NAVレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社NAVレコード
NAV Records Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 消滅
略称 NAV
設立 1973年
業種 情報・通信業
事業内容 音楽、映像の企画・制作・販売
主要株主 キャニオン・レコード(現在のポニーキャニオン
特記事項:
1980年 親会社キャニオン・レコードに吸収合併
1982年10月 レーベル停止
テンプレートを表示

株式会社NAVレコード(エヌエーブイレコード、英語: NAV Records Co., Ltd.)は、かつて存在した日本のレコード会社、およびレコードレーベルである。映像・音楽ソフトメーカーのキャニオン・レコード(現在のポニーキャニオン)傘下企業だった。会社解散後は同社のレコードレーベルの一つとなり、1970年代から1980年代初頭まで活動した。

略歴・概要[編集]

企業[編集]

1973年 - 1980年

1973年(昭和48年)秋に発足した。NAVとは「Nippon Audio Video」の略称である。

1980年、キャニオン・レコードに吸収合併される。

1974年(昭和49年)2月25日、第1回発売作品として進藤典子恋のイブニングタイム』を発売。以降、1980年(昭和55年)の会社組織終了まで、それまで他に類例を見ないアイドル歌謡曲専門レーベルとして、木之内みどり岡田奈々石川ひとみ三木聖子ら、多くのアイドル歌手を輩出した。

既存レーベルであったキャニオン・レコードにもアイドルは所属していたが、総じて実績は芳しくなく、そのジャンルでは先行のCBS・ソニービクターに遅れをとっていた。その対抗策として設立されたが、結果的にヒットを生み出せず、1980年9月5日、最後のシングル石川ひとみ 『秋が燃える』を発売、約8年でその幕を閉じた。

レーベル[編集]

1980年 - 1989年

会社組織終了以降も「NAVレコード」の名はキャニオン・レコードのレーベルの一つとして残り、1981年(昭和56年)には林紀恵が同レーベルからデビュー。専用のレコード内袋とジャケットへのロゴ使用は、キャニオンが組織変更してPCマークに変更される1982年(昭和57年)10月まで使用された。レコード盤面に貼られるレーベルについては、レコードの生産が一旦終了した1989年(平成元年)まで専用のものが使用された。本レーベル最大のヒット作品は、1980年6月発売の田原俊彦哀愁でいと』(オリコン最高2位)である。

再発売[編集]

1990年 -

1990年代以降も活躍した田原俊彦を除けば、1990年代初頭までに木之内みどり、岡田奈々、石川ひとみ、三木聖子の編集盤やオリジナルアルバムの一部が継続会社のポニーキャニオンから発売されたのみで、しかもほとんどの音源が、当初のレコードのみで長らく廃盤だったため、中古盤店では高値で取引されていた。

2001年(平成13年)以降に上記の5アーティストに加え、能瀬慶子林紀恵のベスト盤が、また2004年(平成16年)には、木之内みどりと岡田奈々の全アルバムをそれぞれ4枚組CD2セットに収めた商品が発売された。

2003年(平成15年)には、会社が解散した1980年9月5日までに発売された全シングル88作品、A/B面全てを収録した3枚組CD3セット『株式会社NAVレコードヒストリー 1-3』が発売されたが、現在は生産中止のままである。

所属アーティスト[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

株式会社NAVレコードが1974年(昭和49年)2月25日 - 1980年(昭和55年)9月5日に発売した全シングル44枚、A・B面88曲のリストである。

1974年[編集]

  1. 『恋のイブニング・タイム』 / B面『下町の空の下』 - 進藤典子 (1974年2月25日発売)
  2. 『涙のひとつぶ模様』 / B面『君がいなければ』 - メロディーメーカー (1974年)
  3. 『ヒッチハイク』 / B面『魔法使いの娘』 - あきいずみ (1974年)
  4. 『めざめ』 / B面『月夜の出来事』 - 木之内みどり (1974年5月10日発売)
  5. 『太陽の日曜日』 / B面『しらん顔して』 - 荒川務 (1974年6月10日)
  6. 『忘れかけた言葉』 / B面『愛をさがしに』 - メロディーメーカー (1974年)
  7. 『人魚の夏』 / B面『太陽と恋と夢』 - 小林美樹 (1974年7月25日発売)
  8. 『バカンス』 / B面『危機一発』 - あきいずみ (1974年)
  9. 『あした悪魔になあれ』 / B面『その目がこわい』 - 木之内みどり (1974年9月10日発売)
  10. 『はじめての純情』 / B面『ふたりの計画』 - 荒川務 (1974年9月10日)
  11. 『ぼくはもう一度恋をする』 / B面『星の夜』 - 渡辺秀吉 (1974年)
  12. 『悲しい妖精』 / B面『思春期の感情』 - 小林美樹 (1974年10月発売)
  13. 『朝も昼も夜も』 / B面『君のいる世界』 - 荒川務 (1974年11月25日発売)

