大都会 PARTII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大都会 PARTII
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1977年4月5日 - 1978年3月28日(52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 石原プロモーション
日本テレビ
企画 岡田晋吉(日本テレビ)
小林正彦
製作総指揮 石原裕次郎
監督 舛田利雄 他
脚本 永原秀一
プロデューサー 山口剛
出演者 渡哲也
松田優作
高品格
小野武彦
峰竜太
丘みつ子
石原裕次郎 他
オープニング GAME『大都会 PARTIIテーマ』
エンディング 渡哲也『ひとり』
テンプレートを表示

大都会 PARTII』(だいとかいパートツー)は、1977年(昭和52年)4月5日から1978年(昭和53年)3月28日まで、日本テレビ系列で毎週火曜21:00 - 21:54(JST) に全52話が放送された石原プロモーション製作の刑事ドラマである。『大都会』シリーズの第2作。

概要[編集]

『大都会』シリーズの第2弾。ただし、前作『大都会 闘いの日々』から主要キャストは踏襲しているが、舞台は警視庁刑事部捜査第4課から城西警察署捜査課(シナリオでは捜査第1課)に移り、また石原裕次郎の役柄も新聞記者から外科医へと変更されている。

前作との最も顕著な違いはアクションシーンが前面に押し出されている点であり、特に、派手な格闘アクションや銃撃戦、カーチェイスやスタントシーンがほぼ毎回登場する。この大幅な路線変更は前作が視聴率的に伸び悩んだ反省から行われたものであった[1]。 結果的にこの娯楽路線への転換は好評を呼び、次回作『大都会 PARTIII』をはじめ、後の『大追跡』『大激闘マッドポリス'80』などといった火曜21時アクション路線の先鞭を切ることとなった[2]。第49・51話では九州での地方ロケを行っており、前者では石原プロモーションと関わりの深い宝酒造島原工場内でロケが実施されている。

前作同様、渡哲也と石原裕次郎によるダブル主演作であると同時に松田優作がレギュラーで出演した作品としても知られ、主に彼のキャラクター性によるコメディ要素を取り入れたアクションドラマの先駆けにもなった。シリアスなハードアクションを基調として、その中に俳優のアドリブ演技による即興的なギャグを加味するというスタイルであった。ただし内容はアクション一辺倒ではなく、前作で見られた重厚な人間ドラマも継承しており、ラブストーリー、当時の社会事情を反映したもの、海外作品や実際に起こった事件をヒントにしたもの、『刑事コロンボ』を彷彿とさせる倒叙推理作など、その作風は多岐に渡っている。このことから「最もバランスの取れた刑事ドラマ」として本作を挙げる刑事ドラマファンも多い。

設定[編集]

城西警察署[編集]

