アシアナ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アシアナ航空
아시아나항공
Asiana Airlines
Asiana Airlines-Logo New.svg
IATA
OZ
ICAO
AAR
コールサイン
ASIANA
法人番号 7700150000045 ウィキデータを編集
設立 1988年
ハブ空港 仁川国際空港
金浦国際空港
マイレージサービス Asiana Club
会員ラウンジ Asiana Lounge
航空連合 スターアライアンス
親会社 HDC現代産業開発2019年~)
保有機材数 83機
就航地 89都市
本拠地 大韓民国の旗 韓国ソウル市江西区五釗洞 47(アシアナタウン)[1]
代表者 金秀天
外部リンク https://jp.flyasiana.com
テンプレートを表示
アシアナ航空
各種表記
ハングル 아시아나항공
漢字 아시아나航空
発音 アシアナハンゴン
2000年式
MR式
英語
Asiana hanggong
Asiana hangkong
Asiana Airlines
テンプレートを表示
アシアナタウン(アシアナ航空の本社)看板

アシアナ航空(アシアナこうくう、: 아시아나항공: Asiana Airlines)は、大韓民国航空会社である。1988年設立。韓国の大手財閥現代系列のHDC現代産業開発グループ傘下。元々は錦湖アシアナグループの一員だった。規模は、大韓航空に次いで韓国で2番目に大きい。

概要[編集]

商号の「アシアナ」はラテン語で「アジアの」を意味する語である。航空会社コードの「OZ」はオズの魔法使いに由来[2]し、割引運賃「OZまほうSKY」などのキャンペーンでも用いられている。国営大韓航空民営化仁川を中心とする韓進グループは韓国の航空業界で有利な地位を築いていた。そのため、他の財閥や利害関係者からの圧力で航空会社参入自由化がなされ、1988年2月17日に全羅道を中心とする錦湖グループによってアシアナ航空が設立された。12月には全羅道の光州釜山(金海)のルートで飛行機の運航が始まった[3]2013年7月現在、韓国国内線12都市14路線、国際線(旅客部門)22カ国/67都市/91路線、国際線(貨物部門)23カ国/71都市/23路線に就航。国際線のうち日本は16都市で、主要空港のほか地方空港への直行便もある。2003年3月1日には世界最大の航空連合である「スターアライアンス」に加盟した。

大韓航空とは強烈なライバルであり、ボーイング747エアバスA380などの大型機を両社共に運航。路線網も互いに競合している。

株式韓国取引所店頭市場部(旧・コスダック)に上場(証券コード : 20560)。株主構成は、個人投資家 30.05 %、錦湖産業 29.51 %、錦湖石油化学 15.05 %、海外投資家 11.9 %、韓国産業銀行 7.18 %、その他 5.83 %となっている。2007年には同じスターアライアンスのメンバーで、日本の大手航空会社、全日本空輸(ANA)と株式を持ち合うことで合意している。2007年にLCCの「エアプサン(釜山国際航空)」を設立、筆頭株主となった。2015年にはLCCのエアソウルを設立した。

LCCなどとの競争激化で、アシアナ航空は2015年12月期には負債が8.4兆ウォンに達するなど経営が悪化し、2018年には本社ビルを売却した[4]が、それでも資金繰りに苦しむようになったため、錦湖アシアナグループは2019年4月、アシアナ航空を売却すると発表した[5]。2019年末、現代財閥系列の現代産業開発(HDC)と未来アセット大宇のコンソーシアムがアシアナ航空を買収することが決まった[6]

従業員数 9,242名(2012年5月現在)。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [7] [8]

イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている[9]

歴史[編集]

保有機材[編集]

アシアナ航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は8Eで、航空機の形式名は747-48E、747-48EM、767-38EER、777-28EERなどとなる。

現在の運航機材[編集]

