マスカット国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マスカット国際空港
مطار مسقط الدولي
Muscat International Airport
Seebintlarptnasa.jpg
IATA: MCT - ICAO: OOMS
概要
国・地域 オマーンの旗 オマーン
所在地 マスカット
種類 官民共用
運営者 オマーン空港管理会社
開港 1973年12月29日
拠点航空会社 オマーン・エア
標高 15 m (48 ft)
座標 北緯23度35分36秒 東経58度17分04秒 / 北緯23.59333度 東経58.28444度 / 23.59333; 58.28444
ウェブサイト http://www.omanairports.com
地図
マスカット国際空港の位置
マスカット国際空港の位置
MCT/OOMS
マスカット国際空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
08R/26L 3,584 アスファルト
08L/26R 4,000 アスファルト
統計 (2014年)
旅客数 8,709,505人
発着回数 82,085回
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

マスカット国際空港(旧名:シーブ国際空港)(英:Muscat International Airport (ex.Seeb International Airport))は、オマーンマスカット郊外にある国際空港である。マスカット市街地から32kmの距離にある。オマーン・エアハブ空港としている。

歴史[編集]

1973年12月29日に開港した[1]。1974年末までに8万7200人が利用、1983年には現在の旅客ターミナルが完成した。

2008年2月1日、空港名を現在のマスカット国際空港に変更した[1]2016年には現在の旅客ターミナルに代わる新しいターミナルが開業する予定である[2]

設備[編集]

旅客ターミナルと貨物ターミナルで構成されている。また、旅客ターミナルにはボーディング・ブリッジがなく、ターミナルからバスで搭乗機まで向かう形となっている。

現在、新しい旅客ターミナルを建設しており、延床面積が34万4995平方メートルで29本のボーディング・ブリッジが設置される予定になっている[3]

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線[編集]

航空会社 就航地
オマーンの旗 オマーン・エア 中近東: アブダビ国際空港アブダビ)、クィーンアリア国際空港アンマン)、バーレーン国際空港バーレーン)、ラフィク・ハリリ国際空港ベイルート)、キング・ファハド国際空港ダンマーム)、ハマド国際空港ドーハ)、ドバイ国際空港ドバイ)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジッダ)、クウェート国際空港クウェート)、プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港メディナ)、キング・ハーリド国際空港リヤド)、エマーム・ホメイニー国際空港テヘラン

アフリカ: カイロ国際空港カイロ)、ジュリウス・ニエレレ国際空港ダルエスサラーム)、ザンジバル

アジア: コーチン国際空港コーチ)、ニノイ・アキノ国際空港マニラ)、スワンナプーム国際空港バンコク)、クアラルンプール国際空港クアラルンプール)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール)、スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ)、トリブバン国際空港カトマンズ)、ジンナー国際空港カラチ)、ベナジル・ブット国際空港イスラマバード)、アッラーマ・イクバール国際空港ラホール)、インディラ・ガンディー国際空港デリー)、チャットラパティー・シヴァージー国際空港ムンバイ)、ケンペゴウダ国際空港バンガロール)、チェンナイ国際空港チェンナイ)、ラジーヴ・ガンディー国際空港ハイデラバードゴアラクナウカリカット国際空港コーリコード)、ティルヴァナンタプラムジャイプルバンダラナイケ国際空港コロンボ)、シャージャラル国際空港ダッカ)、シャーアマーナト国際空港チッタゴン)、イブラヒム・ナシル国際空港マレ

ヨーロッパ: チューリッヒ空港チューリッヒ)、ミラノ・マルペンサ空港ミラノ)、ロンドン・ヒースロー空港ロンドン)、パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ)、ミュンヘン空港ミュンヘン)、フランクフルト空港フランクフルト