1975年[編集]

  1. 『ほほ染めて』 / B面『誰かが見つめてる』 - 木之内みどり (1975年1月25日発売)
  2. 『バスが来るまで』 / B面『黄色いスカーフ』 - 渡辺秀吉 (1975年)
  3. 『僕を許して』 / B面『女ともだち』 - 荒川務 (1975年2月10日)
  4. 『乙女の館』 / B面『一輪ざし』 - 小林美樹 (1975年)
  5. 『天使のいたずら』 / B面『水色のラブレター』 - 渡辺秀吉 (1975年)
  6. 『ひとりごと』 / B面『ひとりぼっちの幸福』 - 岡田奈々 (1975年5月10日発売)
  7. 『君の微笑み』 / B面『君の存在』 - 荒川務 (1975年5月10日)
  8. 『ブスな女』 / B面『小指のワルツ』 - 左とん平 (1975年)
  9. 『太陽の誘惑』 / B面『恋にサヨナラ』 - 小林美樹 (1975年)
  10. 『おやすみなさい』 / B面『いかないで』 - 木之内みどり (1975年7月25日発売)
  11. 『ちいさな誤解』 / B面『ブラームスは聞かない』 - 荒川務 (1975年7月)
  12. 『女学生』 / B面『放課後』 - 岡田奈々 (1975年8月25日発売)
  13. 『ああ青春』 / B面『君はもう…?』 - 殿ゆたか (1975年)
  14. 『僕たちの恋』 / B面『真実の愛』 - 荒川務 (1975年10月)
  15. 『くちづけ』 / B面『青いめまい』 - 岡田奈々 (1975年12月10日発売)

1976年[編集]

  1. 『お茶の水あたり』 / B面『小諸の町で』 - 江口有子 (1976年1月25日発売)
  2. 『未成年』 / B面『ひとりにしないで』 - 荒川務 (1976年)
  3. 学生通り』 / B面『いじっぱりな私』 - 木之内みどり (1976年2月25日発売)
  4. 青春の坂道』 / B面『恋はかくれんぼ』 - 岡田奈々 (1976年3月10日発売)
  5. 『柱時計』 / B面『青春すきま風』 - 殿ゆたか (1976年)
  6. 『ふたりの場合』 / B面『緑はるかに』 - 江口有子 (1976年)
  7. 若い季節』 / B面『雨のテレフォン』 - 岡田奈々 (1976年6月25日発売)
  8. まちぶせ』 / B面『少しだけ片想い』 - 三木聖子 (1976年6月25日発売)
  9. 『リトル・エンジェル』 / B面『フライ・フライ・フライ』 - 荒川務 (1976年)
  10. グッドフィーリング』 / B面『氷いちごの頃』 - 木之内みどり (1976年7月25日発売)
  11. 手編みのプレゼント』 / B面『地図のない旅』 - 岡田奈々 (1976年9月10日発売)
  12. 『恋のスタジアム』 / B面『明日になれば』 - 三木聖子(1976年10月10日発売)
  13. 『青春日記』 / B面『僕の部屋中君だらけ』 - 坂主昭市 (1976年)
  14. 東京メルヘン』 / B面『ゆめまくら』 - 木之内みどり (1976年11月25日発売)
  15. かざらない青春』 / B面『プリーズ・プリーズ』 - 岡田奈々 (1976年12月21日発売)

1977年[編集]

  1. 三枚の写真』 / B面『哀しみ専科』 - 三木聖子 (1977年2月25日発売)
  2. 『恋のリズム ボックス』 / B面『とってもいい男』 - 江口有子 (1977年)
  3. そよ風と私』 / B面『二人乗りのしのび逢い』 - 岡田奈々 (1977年4月10日発売)
  4. ジュ・テーム』 / B面『ヨーヨー』 - 木之内みどり (1977年4月25日発売)
  5. 『たしか今頃、同じ頃』 / B面『一番風ん中』 - 殿ゆたか (1977年)
  6. 『おないどし』 / B面『机の中の青い空』 - 坂主昭市 (1977年)
  7. 『北風よ』 / B面『初恋の足音』 - 岸本加世子 (1977年7月10日発売)
  8. らぶ・すてっぷ・じゃんぷ』 / B面『海のシンフォニー』 - 岡田奈々 (1977年7月10日発売)
  9. 『青春前期』 / B面『九月物語』 - 荒川つとむ(荒川務から改名、1977年)
  10. イマージュ』 / B面『色づく夜に』 - 木之内みどり (1977年8月10日発売)
  11. 求愛専科』 / B面『さよならは知らない』 - 岡田奈々 (1977年9月25日発売)
  12. 走れ風のように』 / B面『愛に肩寄せて』 - 木之内みどり (1977年10月25日発売)
  13. 『裸の花嫁』 / B面『悲しみの街角』 - 岸本加世子 (1977年11月25日発売)

