金門島にかける橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金門島にかける橋
Rainbow over the Kinmen
監督 松尾昭典
脚本 江崎実生山崎巌
製作 中井景 (企画)
出演者 石原裕次郎
華欣
芦川いづみ
二谷英明
音楽 黛敏郎
主題歌 「めぐりあい」(石原裕次郎)
撮影 岩佐一泉
制作会社 日活=中央電影公司
配給 日活
公開 日本の旗 1962年11月3日
上映時間 103分
テンプレートを表示

金門島にかける橋』(きんもんとうにかけるはし)は、1962年11月3日に公開された、松尾昭典監督、日台共同制作の日本の映画[1][2]台湾で大規模ロケーションが行われた[3]

あらすじ[編集]

外科医である武井は、朝鮮戦争での負傷者を治療するため日本を離れた。彼が働く病院に、恋人の行方を捜しに台湾人の女がやってきたが、既に彼女の恋人は他界していた。武井は落ち込む女を慰めると、彼女は武井にお礼のアクセサリーを渡たして台北へと帰っていった。それから3年の月日が流れ、武井は金門島へとやってくると、偶然にもその台湾人の女を目撃する。

キャスト[編集]

  • 石原裕次郎 : 武井一郎
  • 華欣 : 楊(ヤン)麗春
  • 芦川いづみ : 高木かおる
  • 山内賢 : 王小栄
  • 佐々木孝丸 : 病院経営者
  • 唐宝雲 : 王美蘭
  • 武家麒 : 劉上尉
  • 李影 : 張
  • 李冠章 : 頼
  • ウェイ・ウェイ : 陳
  • 長尾敏之助 : 病院長
  • 永井智雄 : 主任教授
  • 宮原徳平 : 新聞記者
  • 柳瀬志郎 : 新聞記者
  • 花村典昌 : 新聞記者
  • 羅興華 : 台北空港事務員
  • 潘潔猗 : 竜山寺の老婆
  • 王菲 : 海軍憲兵
  • 車伝鼎 : 海軍連絡官
  • 劉瑛 : 警察官
  • 相原巨典 : 東方大飯店支配人
  • 小泉郁之助 : 代議士
  • 雪丘恵介 : 代議士
  • 星ナオミ : 幹事長の娘
  • 紀原土耕 : タクシーの運転手
  • 進千賀子 : 台湾大学看護婦
  • 大坂志郎 : 王哲文
  • 二谷英明 : 松阪和男

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉プラス「金門島にかける橋」の解説”. KOTOBANK. 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ 金門島にかける橋”. 日本映画情報システム 文化庁. 2022年8月5日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報1962年11月下旬号 p.4

外部リンク[編集]