シリアの旗 シャーム・ウィングス航空 ダマスカス国際空港ダマスカス
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ国際空港ドバイ
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ国際空港アブダビ
アラブ首長国連邦の旗 フライドバイ アール・マクトゥーム国際空港(ドバイ)、ドバイ国際空港(ドバイ)
アラブ首長国連邦の旗 エア・アラビア ラアス・アル=ハイマ国際空港ラアス・アル=ハイマ)、シャールジャ国際空港シャールジャ
アラブ首長国連邦の旗 ロタナ・ジェット アブダビ国際空港(アブダビ)
バーレーンの旗 ガルフ・エア バーレーン国際空港(バーレーン)
イランの旗 イラン・アーセマーン航空 シーラーズ国際空港シーラーズ
イランの旗 キーシュ航空 キーシュ国際空港キーシュ、シーラーズ国際空港(シーラーズ)
クウェートの旗 クウェート航空 クウェート国際空港(クウェート)
カタールの旗 カタール航空 ハマド国際空港(ドーハ)
サウジアラビアの旗 サウディア キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジッダ)、キング・ハーリド国際空港(リヤド)
パキスタンの旗 パキスタン国際航空 グワーダルベナジル・ブット国際空港イスラマバード)、ジンナー国際空港(カラチ)、アッラーマ・イクバール国際空港(ラホール)、ペシャワル国際空港(ペシャワル)、スィアールコートトゥルバット
パキスタンの旗 シャヒーン・エア ジンナー国際空港(カラチ)、アッラーマ・イクバール国際空港(ラホール)、ペシャワル国際空港(ペシャワル)、スィアールコート
パキスタンの旗 エアブルー ジンナー国際空港(カラチ)、アッラーマ・イクバール国際空港(ラホール)
インドの旗 エア・インディア インディラ・ガンディー国際空港(デリー)、ケンペゴウダ国際空港バンガロール)、チェンナイ国際空港チェンナイ)、ゴアラジーヴ・ガンディー国際空港ハイデラバード)、チャットラパティー・シヴァージー国際空港ムンバイ
インドの旗 エア・インディア・エクスプレス コーチン国際空港コーチ)、カリカット国際空港コーリコード)、マンガロールティルヴァナンタプラム
インドの旗 IndiGo チャットラパティー・シヴァージー国際空港(ムンバイ)
インドの旗 ジェットエアウェイズ コーチン国際空港(コーチ)、チャットラパティー・シヴァージー国際空港(ムンバイ)、ティルヴァナンタプラム
インドの旗 スパイスジェット アフマダーバード空港アフマダーバード
スリランカの旗 スリランカ航空 バンダラナイケ国際空港(コロンボ)
スリランカの旗 ミヒンランカ バンダラナイケ国際空港(コロンボ)
バングラデシュの旗 ビーマン・バングラデシュ航空 シャージャラル国際空港ダッカ)、シャーアマーナト国際空港チッタゴン
バングラデシュの旗 ユナイテッド・エアウェイズ シャージャラル国際空港(ダッカ)、シャーアマーナト国際空港(チッタゴン)
タイ王国の旗 タイ国際航空 スワンナプーム国際空港(バンコク)、ジンナー国際空港(カラチ)
タイ王国の旗 タイ・エアアジア X ドンムアン空港(バンコク)[4]
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ アタテュルク国際空港イスタンブール
エジプトの旗 エジプト航空 カイロ国際空港(カイロ)
エチオピアの旗 エチオピア航空 ボレ国際空港アディスアベバ
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン・ヒースロー空港ロンドン)、アブダビ国際空港アブダビ
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム・スキポール空港アムステルダム)、ハマド国際空港ドーハ
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト空港フランクフルト
スイスの旗 スイス インターナショナル エアラインズ チューリッヒ空港チューリッヒ)、ドバイ国際空港(ドバイ)

国内線[編集]

航空会社 就航地
オマーンの旗 オマーン・エア ハサブ空港ハサブ)、サラーラ国際空港サラーラ)、ドゥクムソハール

貨物便[編集]

航空会社 就航地
オマーンの旗 オマーン・エア チェンナイ国際空港チェンナイ)、ルクセンブルク-フィンデル空港(ルクセンブルク)
ドイツの旗 DHLアビエーション ドバイ国際空港(ドバイ)
ルクセンブルクの旗 カーゴルックス航空 香港国際空港香港)、ルクセンブルク-フィンデル空港(ルクセンブルク)
オランダの旗 マーティンエアー アムステルダム・スキポール空港(アムステルダム)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、シャールジャ国際空港シャールジャ)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール

脚注[編集]

外部リンク[編集]