこれまで貯めたポイントや上級会員ステータスの移転が可能となっている。

外部リンク[編集]