エアバスA350-900
  • 2019年2月現在[10]
機材 保有数 発注数 座席数 備考
F C PY Y
エアバスA320-200 7 - 156
162
156
162
A321neo導入後全機退役予定
エアバスA321-100 2 - 200 200 A321neo導入後全機退役予定
エアバスA321-200 16 - 12 159
165
171
177
25機中8機がエアプサンで運航
191
195
191
195
エアバスA321neo 0 25 今年上半期中2機 導入予定
エアバスA330-300 15 - 30 245
260
275
290
エアバスA350-900 6 21 28 36 247 311 2019年上半期に4機 導入予定
エアバスA350-1000 - 9 No Data 2021年から導入予定
エアバスA380-800 6 - 12 66 417 495 導入完了
ボーイング747-400 2 - 10 45 304 359 1機は2019年9月に改修予定
ボーイング767-300 7 - 15 235 260 2020年に全機退役予定
ボーイング777-200ER 9 - 8 24
28
214
226
246
262
Fクラス導入機材は3機
24
22
28
271
272
272
295
294
300
貨物機材
ボーイング747-400BDSF 7 - 0 旅客機材を改修
ボーイング747-400F 4 - 0
ボーイング767-300ERF 1 - 0
85 30

就航都市[編集]

日本の地方空港へ乗り入れる外国の航空会社として、乗り入れ地点数が最大である。このため、日本の地方から外国へ向かう旅行者がソウル・仁川国際空港を経由し外国へ向かうことが非常に多い。大韓航空と比較して、長距離国際線は少なくアジア内重視の傾向である。

提携航空会社[編集]

2015年8月現在、アシアナ航空は以下の航空会社と提携してコードシェア便を就航させている[19]スターアライアンス加盟以外の航空会社とも多く共同運行している。

子会社[編集]

スターアライアンス加盟航空会社[編集]

その他の航空会社[編集]

◎はワンワールド加盟航空会社、△はスカイチーム加盟航空会社。

サービス[編集]

機内マジックショーやメークアップイベント等の差別化されたサービスを行うとともに、新しい概念のビジネスクラス「オズ・クアドラ・スマーティウム[20]」等の最先端の機内設備を通して、サービス面において他社との差別化を図っている。

機内サービス[編集]

長距離路線で使用しているエアバスA380と一部のB777には、ファーストクラス(一部のみ「ファーストスイートクラス」を設置)・ビジネスクラス「ビジネススマーティウム」・エコノミークラス「トラベルクラス」の3クラス制で、中・近距離国際線と韓国国内線ではビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制で構成される。ファーストスイートクラスの搭載機材には、航空業界でも例を見ない大きさの32インチ高画質個人用モニターが搭載されている。 なお、ファーストクラスはコスト削減のため2019年9月以降廃止される予定で、座席はそのままにビジネスクラスの一部として運行される。

機内食ビビンバカルビ・栄養サムパブなどの韓国伝統料理のほか、日本発着路線には京懐石料理、また誕生日や結婚などのお祝いケーキなどといった特別機内食が提供される。なお、特別機内食利用の際は機内食がある区間で、お祝いケーキはソウル仁川ソウル金浦プサン(釜山)発便のみ提供ができるものの、出発の24時間前までに予約営業センターへ注文する必要がある[21]

機内誌[編集]

ASIANA』(アシアナ)は、韓国航空会社アシアナ航空機内誌である。韓国語英語に加え、日本語中国語のページが掲載されている。毎月発行。アシアナ航空の韓国国内線と国際線の全路線、全便の機内に搭載される。

アシアナクラブ[編集]

  • アシアナクラブとはアシアナ航空のマイレージプログラムである。スターアライアンスメンバーのフライトで貯めることもでき、ホテルや親会社である錦湖アシアナグループが運営するレンタカー会社でもためることができる。また子供用にマジックマイルズというサービスもある。
  • また、日本ではUCカード提携した「アシアナUCカード」もしくはJCBと提携した「アシアナクラブJCBカード」を使う事でマイレージを加算する事が出来る。
  • 大韓航空と同様に加算したマイルに有効期限がないのが特徴であった。2008年10月から、マイルの有効期限を設定することとなった[22][23]