黒岩 頼介 -くろいわ らいすけ-(演 渡哲也
捜査課部長刑事。春に巡査部長へ昇任したばかりである。32歳。柔道5段、空手3段、逮捕術1級。実質的な捜査指揮官。といっても実際は捜査上で発生するトラブルやミスの責任が上層部に降りかかる事を避ける為のダミーに過ぎないのだが、黒岩自身は刑事という職業に理想やプライドを持っているわけではなく、そんな自らのポジションを甘んじて受け容れている。
群馬県長野原町(一部資料や第5回で宗方が語ったところによると長野県)に構える印刷工場の長男で、少年時代は医師を志し、国立医大進学へ向けて勉学に勤しむ日々を送っていた。ところが、受験を目前にして父親が莫大な負債を残したまま死亡し、病弱だった母親も後を追うように世を去った。進学する道を失った彼は高校卒業後、まだ小学生だった恵子を連れて上京。恵子を養う為に様々な職に就くがどれも長続きせず、一時はグレてチンピラ同然の生活を送ることになる。そんな折、街でケンカ騒ぎを起こし顔に大怪我を追い、担ぎ込まれた先が渋谷病院だった(その際、彼は降り頻る雨の中で足が悪い犬を舐めるようにかわいがっていたという)。宗方に諭された彼は心機一転、警察官採用試験を受け合格。その間に恵子を高校に通わせ、刑事として歩むべき道を黙々と進んできた。
平時は寡黙を装いつつ根はやや直情的な性格であり、部下に叱責を加えたことがきっかけで事態をより悪化させてしまうなどのミスもしばしば垣間見せるなど、部長刑事としてはまだ未熟な面も見せる。一方で、上層部の理不尽な命令や要求には真っ向から反発する気骨と、徳吉のペースすら物ともしないほどのユーモアセンスも併せ持ち、個性派揃いの刑事たちからも厚い信頼を得ている。上京直後はプロボクサーを目指していた時期もあり、格闘術にも長けている。
血液型はAII型Bと呼ばれるやや特殊なAB型。煙草はセブンスター。愛称は「クロさん」「デカ長」。
徳吉 功 -とくよし いさお-(演 松田優作
捜査課刑事。30歳。大卒というインテリだが、そのような雰囲気はほとんど見せない。
マイペースの極北ともいえる性格で、給料日を除いて遅刻の常習者。さらに上司に対する敬意や忠誠心といった概念は全く持ち合わせておらず、歴代捜査課長には常に歯向い、状況も弁えずに冗談めいたセリフばかり吐いている。
ただし、捜査に当たれば黒岩の片腕として抜群の働きを見せ、黒岩が刑事として最も信頼する部下のひとりである。一方で粗暴な性格から、被疑者から逆恨みを買ってしまうこともままある。黒岩とは上司と部下であると同時に、相棒や親友にも似た不思議な関係が構築されている。
山口百恵の熱狂的ファンであり、自宅アパートの壁にはポスターを大量に貼っている。また意外にもクラシック音楽に造詣が深く、輪廻思想の信者を自称。
コミカルな一面もあり、犯人の名前を間違えて呼び「例-金森[かなもり]=(キンモリ)、常山[つねやま=(とこやま)といった具合」、若手刑事のジンから突っ込まれたり、弁慶を義経と呼び間違えたりすることもある。煙草は主にハイライト。風俗好きで事件解決後等よく「川崎(堀之内風俗街)にでも行くかな」と言っており、その辺は後の松田優作主演ドラマ『探偵物語』の工藤俊作のキャラのイメージに通じていく要素がある。愛称は「トク」。
ネーミングは、競馬騎手の徳吉一己に由来している。[3]
丸山 米三 -まるやま よねぞう-(演 高品格
捜査課刑事。現場叩き上げの大ベテランで、長年の経験で培われた勘の鋭さは捜査課随一。戦時中は北支の二等兵として出征しており、モールス信号の解読に長けている。煙草はチェリー。娘がいる。愛称は「マルさん」。
大内 正 -おおうち ただし-(演 小野武彦
捜査課刑事。実直な性格だが、ひそかに昇任試験の勉強をしていたり、捜査課長や警視庁本部の顔色を伺うなど、上手く立ち回ろうとする一面もあり、徳吉から「如才屋さん」などと陰口を叩かれている。中期以降は徳吉とテンポのいい掛け合いを演じることも多かった。愛称は「坊さん」「坊主」。極度の高所恐怖症である(第3回より)。
上条 巌 -かみじょう がん-(演 峰竜太
捜査課刑事。俊足を生かして被疑者を追い詰める新人刑事。ナイーブながら粘り強い性格で、徳吉が不在、または出番が少ない第13・14・19回では、黒岩とコンビを組んで活躍した。煙草は。愛称は「サル」。
