リーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リーズ
Leeds
イングランドの旗
Leedsmain2.jpg
標語 : "Pro Rege et Lege (For the King and the Law)"
座標 : 北緯53度47分0秒 西経1度32分0秒 / 北緯53.78333度 西経1.53333度 / 53.78333; -1.53333
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗 イングランド
 リージョン ヨークシャー・アンド・ハンバー
 大都市カウンティ ウェスト・ヨークシャー
 大都市バラ シティ・オブ・リーズ
 市 リーズ
地理
面積  
  市域 551.72 km2
人口
人口 (2011年現在)
  市域 757,700人
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間 (UTC+0)
夏時間 西ヨーロッパ夏時間 (UTC+1)
郵便番号 LS1, LS2, LS3–LS29
市外局番 0113
公式ウェブサイト : www.leeds.gov.uk/

リーズ (Leeds) は、イングランドの北部にある都市。行政上はウェスト・ヨークシャー州シティ・オブ・リーズに所属する。人口は75万7700人(2011年国勢調査)[1]で、このうち中心部は47万4632人[2]ロンドンから鉄道で2時間15分の場所に位置している。

羊毛工業が盛んで産業革命時にはその中心地となったイングランド北部の商業都市[3]。イングランドで3番目に大きな都市と言われるが、町の中心から30分も車で走れば、牧草地にが群れて草を食んでいるヨークシャーの田舎の景色が広がる。国立公園のヨークシャー・デールズはイギリスの中でも主要なトレッキング・スポットとして有名である。

地理[編集]

エア川沿いに位置する都市。近隣の都市としては、約15キロ西にブラッドフォード、35キロ北東にヨーク、60キロ南西にマンチェスター、50キロ南にシェフィールドが位置している。

歴史[編集]

中世中期においては農業が中心であったが、百年戦争が行われた14世紀ころよりフランドルから毛織物の技術が持ち込まれた。テューダー朝の時代には、羊毛、毛織物の生産で栄えたほか、交通路の結節点として流通拠点としての役割も果たした。

ヨークシャーの紋章として、白いバラが使われているが、これはヨーク家の紋章に由来するものであり、リーズ市内のいたるところで見る事が出来る。かつてこの白薔薇を家紋とする、ヨーク家と、赤薔薇のランカスター家が争った際には、この両家の家紋から「薔薇戦争」と名付けられた。ヨークシャーは白薔薇であるが、マンチェスターを中心とするランカシャー地方の紋章は赤薔薇で、今でも仲が良くないのはこうした歴史的背景によるものである。実際、サッカークラブのリーズ・ユナイテッドマンチェスター・ユナイテッドの試合は「ローズ・ダービー」と呼ばれるほどで、ペニン山で分けられたリーズ対マンチェスターは、イングランド内でも対抗意識の激しい2都市である。

産業革命の進展にともなって交通網の整備はさらに進み、1816年にはリーズ・リヴァプール運河、1848年には鉄道が開通した。

近年リーズは「北の首都」とも最近は呼ばれ、金融経済の中核をなす都市として目覚しい発展を遂げている。19世紀来の羊毛産業が不振になると産業転換を図り、現在はIT、金融等の経済都市として成長を遂げている。経済紙の調査によると、リーズはヨーロッパの都市で最も成長率の高い都市として認められ、観光面でもヨーロッパで注目度の高い都市として賞を受賞した。

経済[編集]

かつては毛織物綿織物産業で発展していたが、現在は機械・印刷・化学・電子工学など様々な部門で工業の発展がみられる。銀行・保険会社も集中しており金融都市としての性格も有する。

交通[編集]

空港[編集]

リーズ・ブラッドフォード空港 (Leeds Bradford Airport) は、リーズの中心部から約11km離れたエイドンにある国際空港。

日本からリーズに来る場合には、以下の3通りが主なルートととして利用されている。

  1. 日本からロンドンまで渡航し、ロンドンから国内便でリーズまで。
  2. 日本からアムステルダムを経由して、リーズまで(KLMオランダ航空利用)。
  3. 日本からパリを経由して、リーズまで(全日空(パリまで)、bmi(パリから)などを利用)。

また、マンチェスター空港に到着後、リーズまで移動する方法もある。リーズ~マンチェスター間は車で50分ぐらいで、この方法も航空券の値段と考慮して選択すると良い。

鉄道[編集]

鉄道においてもリーズは、主要結節点となっている。シティの主要駅は、リーズ駅である。リーズ駅はイギリスの主要鉄道幹線の1つであるイースト・コースト本線のリーズ分岐線の北の終着駅である。

鉄道路線が北はカーライル, 東はヨーク、南はウェイクフィールドドンカスターを経てロンドン、西はマンチェスターリヴァプールへ続いている。

  1. ロンドンキングス・クロス駅から2時間15分。
  2. スコットランドエディンバラからも3時間程度。

地方路線ではハロゲイト,ブラッドフォード, キースリースキプトンの駅があり、リーズの都心、西部、北部など近隣の町を繋いでいる。イギリス各地から鉄道を利用することも可能である。

文化[編集]

1904年に建てられたリーズ大学のほか、市博物館、市美術館がある。アフリカ初のノーベル文学賞作家であるナイジェリアウォーレ・ショインカケニアの代表的作家であるグギ・ワ・ジオンゴがリーズ大学に留学していた。音楽面では、リーズ国際ピアノ・コンクールが開催されている。

キング・ エドワード・ストリート、リーズ

彫刻家のヘンリー・ムーア、現代美術のダミアン・ハーストが学んだ都市であり、北イングランドのモダンカルチャーの中核を担う都市として広く知られている。紅茶文化中心のイギリスにあって、リーズはカフェが街のいたるところに存在しているのも特徴で、街にはカフェ文化が根付いている。それはモダンで刺激を求めるリーズ市民の性格からもたらされたものであると言われている。

リーズには2つの主要な大学、リーズ大学とリーズ・メトロポリタン大学があり、多くの学生が学んでいる。街は学園都市としての性格が強く、夏休みの時期には人口が激減する。学生の消費活動がリーズ経済の主要な要素にも加味されていて、そうした若者の文化を反映してかナイトライフが充実しており、わざわざロンドンからクラビングする為にやってくる人も多い。ナイトクラブは週末になると、学生を始め多くの若者で溢れかえっている。

リーズを中心にヨークシャーの伝統菓子として知られるケーキに、パーキンがある。

アーマリーミルズ産業博物館[編集]

グレードⅡに分類される博物館の建物は世界最大級の毛織物工場だった。現在の建物は1805年にベンジャミン・ゴットによって建てられ1969年に商業用の施設としての役目を終えた。リーズ市議会の手に渡り、1982年から産業博物館として開館した。

スポーツ[編集]

リーズ・ユナイテッドがリーズを本拠地とするサッカークラブチームである。1992年にリーグ優勝を果たすなど、1990年代においては代表的な強豪クラブであったが、21世紀にはいると財政難から低迷、一時は3部リーグに降格していた。

出身人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Table 8a Mid-2011 Population Estimates: Selected age groups for local authorities in England and Wales; estimated resident population;". Population Estimates for England and Wales, Mid 2011 (Census Based). Office for National Statistics. 25 September 2012. 22 November 2012閲覧. 
  2. ^ 2011 Census – Built-up areas”. ONS. 2013年7月14日閲覧。
  3. ^ リーズ JTB、2017年5月30日閲覧

外部リンク[編集]

政府

観光