受賞歴[編集]

  • 2007年以来、英国の航空サービスリサーチ会社「スカイトラックス」より「5つ星航空会社」の認定。
  • 2009年 - 米エア・トランス・ワールド(ATW)誌の「エアライン・オブ・ザ・イヤー2009」[24][25]
  • 2010年5月 - スカイトラックスの業界評価の最高峰「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2010」[26]
  • 2011年 - 「スカイトラックス」による「世界最高乗務員(World's Best Cabin Staff)賞」等7部門。
  • 2011年12月 - 米グローバルトラベラー(Global Traveler)誌「エアライン・オブ・ザ・イヤー」。
  • 2012年 - 米エア・トランス・ワールド(ATW)誌による「広告大賞(Ad of the year)賞」。
  • 2012年12月 - Premier Traveler誌「エアライン・オブ・ザ・イヤー」。

事故・トラブル[編集]

事故[編集]

詳細はCategory:アシアナ航空の航空事故を参照

  • 1993年7月26日 - アシアナ航空733便墜落事故 - ボーイング737-500木浦空港へ進入中に墜落、66人が死亡した。
  • 2009年10月28日 - 関西国際空港で着陸の際に機体後部を滑走路に接触させる事故を起こした[27][28]
  • 2011年7月28日 - アシアナ航空991便墜落事故 - 貨物便のボーイング747-400Fが済州島沖で墜落し、2人が死亡。
  • 2012年8月21日 - アシアナ航空231便機体動揺事故 - 同日午後3時20分頃、ハワイ・ホノルル発ソウル行き231便のエアバスA330-300が、島根県上空40,000フィート付近で乱気流に巻き込まれ乗客2人が骨折などのけがをした[29]。事後調査で同機操縦室の気象レーダーの電源が切られていた上、運航乗務員はそれに気付いていなかったことが明らかになった。さらに、乱気流遭遇後の管制機関への通報もICAOによって定められた国際ルールに基いておらず、用語の使用が適当ではなかったため管制官が認識できなかったと指摘されている[30]
  • 2013年7月6日 - アシアナ航空214便着陸失敗事故 - ボーイング777-200ERがサンフランシスコ国際空港で着陸に失敗。3人が死亡、約180人が負傷した。2014年2月25日にアメリカの運輸省は同社に対し50万ドルの罰金を課した。同年6月にはNTSBが操縦士の過失や判断の遅れが事故の主因だとする見方を示し、2014年11月14日韓国の国土交通部は同社に対し仁川=サンフランシスコ線の運航を45日間運航停止処分を科する決定を下した。同決定に対し同社は反発し、異議申し立てをした[31][28]
  • 2014年4月19日 - アシアナ航空603便エンジントラブル - 仁川からサイパンへ向かっていたアシアナ航空603便(ボーイング767-300)が飛行中、福岡上空付近でエンジンの警告ランプが点灯し異常を通知されていたにもかかわらず、飛行を継続し目的地まで飛行していた。後日、韓国国土交通部は運航乗務員に30日の資格停止、アシアナ航空には同路線の7日間の運航停止、または課徴金1,000万ウォンなどの処分を行政処分審議委員会で審議し、確定した[32][33]。その後、ソウル/仁川 - サイパン線を7日間の運航停止と課徴金2,000万ウォンを課すことが明らかにされた。運航停止処分については既に航空券を購入している利用者が存在するため、検討がなされていた[34]が、韓国国土交通部が同年7月11日に同社のサイパン便を同年10月14日から1週間運航停止とする処分を下した[35][36]
  • 2015年4月14日 - アシアナ航空162便着陸失敗事故 - エアバスA320が広島空港にて着陸時に滑走路を逸脱し、27人が負傷した[37]。また、事故機によって滑走路の計器着陸装置が破損した。
  • 2016年6月24日 - アシアナ航空222便エンジン出火 - 現地時間24日午前11時30分ごろ、ニューヨーク仁川から222便で到着したA380-841(登録番号:HL7634)型機が、折返し仁川向け221便(出発定刻午後1時25分)として出発準備中にエンジンから出火した。消火活動により軽微な損傷で済んだが、調査・修理のため24日の221便は午後1時に「航空機の欠陥のため午後4時30分に出発が遅れる」と案内され、午後4時には「本日の出発をキャンセルし、明日午後4時30分に出発する」と再度案内された。乗客からの不安の訴えに対し、アシアナ航空は「韓国から到着した代替機材に乗っていく」と案内していた。翌25日、出発は更に遅れ案内は午後6時30分となったが、前日の案内に反して同じ機体であることに気付いた一部の乗客が騒ぎ始めたため、空港警察が出動した。アシアナ航空は釈明の上、該当機で運航することで乗客を説得し、25日午後7時20分に2217便へ便名変更した上で約1日半遅延で出発。翌26日午後10時05分に仁川へ到着した[38]ただ、乗客が400名程度いて同社の保有機材で輸送可能機材はA380しか無く、同機は4機しか保有していなかったので他機材への変更は実施できても遅延が更に長くなった可能性も高い。[要出典]

