LOTポーランド航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LOTポーランド航空
Polskie Linie Lotnicze LOT
IATA
LO
ICAO
LOT
コールサイン
Lot
設立 1929年
ハブ空港 ワルシャワ・ショパン空港
焦点空港 クラクフ・バリツェ空港, Katowice Int'l Airport, Wrocław Int'l Airport
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ Executive Lounge
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 46機
就航地 58都市
親会社 ポーランド国有財産省
本拠地 ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ
代表者 Tomasz Kopoczyński (Acting CEO)
外部リンク http://www.lot.com/jp/ja/

LOTポーランド航空( -こうくう、 ポーランド語: Polskie Linie Lotnicze LOT S.A,英語: LOT Polish Airlines)はポーランドの国際航空会社

概要[編集]

LOTポーランド航空本社

1929年に民間航空会社数社が合併し、設立。「LOT」はポーランド語で「航空(Flight)」の意味。ポーランド国有財産省が株式の99,82%を保有[1]している、同国の「フラッグ・キャリア[2]である。

世界31カ国49都市に就航。ワルシャワ・ショパン空港をメインハブ空港としている。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [3]

歴史[編集]

ポーランドの商業航空は1920年に始まる。1922年にはLOTの前身となったアエロロイド(Aerolloyd)社がワルシャワグダニスク、ルヴフ(現ウクライナリヴィウ)を結ぶ定期運航を開始し、その他数社がさまざま路線を開設した。これら私営航空会社各社は1928年に一旦解散され、それらの機材は12月29日に国営のLOTポーランド航空として再編成された。

LOTポーランド航空は、1929年1月1日に初の定期運航を開始した。最初の航空機はユンカース F.13 及びフォッカー F.VIIを使用した。

1930年IATAに加盟し、この年の4月1日から国際線の運航を始める。1931年コウノトリとgrowskiをモチーフとしたエンブレムが公式に使われることとなった。第二次世界大戦中は格納庫や空港ビルの多くが破壊されたため、保有旅客機や従業員をルーマニアに避難させた。

1945年第二次世界大戦が終結し、運航が再開された。現在のlotポーランド航空の前身になる国内航空会社Z.o.oは当時自由な経営ができない状態であったため、”LOTポーランド航空の翼は復興に役に立つ”というスローガンで様々なポスターを打ち出した。

1949年には第二次世界大戦前に運航中止になった路線を再開した。

1955年にはヨーロッパ以外にも路線を拡大した。

その後、ポーランドはソ連側陣営だったため、東側陣営のツボレフイリューシンを多く使用した。

1978年には2人のデザイナーによって、現在のロゴが描かれた。

2003年10月、スターアライアンスの16番目の会員として加盟する。このスターアライアンス加盟を機にルフトハンザ航空のプログラムである「Miles & More」に統合された。

2012年12月14日より、ボーイング787-8型機の初号機(機体番号 : SP-LRA)が、ワルシャワ - プラハ線で就航を始め、受領が進み次第順次、ロンドンフランクフルトハノーファーミュンヘンキエフウィーンブダペストブリュッセルのヨーロッパ9路線に投入予定。

2015年6月19日、公的資金投入により経営再建を失敗し、新規開設路線を規制されていたが、規制解除を機にアジア路線を強化すると公式発表した。まず、日本路線を真っ先に開設したいと述べ、2016年1月14日からワルシャワ東京/成田線にボーイング787-8型機で週3便を就航させた[4]。2016年秋をめどにソウルバンコクを開設する意向を示した。[5]

子会社[編集]

LOTは1997年7月1日に設立されたユーロLOT(EuroLOT)を2015年3月まで子会社として持っていた。2005年格安航空会社のセントラルウィングス英語版を設立したが、2009年3月に運航を停止した。

機材[編集]

ボーイング787
ボーイング737-400

LOT の機材は以下の航空機で構成される (2015年現在):

ツポレフ Tu-134(1985年)

2012年11月11日に、ヨーロッパの航空会社では初となるボーイング787(機体番号:SP-LRA)が納入された。ポーランドは旧東側陣営だったため、社会主義政権時代はIl-62Tu-134などのソ連製の機体を使用していた。

就航都市[編集]

2015年6月現在

主な事故[編集]

サービス[編集]

Miles & More[編集]

「Miles & More」はLOTポーランド航空のマイレージサービスである。

ポロネーズ ラウンジ[編集]

LOTポーランド航空は、PPL(ポーランド州の空港)と協力して、ワルシャワ・ショパン空港で、「ポロネーズ」(Polonez)ビジネスクラスラウンジ(空港ラウンジ)を、運営している。 ラウンジは、LOTポーランド航空またはスターアライアンス所属の航空会社のビジネスクラスチケットの旅行者、スターアライアンス「ゴールド」会員(例えばMiles&Moreのセネター・ステータスなど)やポーランド国家空港当局の「Good Start」プログラム会員は、利用できる。 ポロネーズラウンジは2010年にリニューアルを実施した。 ビジネス会議施設、インターネットアクセス、ワークスペース、ローカル・国内・外国メディア(新聞、テレビ)、アップルiPadアクセスなどのサービスが提供される。 [6]

ポロネーズラウンジの営業時間は、現在、LOTポーランド航空のフライトスケジュールに従って調整している。 今後も変更される可能性がある。 ラウンジはワルシャワ・ショパン空港のターミナルAに位置している。 セキュリティチェック後のシェンゲンゾーン内の出発ラウンジ上の1階から階段とエレベーターでアクセス可能である。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ownership structure and basic transport figures - LOTポーランド航空公式サイト
  2. ^ 欧州委員会のサイトでもLOTポーランド航空のことを"national flag carrier LOT"と呼んでいる(State aid: Commission approves restructuring aid for LOT Polish Airlines (欧州委員会プレスリリース 2014年7月29日))
  3. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  4. ^ 成田-ワルシャワ線就航 航空初の直行便 LOTポーランド - 千葉日報 2016年1月14日
  5. ^ http://www.traicy.com/archives/8875914.html
  6. ^ LOT Polish Airlines - book cheap flights and airline tickets on-line”. Lot.com. 2012年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]