1978年[編集]

  1. 『バイバイ・ララバイ』 / B面『愛って何ですか』 - 岡田奈々 (1978年2月10日発売)
  2. 『ふたりの絆』 / B面『青春の時間割』 - 荒川つとむ (1978年)
  3. 横浜いれぶん』 / B面『悪魔になれない』 - 木之内みどり (1978年2月25日発売)
  4. 『だめですか』 / B面『オー・ビューティフル・ラブ』 - 岡田奈々 (1978年4月25日発売)
  5. 『さよなら一部始終』 / B面『あなたに魅せられ空まわり』 - 荒川つとむ (1978年)
  6. 右向け右』 / B面『ピピッと第六感』 - 石川ひとみ (1978年5月25日発売)
  7. 無鉄砲』 / B面『ひと夏の兄妹』 - 木之内みどり (1978年6月25日発売)
  8. 『薔薇の嵐』 / B面『ロリポップ・ベイビー』 - リューベン (1978年)
  9. くるみ割り人形』 / B面『タイトロープ』 - 石川ひとみ (1978年9月5日発売)
  10. 『湘南海岸通り』 / B面『フラッシュ・バック』 - 岡田奈々 (1978年9月21日発売)
  11. 一匹狼 (ローン・ウルフ)』 / B面『ターン・テーブル』 - 木之内みどり (1978年9月21日発売)
  12. 『ブッシュ・パイロット』 / B面『フェアウェル・バースデー』 - リューベン&カンパニー (1978年)

1979年[編集]

  1. 『アテンション・プリーズ』 / B面『フラワー・バス・ステーション』 - 能瀬慶子 (1979年1月5日発売)
  2. あざやかな微笑』 / B面『らぶ・とりーとめんと』 - 石川ひとみ (1979年1月21日発売)
  3. 『ドロップ・アウト』 / B面『チェンジ』 - リューベン&カンパニー (1979年)
  4. 『賭け』 / B面『バク』 - 岡田奈々 (1979年3月21日発売)
  5. 『裸足でヤング ラブ』 / B面『星空の天使達』 - 能瀬慶子 (1979年4月5日発売)
  6. 『聖少女 (ショッキング・レディ)』 / B面『貿易風』 - リューベン&カンパニー (1979年)
  7. ひとりぼっちのサーカス』 / B面『ムーンライト・ドリーム』 - 石川ひとみ (1979年4月21日発売)
  8. 『心は横にひび割れて』 / B面『ジキル&ハイド』 - 荒川つとむ (1979年)
  9. プリンプリン物語』 / B面『ハッピー・アドベンチャー』 - 石川ひとみ (1979年6月21日発売)
  10. 『サンチャゴ・ラヴァー』 / B面『SEXY MAKO』 - リューベン&カンパニー (1979年)
  11. 『He Is コットン 100%』 / B面『ハートにシャンプー』 - 能瀬慶子 (1979年7月5日発売)
  12. 『ハート通信』 / B面『人の気も知らないで…』 - 石川ひとみ (1979年8月21日発売)
  13. 『美少女時代』 / B面『おはようNOVEMBER』 - 能瀬慶子 (1979年9月5日発売)
  14. 『ミス・ファイン』 / B面『シャンシャイン・モーニング』 - 石川ひとみ (1979年12月21日発売)

1980年[編集]

  1. 『オリーブの栞』 / B面『空色のフォトグラフ』 - 石川ひとみ (1980年4月21日発売)
  2. 『あゝ落ちるPART Ⅰ』 / B面『あゝ落ちるPART Ⅱ』 - 岸本加世子 (1980年5月21日発売)
  3. 哀愁でいと』 - 田原俊彦 / B面『君に贈る言葉』 - 田原俊彦・近藤真彦野村義男 (1980年6月21日発売)
  4. 『秋が燃える』 / B面『さよならGood-bye』 - 石川ひとみ (1980年9月5日発売)
  5. 銀河のロマンス』 / B面『悲しき街角』 - 荒川つとむ (1980年9月5日発売)