紅の翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紅の翼
監督 中平康
脚本 中平康
松尾昭典
原作 菊村到
製作 水の江滝子
出演者 石原裕次郎
芦川いづみ
中原早苗
二谷英明
大坂志郎
岡田真澄
滝沢修
音楽 佐藤勝
馬渡誠一
撮影 山崎善弘
編集 辻井正則
配給 日活
公開 日本の旗 1958年12月28日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億6495万円[1]
テンプレートを表示

紅の翼』(くれないのつばさ)は、1958年に公開された日本映画石原裕次郎主演。観客動員数は約640万人である。

あらすじ[編集]

八丈島で子供が破傷風に罹り、急遽血清を届けることになった。大型飛行機の故障のため、パイロットの石田がセスナを飛ばすことになり、新聞記者の弓江と、当初セスナをチャーターしていた大橋が同乗するが、大橋は人を殺してきたばかりで、石田らを脅して途中の小島に着陸させ、逃亡をはかる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 紅の翼
作詞:松尾昭典
作曲:佐藤勝
歌唱:石原裕次郎(テイチクレコード

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)148頁

外部リンク[編集]