2013年7月に発生したアシアナ航空214便着陸失敗事故をうけて、アシアナ航空は安全管理体制を強化するため、安全保安室長を担当する副社長として2013年12月1日付に全日本空輸(ANA)出身の山村明好を招聘したが、以降も事故が発生している。

事故以外のトラブル[編集]

2018年7月以降、同社の日本中国方面など国際線の一部の便で、機内食が提供できないトラブルが相次いだ。従来は同じアライアンスのドイツルフトハンザ航空系列ケータリング会社「LSGスカイシェフ・コリア」から1日30,000食の供給を受けていたが、7月からスイス・チューリッヒに本社を置く機内食大手のゲートグループホールディングス(中国・海南航空系列)と合弁の「ゲートグルメ・コリア」から調達する予定であった。ところが、同年3月に建設中の同社工場が火災に遭い、供給開始が7月に間に合わないことが判明し、LSG側に供給延長を申し入れたが折り合えなかった。このため、2016年に韓国で設立されたオーストリア航空系列のケータリング会社「DO & CO」と韓国の航空サービス大手「シャープアビエーションK」の合弁新興会社「シャープDO & CO」と契約したが、同社は日3,000食の供給実績しかなく[39]、全くの供給能力不足であった。7月1日にはこのトラブルが元で、国際線のうち53便に遅延が生じる事態となった[40]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "会社情報." アシアナ航空.
  2. ^ <空港ラウンジ>アシアナ便名OZは魔法使い‘オズ’に由来? - 中央日報日本語版(2008年7月3日付、2014年1月8日閲覧)
  3. ^ 「旅客機と空港のすべて 完全保存版 」p80
  4. ^ 韓国アシアナ航空、本社ビルを売却 410億円日本経済新聞 2018年5月9日 2019年4月26日閲覧)
  5. ^ 韓国財閥傘下のアシアナ航空 売却へ 資金繰り悪化でNHK 2019年4月15日 2019年4月26日閲覧)
  6. ^ 韓経:HDC、27日にアシアナ航空買収契約中央日報韓国経済新聞 2019年12月16日 2019年12月18日閲覧)
  7. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)” (日本語). 2015年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  8. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  9. ^ 5-Star Airline Rating SKYTRAX
  10. ^ アシアナ航空-航空機に関するご案内
  11. ^ a b c d e f g h i j k アシアナLCCのエアソウル 来月就航=秋には日本線も - 聯合ニュース 2016/06/29
  12. ^ アシアナ航空、ソウル/仁川〜ウランバートル線を開設 7月9日から週3便 Traicy 2019年6月17日
  13. ^ アシアナ航空、バルセロナ就航 8月30日から週4便 Traicy 2018年2月11日
  14. ^ アシアナ航空、ソウル/仁川~ヴェネツィア線に来年5月1日就航 日本から往復5万円 Traicy 2017年12月24日
  15. ^ アシアナ航空、ソウル/仁川〜リスボン線を10月28日開設 日本からの同日乗り継ぎ可 Traicy 2019年9月17日
  16. ^ a b c d e アシアナ航空、10月7日からエアソウルに日本路線を移管 長崎・山口宇部線に新規就航 Traicy 2016年7月15日
  17. ^ アシアナ航空、1995年に開設した松山空港初の国際線 松山/仁川線を運休 FlyTeam 2016年7月19日
