アビアンカ・ブラジル航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アビアンカ・ブラジル航空
Avianca Brasil
Avianca Logo.svg
IATA
O6
ICAO
ONE
コールサイン
OCEAN AIR
設立 1998年 (オーシャンエアとして)
運航停止 2019年6月24日
ハブ空港 コンゴーニャス空港
マイレージサービス Programa Amigo
航空連合 スターアライアンス(2019年9月1日に脱退)
スローガン É por você. ("It's for you.")
Quem voa, ama. ("Who flies, loves.")
親会社 アビアンカ航空
本拠地 ブラジルの旗 ブラジルサンパウロ
代表者 ホセ・エフロモビッチ英語版CEO
売上高 7億2千万ドル(2019年)
純利益 減少
従業員数 1687人[1]
外部リンク https://www.avianca.com/otr
テンプレートを表示

アビアンカ・ブラジル航空英語: Avianca Brasil S.A.)は、サンパウロに本社を置くブラジル第4位の航空会社。アビアンカ航空の子会社である。

2019年6月24日以降は事実上の運航停止となっているものの、破産が正式に報告されたわけでわない。

沿革[編集]

  • 1998年、会社名を「オーシャンエアOceanair Linhas Aéreas)」として設立。
  • 2010年、ブランド名を「オーシャンエア」から「アビアンカ・ブラジル」へと変更。ただし、正式名称としては引き続き「オーシャンエア」が使用される。
  • 2015年、航空連合スターアライアンスに加盟する[2][3]
  • 2018年12月、ブラジルの裁判所に破産手続きを申請[4][5]。ただし運航は継続された。
  • 2019年6月、運航が停止される。
  • 2019年9月、スターアライアンスを脱退する[6][7][8]

就航都市[編集]

運航が停止となる2019年6月以前まで、同社が就航していたのは世界5ヶ国の36都市で、そのうちブラジル国内の就航都市は30都市と大部分を占めた。

保有機材[編集]

2019年6月の時点で、アビアンカ・ブラジル航空は以下の種類の機材を運航していた。現在は全機が、同社のハブであるサンパウロのコンゴーニャス空港にて保管されている。

過去の機材[編集]

2019年6月以前に保有していた機材は下記の通り。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Avianca Brasil deve demitir cerca de 1 mil funcionários em junho” (Portuguese). G1 (2019年6月1日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ スターアライアンス、アビアンカ・ブラジル航空の加盟を発表” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2019年10月13日閲覧。
  3. ^ アビアンカ・ブラジル航空がスターアライアンスに加盟”. 2019年10月13日閲覧。
  4. ^ アビアンカ・ブラジル、破産手続きを申請 運航は継続 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年10月13日閲覧。
  5. ^ 編集部 (2018年12月24日). “ブラジル政府、航空会社の出資規制を暫定的に撤廃” (日本語). TRAICY(トライシー). 2019年10月13日閲覧。
  6. ^ アビアンカ・ブラジル、スターアライアンス脱退 9月から27社に” (日本語). Aviation Wire. 2019年10月13日閲覧。
  7. ^ アビアンカ・ブラジル航空がスターアライアンスから脱退”. ANA. 2019年10月13日閲覧。
  8. ^ アビアンカ・ブラジル、9月1日付けでスターアライアンスから脱退 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年10月13日閲覧。