デ・ハビランド DH.104 ダブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ籍のダブ(2004年撮影)

デ・ハビランド DH.104 ダブde Havilland DH.104 Dove もしくは de Havilland Dove)とは、イギリス航空機メーカーであったデ・ハビランドが開発したレシプロ双発小型旅客機である。また姉妹機に大型化したうえで4発としたDH.114 ヘロンもある。ダブはの意である。

世界各国で運用されたほか、日本においても当初は国内ローカル線の主力機として、その後は遊覧飛行などにも使用された。

日本におけるダブ[編集]

日本では日本ヘリコプター輸送(日ペリ)と極東航空(いずれも現在の全日本空輸の前身)が運用していた。ともに国内ローカル路線の主力機として活躍した。1953年12月15日に日ペリが羽田~伊丹路線に貨物便として就航したのが最初であった。乗客数が多くなかったため旅客機としてではなく訓練用や航空測量英語版に活用されるようになった。また1955年2月には天候不良で孤立化していた青ヶ島へ、東京都がチャーターした東洋航空のダブが救援物資を投下した。

また、日本エアシステムの前身である東亜国内航空と、その前身である東亜航空が本機をコンベア240デ・ハビランド DH.114 ヘロンなどとともに使用していた。

最終的に7機が日本で飛行したが、2機(JA5003とJA5008)が事故により抹消された。また長崎航空(現在のオリエンタルエアブリッジ)で1967年まで運航されていたJA5006が旧大村空港で屋外展示されていたが、現存していない。

現存機としては、東亜航空のDH-104-1B(JA5007)が塩原ファミリー牧場にが屋外展示されている。JA5007は極東航空・全日空・東亜航空で使用後、当時存在していた「沖縄航空」への移譲が中止されるという経緯を経た上で、最終的に日本航空学園で使用された機体である[1](説明版には航空大学校と記載されている。機体側面には「東亜航空」とあり、国内で現存する唯一の東亜航空表記の機体となっているが機体側面に「JNFS」という表記があり、尾翼のマークも東亜国空のものではなく、極東航空のものを踏襲したものであると考えられる。屋外展示のため痛んでおり、特に右側面がかなり汚れているものの、尾翼等に修繕の跡がある。

機体性能[編集]

  • 運航乗員: 2
  • 乗客: 8~11名
  • 全長: 12.07m
  • 全幅: 17.37m
  • 全高: 4.08m
  • 翼面積: 31.12m²
  • 空虚重量: 2,170kg
  • 全備重量: 3,992kg
  • エンジン: デハビランド ジプシークイン 70-4 空冷6気筒 × 2 
  • 出力: 340 hp
  • 巡航速度: 240km/h
  • 航続距離: 1,545km
  • 最高到達高度: 6,100m
  1. ^ http://dansa.minim.ne.jp/CL-DoveStudy.htm#007