  18. ^ a b アシアナ航空、10月に仁川発着シェムリアップ、コタキナバル線を順次運休 FlyTeam 2016年8月24日付
  19. ^ 共同運航(コードシェア)”. アシアナ航空. 2015年8月30日閲覧。
  20. ^ 【サービス】ワンランク上の贅沢な空の旅を - スターアライアンスへのアシアナ航空による投稿
  21. ^ 特別機内食 機内食-お飲み物 機内で サービスに関するご案内 アシアナ航空のホーム(HOME)
  22. ^ 新しいアシアナクラブ会員制度のご案内 - アシアナ航空
  23. ^ アシアナ航空もマイレージに有効期限、10月から - 聯合ニュース 2008/06/24
  24. ^ Asiana named Airline of the Year; Flybe is Regional Airline of the Year Archived 2009年1月31日, at the Wayback Machine.
  25. ^ アシアナ航空が「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に=ATW Archived 2009年2月1日, at the Wayback Machine.
  26. ^ Asiana Airlines is named Airline of the Year 2010 at the 2010 World Airline Awards Archived 2011年6月4日, at the Wayback Machine. SKYTRAX
  27. ^ 航空事故/航空重大インシデントの概要 運輸安全委員会公式サイト
  28. ^ a b 専門家「人為的ミスが争点」 度重なる事故、アシアナ航空側の安全姿勢に疑問産経新聞、2015.4.15
  29. ^ 航空事故/航空重大インシデントの概要日本運輸安全委員会
  30. ^ アシアナ航空の機体動揺事故、気象レーダーはオフ、機長は情報に気付かず - FlyTeam 2014/07/26
  31. ^ “アシアナ航空 事故受けた処分に反発”. NHK NEWSWEB. (2014年11月14日). オリジナルの2014年11月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/0RxHF 
  32. ^ 국토부, 아시아나항공 운항규정 위반으로 처분 예정 国土交通部 2014年4月25日付
  33. ^ アシアナ航空、運航停止など行政処分へ エンジン異常も飛行継続が発覚
  34. ^ Asiana flights to Saipan to be suspended for 7 days YONHAP NEWS AGENCY 2014年6月11日付
  35. ^ アシアナに処分、10月サイパン便1週間運航停止 朝鮮日報日本語版 2014年7月12日付
  36. ^ アシアナ航空機、片肺エンジンで運航制限無視の洋上飛行継続。FAAが同航空の安全格付けをダウン・グレード? - TOKYO EXPRESS(2014年5月5日(JST.22:00) 版)
  37. ^ “アシアナ航空機が滑走路それて23人けが”. 毎日新聞. (2015年4月14日). オリジナルの2015年4月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/1kgzO 
  38. ^ エンジン火災…別の飛行機と偽って乗せたアシアナ - 中央日報 2016年06月28日
  39. ^ 韓国アシアナ、一部航空便で機内食搭載できずに出発
  40. ^ アシアナ機 機内食出せず混乱 日本路線など 日本経済新聞 2018年7月3日

外部リンク[編集]