企画段階では神田正輝が演じる予定で、愛称は「ガン」または「ガンさん」だった。[4][5]
平原 春夫 -ひらはら はるお-(演 粟津號
捜査課刑事。秋田県出身で、郷里に母親がいる。秋田訛りが特徴で大食漢の上にドジばかり踏んでいるが、憎めない性格からか黒岩や徳吉とは妙にウマが合う雰囲気を見せた。愛称は「ヒラ」。第13回にて拳銃を奪われ、それを取り戻そうと犯人に丸腰のまま挑むも撃たれ、搬送先の渋谷病院で息を引き取る。この回では、平原が4度目となる巡査部長への昇進試験を受けていた事が描かれていたが、結果は不合格であった。
神 総太郎 -じん そうたろう-(演 神田正輝
捜査課刑事。殉職した平原に代わり第14回から登場。犯罪心理学に通じた頭脳派で、やや理屈っぽいところがある。その一方心霊などの超常現象に弱い。前任の城北警察署でも武井の部下で、城西警察署への転任も武井が自らの政治力を強めるために行った人事だった。洋モクの銘柄は「アントニオとクレオパトラ」。愛称は「ジン」。黒岩や徳吉と同様にサングラスを愛用する。
宮本 兵助 -みやもと ひょうすけ-(演 苅谷俊介
捜査課刑事。神刑事同様、殉職した平原刑事に代わり第14回から登場。7年間交番勤務を続け、念願の刑事→捜査課配属となった。九州出身で、怪力が自慢の自称「弁慶」。犯人相手には「俺は城西署の弁慶じゃ!!」と、啖呵を切るが反撃を受ける事が度々あり、力の割に格闘能力はもう一つ[6]。強烈な形相に似合わず公衆道徳を重んじ、下着は褌(T字帯)を愛用している。AB型。
吉岡 務 -よしおか つとむ-(演 小池朝雄
捜査課長。黒岩たちに日頃から憎まれ口をたたいており、イヤミな上司と思われている。しかし自らも刑事出身で、捜査現場で活躍する黒岩に対して内心コンプレックスを感じていた。第10回にて、黒岩たちに隠れて薬物売買事件を追っているうちに眠っていた刑事魂が呼び覚まされ、それが裏目に出た結果殉職という最悪の悲劇を迎えてしまう。重度の水虫持ちであり、デスクで薬を塗る姿を徳吉に茶化されることが多かった。
武井 勉 -たけい つとむ-(演 小山田宗徳
捜査課長。殉職した吉岡に代わり第11回より登場。出世志向は強いが気弱な性格で、重大事件が発生すると何かと弱音を吐き、その都度徳吉にイジられている。捜査現場は黒岩に任せている。第31回にて実質的な左遷を言い渡され、黒岩たちに感謝の言葉を残して城西警察署を去った。胃薬を常用。煙草は葉巻(ミニシガー)。「酒は飲めない」と言いつつ歓迎会で管を巻いており、賑やかな新任課長歓迎会がいつしか説教会に様変わりしたほど、かなりの酒豪で酒癖も悪いようである。
山本 清理 -やまもと きよさと-(演 滝田裕介
捜査課長。武井に代わり第32回より登場。スマートかつ紳士的な人物で、自ら現場に赴くことも多い。前任の城東署時代は数多くの事件を解決したことから、丸山曰く「かなりのやり手」。普段は「アットホームな職場環境」を謳い、被害者の心情を気づかったり、黒岩たち刑事の身の上を心配するなど誠実にふるまっているが、非常時には冷酷な判断をくだしたり、捜査方針を巡って黒岩らに当たり散らすなどしており、性格上の裏表が激しい面を度々見せる。パイプ煙草を愛飲。
友田 育子 -ともだ いくこ-(演 杣山久美
捜査課事務員。第7回までの登場。刑事部屋では机が近い上条と談笑している場面が多い。
千田 幸子 -せんだ さちこ-(演 美田麻紗子
捜査課事務員。第9回より登場。使命感と責任感が強い娘。事務仕事のみならず、黒岩らの実捜査に協力したことも数回ある。愛称は「さっちゃん」。第10回では上条に気がある節を見せる。
深町 行男 -ふかまち ゆきお-(演 佐藤慶
城西警察署次長。第1,2,19回に登場。黒岩を刑事として信頼する一方で、警察の体面を守る為には己の命を捨てることすら厭わない徹底した権威主義者であり、その姿勢から第19回では黒岩と真っ向から対立した。出演はわずか3回であったが、他のエピソードにも名前が登場することが多く、第10回までは他のレギュラーと同様のオープニングクレジットが用意されていた。

