嵐を呼ぶ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

嵐を呼ぶ男』(あらしをよぶおとこ)は、1957年に公開された石原裕次郎主演の日本映画。石原裕次郎の代表作の一つ。その後も、主演渡哲也1966年)、近藤真彦1983年)によってリメイクされている。北原三枝演じるヒロインの女帝マネージャーのモデルは当時女性マネージャーのはしりとして注目を集めていた渡辺美佐である。主題歌も裕次郎自らが歌い、彼にとっての最初のヒット曲となり、独特の歌い方が今日でもものまねの対象になっている。

1957年版[編集]

あらすじ[編集]

ジャズバンドのプロモーター福島美弥子は、ある夜、音楽大学の学生国分英次から兄の国分正一をドラマーとして売り込まれる。人気ドラマーのチャーリー・桜田が急に仕事を休んだため、美弥子は喧嘩して留置所に入っている正一の身元引受人になり、ステージに出す。チャーリーが持永の事務所に移籍したため、美弥子は正一を自宅に住まわせ、兄の福島慎介と新バンドでデビューさせる。音楽評論家の左京徹は正一に、美弥子との仲を取り持ってくれるなら正一を宣伝すると取引する。

左京はテレビで正一を持ち上げ、正一とチャーリーのドラム対決公演を提案。だがその前日、正一は持永の子分と喧嘩し、左手を怪我してしまう。翌日の公演では、チャーリーの演奏が優位であったが、正一は右手でドラムを叩きながら歌い、観客の喝采を浴びる。ジャズミュージシャンとして売れっ子になった正一は、やがて美弥子と結ばれる。弟の英次も自作曲がリサイタルで演奏されることが決まる。

左京は約束を守るよう正一に迫る。正一は美弥子の元を去り、母・貞代のアパートに戻るが、英次は大家の娘島みどりと婚約したと聞かされ、追い返される。行き場を失った正一はダンサーのメリー・丘の元に身を寄せるが、持永の逆鱗に触れ、子分たちに襲撃され、左手をつぶされる。正一は行方をくらまし、英次のリサイタルの日を迎える。いきつけのバーでラジオから流れる英次の曲を聞いていた正一を美弥子たちは探し当てる。音楽活動に反対していた貞代もようやく正一を認め、母子は和解する。

データ[編集]

1957年12月28日公開。

  • 配給:日活
  • 配給収入:3億4880万円[1]
  • 観客動員数:約594万人

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

余談[編集]

  • 冒頭でロカビリーを歌っている歌手は「ロカビリー三人男」の平尾昌晃(のちに作曲家に転身)である。
  • 国分役の石原のドラムのアテレコは、日本の名ドラムニストの1人である白木秀雄が行っており、石原が歌う同曲の主題歌「嵐を呼ぶ男」の音源の演奏には、「白木秀雄とオールスターズ」とクレジットされている。なお映画のラストを飾るジャズとクラシックの混成オーケストラの演奏場面においては、白木秀雄自身が画面に登場する。
  • ライバル・チャーリー桜田の陰謀で左手を怪我した正一が、マイクを掴み「おいらはドラマー〜」と歌いだすドラム合戦のシーンは、石原を代表する名場面の一つである。歌の途中の台詞は、劇中では「この野郎、かかって来い!最初はジャブだ、左アッパーだ、右フックだ!ちきしょうやりやがったな、倍にして返すぜ!チンだ、ボディだ、ボディだ、チンだ!えーい面倒だ、これでノックアウトだ!」と言っているが、主題歌では「この野郎、かかって来い!最初はジャブだ、ほら右パンチ、おっと左アッパー、ちきしょうやりやがったな、倍にして返すぜ!フックだ、ボディだ、ボディだ、チンだ!えーい面倒だ、これでノックアウトだ!」と言っている。

1966年版[編集]

1966年12月10日公開。渡哲也主演によるリメイク。石原裕次郎版と設定が若干変更されており、渡が演じる主人公国分正一の弟・英次の職業が音楽家ではなくレーサーになっている他、宇野重吉演じる正一・英次兄弟の父親が登場し、ラストは怪我をした正一と一緒に英次が出場しているカーレースをテレビで観戦する。英次のゴール前に正一は優勝を確信し、美弥と立ち去る。

ドラム合戦のシーンでは、ライバルの陰謀にはまり手を怪我するのは裕次郎版と同様であるが、その怪我が原因でスティックを片方床に落としてしまい、ドラムが叩けなくなったために歌いだしている。また歌の途中の台詞も、裕次郎版の「この野郎、かかって来い!〜」から、「そら!そら!そら!お前は俺の弟よ、俺の心はお前の心だ! そーら、ドラムが俺を呼んでるぜ! それ! 恋だ! 喧嘩だ! お祭りだ! よーし俺に任せろ、それっ、シンバルだ!」というものに変更されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1983年版[編集]

1983年8月4日公開。近藤真彦主演第4作目でたのきんスーパーヒットシリーズ第6弾。ドラム合戦時のBGMはアレンジが施されている。近藤に合わせるため、「嵐を呼ぶ男」のサビに新たな歌詞が追加されている[要出典]。 たのきんトリオシリーズの実質的な最終作となった。裏に角川映画の「探偵物語」と「時をかける少女」が投入されたため興行的に惨敗した[要出典]配給収入は8.5億円[2]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • 近藤真彦「ためいきロ・カ・ビ・リー」
発売元:RCAレコード

挿入歌[編集]

  • 近藤真彦「嵐を呼ぶ男」
  • 田原俊彦「ラブシックレイン」

※サウンドトラック

同時上映[編集]

Love Forever

  • 主演:田原俊彦

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)138頁
  2. ^ 「1983年邦画4社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1984年昭和59年)2月下旬号、キネマ旬報社1984年、 116頁。

外部リンク[編集]