渋谷病院[編集]

個人経営の小さな救急指定病院で、城西警察署嘱託医でもある。事件関係者の治療に携わる立場上、彼らの命を狙う刺客からの襲撃を受けることも多い。建物には当時実際に開業していた同名病院が使用されており、後の『西部警察』や『ゴリラ・警視庁捜査第8班』などにも登場した。

宗方 悟郎 -むなかた ごろう-(演 石原裕次郎
外科医。自称渋谷病院の看板医者で、四六時中ウイスキーやブランデーを呷っているが、医者としての腕は確かである。
元々は有名私立大付属病院の学究であったが、ある時ふと思うことがあり、小さな私立病院に新天地を求めた変わり者。患者がヤクザといえど凶悪犯といえど分け隔てしない主義で、その姿勢から時折黒岩たちと対立することもある。医者という繊細な職業にはおよそ似つかわしくない豪放な性格で、チンピラ数人程度なら簡単に伸してしまうほどの腕っぷしも持つ。結婚歴があるが、妻とは5年前に死別。
企画段階での役名は前作と同じ滝川龍太であり、愛称も「バク」であった。[5]
梶山 保- かじやま たもつ-(演 玉川伊佐男
渋谷病院院長。赤字だらけの病院経営に四苦八苦している。警察医の看板を掲げながらも城西警察署からの困難な要請には手を焼いており、宗方の行動に文句を付けたり、時には城西署に対して嘱託契約の解除をちらつかせることもある。その実、陰では宗方の腕を信頼しており、彼の医師としての技量を最も理解している人物。第42回までの登場。
吉野 今日子 -よしの きょうこ-(演 丘みつ子
渋谷病院に新しく勤務したばかりの看護婦。大学病院時代、組合の先頭に立って勤務をボイコットし、結果患者を死なせてしまった過去がある。当初は黒岩の強引な捜査方法を批判する等反発していたが、いつしか理解を示し、やがて彼に想いを寄せるようになる。作品後半では黒岩とデートをするシーンもたびたび登場し、捜査課の刑事にもその仲を知られるようになった。
企画段階では丘みつ子以外に、梶芽衣子松坂慶子にも出演交渉が打診されていた。[5]
佐伯 たつ -さえき たつ-(演 今井和子
渋谷病院看護婦長。梶山の参謀的な存在。初期数話のみ登場。
企画段階では初井言榮が演じる予定だった。[5]
三田 典子 -みた のりこ-(演 舛田紀子
渋谷病院の新米看護婦。愛くるしい表情と人懐っこい性格から、何かと黒岩たちにいじられる。愛称は「チビ」「ノンちゃん」。第42回までの登場。
加山 洋子 -かやま ようこ-(演 美田麻紗子)
渋谷病院看護婦。初期数話のみ登場。
三枝 浩 -さえぐさ ひろし-(演 森正親
渋谷病院外科医で、宗方の助手。演ずる森正親は、石原プロの俳優担当スタッフ(当時)で、第48回では欠席の道子の代わりに松ヶ枝で接客する青年役で出演している。
企画段階では峰竜太が演じる予定だった。[5]

その他[編集]

黒岩 恵子 -くろいわ けいこ-(演 仁科明子
黒岩の妹。都内のブティックでファッションデザイナーを務める。30を過ぎて未だに身を固めない兄に気を揉んでいる。早坂(演:関川慎二)という男性と交際しているが、彼には兄の職業を建築士と偽っている。本作での設定変更に伴い、前作『闘いの日々』で描かれた暗い過去はオミットされている。第1~8回、19回までの登場(理由は後述)。
久松 みどり -ひさまつ みどり-(演 佐藤オリエ
刑事たち行き付けの小料理屋「松ヶ枝」の女将。宗方を贔屓している様子。第7回までの登場。
佐川 道子 -さがわ みちこ-(演 白川望美(現・志麻いづみ))
「松ヶ枝」手伝い。徳吉から何かと気に入られているが、本人は特にその気はない模様。みどりが登場しなくなって以降は、単身で松ヶ江を切り盛りしていた。
川島 功 -かわしま いさお-(演 武藤章生
城西署記者クラブ詰めの毎朝新聞記者。特ダネを物にする為には協定違反すら厭わない辣腕。至極酒癖が悪い。愛称は「カワさん」。
新井 −あらい−(演 山根久幸
城西署記者クラブ詰めのタイムス記者。第8話では張り込みをしていた徳吉に犯人に間違われて殴られてしまう。

ストーリーリスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 視聴率
1 1977年
04月05日
追撃 永原秀一 舛田利雄 永島暎子剛達人原田雅子日野道夫五條博庄司三郎水木京一山根久幸清水国雄北上忠行三橋渡鶴岡修磯野博横田楊子川口良田代みどり茂野文代 17.6%
2 04月12日 幻の総監賞 佐治乾 峰岸徹范文雀吉田豊明桂たまき浜口竜哉八代康二麿のぼるあきじゅん飯田紅子千葉素子 13.2%
3 04月19日 白昼の狂騒 永原秀一 村川透 伊佐山ひろ子三上寛永野明彦阿木五郎結城マミ戸川暁子富山一徳 15.2%
4 04月26日 警官嫌い 舛田利雄 林ゆたか八並映子溝口拳内沢多賀志氷室浩二島村謙次林孝一影山英俊高山千草市村小夜子 14.7%
5 05月03日 明日のジョー 斎藤憐 村川透 水谷豊(特別出演)、片桐竜次大辻慎吾五条英二夏海千佳子団巌山岡甲山根久幸加藤土代子近江大介田川勝雄大前田武小見山玉樹森下明大宮幸悦磯野博佐藤了一岩井こづえ田中真由美田中加奈子 18.6%
6 05月10日 傷だらけの逃走 石松愛弘 舛田利雄 四方正美磯村健治弘松三郎吉原正浩久遠利三田畑善彦沢美鶴阿藤海三縄智青木富夫遠藤浩新井一夫石橋わたら十時じゅん市川千恵子金子勝美田代みどり和泉喜和子小坂生男西内彰永井正 13.9%
7 05月17日 ダイヤモンドは
死の匂い
佐治乾
大原清秀
村川透 杉本美樹草野大悟中山麻里伊藤豪福岡正剛岸本功磯野博岸野一彦池田勝戸塚孝永野明彦高橋雅男那須真二タリヤ・マルカーン城海峯西沢多賀志馬場正昭大塚晴彦 15.1%
8 05月24日 眼には眼を 神波史男
松下幹夫
岡崎二朗勝部演之岡野三穂林春枝加地健太郎相原巨典近松敏夫山根久幸三堀優笠松巧明鈴木卓弘松浪志保茂野文代田中加代子東陽子加藤敏和龍島博之花城隆 17.6%
9 05月31日 おとり 金子成人 澤田幸弘 綿引洪黒部進清水国雄近江大介森下明西内彰藤田康之沢柳迪子麿のぼる山岸えみ子 16.7%
10 06月07日 刑事のいのち 永原秀一 三谷昇八名信夫小園蓉子、沢美鶴、庄司三郎、大西芳雄泉よし子章文栄言間季里子梨沙ゆり上田多恵子 17.9%
11 06月14日 対決 村川透 志賀勝近藤宏賀川雪絵町田幸夫赤穂善計加川三起高沢聖子谷口永伍高橋雅男小見山玉樹 16.5%
12 06月21日 人質射殺7.PM 峯尾基三 河原崎次郎、片桐竜次、笹木俊志鈴木弘子田中加代子原矢良一吉田照義賀川修嗣吉田正一永野明彦水流良昭 20.0%
13 06月28日 俺の拳銃 舛田利雄 梅野泰靖佐藤京一伊藤豪佐藤明美福原秀雄中島元関悦子永谷吾一松島真一多田幸雄加山麗子花野原香子千原みゆき 16.1%
14 07月05日 切れたザイル 永原秀一 早川雄三、永島暎子、片岡五郎榎木兵衛瀬良明高橋義治内田宏和甲拓近藤晴美 17.3%
15 07月12日 炎の土曜日 佐治乾
大原清秀
村川透 鮎川賢柴田恭兵中島葵長谷川弘稲川善一、加地健太郎、清水国雄氷室浩二佐藤了一里木佐甫良溝口順子伊原昭子戸塚孝永野明彦石川弦志 12.8%
16 07月19日 兇悪犯脱獄 斎藤憐 清水まゆみ、赤穂善計、賀川修嗣新井一夫和泉喜和子西内彰金子勝美沢柳迪子松尾悟 14.0%
17 07月26日 トラック大爆走 山本英明 舛田利雄 田辺節子伊沢一郎、桑原大輔、大辻真吾山岡甲戸川暁子西朱実岩沢こづえ浅見政子中平哲仟水橋和夫鈴木洋次葉隠柳井内潔重磯野博小沢裕子 16.1%
18 08月02日 暁の兇弾 永原秀一 渥美國泰山西道広清水宏檀喧太野瀬哲男谷川みゆき高屋礼子松浪志保山田禅二千葉聡桜山則夫赤石和香金子勝美松島二美 11.8%
19 08月09日 別件逮捕 斎藤憐 蔵原惟繕 斎藤晴彦、永島暎子、関川昇山根久幸伍大守佐藤了一町田幸夫三石博貴千葉素子黒田純子伊藤和津枝土屋伊久代 14.6%
20 08月16日 狙われる 山本英明 小野進也片桐夕子大林丈史岡尚美和久井節緒伊藤高、庄司三郎、八代康二谷口永吾花原照子相沢治夫山本武十時じゅん酒井郷博猪飼極 13.8%
21 08月23日 非常線突破 峯尾基三 村川透 中島ゆたか蜷川幸雄潮建志石山雄大藤山浩二秋ひとみ日吉としやす青木茂千波和之南裕輔別所立木、佐々木功、田辺裕氷室浩二 17.2%
22 08月30日 最後の戦場 柏原寛司 根上淳、伊佐山ひろ子、笹木俊志、石川敏小寺大介池田勝林孝一 19.8%
23 09月06日 護送 金子成人 志賀勝、志摩みずえ、弘松三郎、宇南山宏沢美鶴晴海勇三田畑善彦矢島直美宮田光外野村晋山中康司志賀圭二郎田中加奈子村川透カメオ出演 11.9%
24 09月13日 刑事無情 佐治乾 舛田利雄 藤巻潤三条泰子内田勝正山本清、結城マミ、阿部希郎下之坊正道飯田紅子鈴木洋次森下明永野明彦三縄智細沼茂仲河健司檀喧太三瓶英五トーマツ・グッドレナタ・ヘロルド 14.6%
25 09月20日 恐怖の診断 永原秀一 亀石征一郎松平純子宮口二郎広瀬昌助杜沢泰文兼松隆沢柳迪子種根まい子若松和子内沢多賀志成川光由都坂信二 16.8%
26 09月27日 Gメン抹殺指令 長谷部安春 高城丈二西尾三枝子田中浩岡本麗、八名信夫、石山雄大、片岡五郎、杉義一千波和之堀礼文松浪志保豊田艶子 20.0%
27 10月04日 爆破予告 峯尾基三 小林稔侍本田博太郎、伊藤豪、里木佐甫良伊藤弘一宮田光岸本功荒瀬賞樹井上由実子門間勝美石川弦志 17.4%
28 10月11日 狙撃 金子成人 小澤啓一 殿山泰司横森久夏海千佳子中庸介五條博中平哲仟北上忠行庄司三郎稲川善一篠原大介泉よし子 19.1%
29 10月18日 17番ホールの標的 柏原寛司 土屋嘉男井上茂外野村晋大山豊山本武相原巨典大木史朗斎藤英雄井上由美子千葉素子 19.3%
30 10月25日 日没までの命 斎藤憐 澤田幸弘 大木正司田中浩壇喧太三縄智、谷口永伍、戸塚孝花城隆西内彰赤石和香木村小夜子土屋伊久代 20.9%
31 11月01日 殺人計画No.4 山本英明 蟹江敬三夏圭子田中加奈子福原秀雄近江大介大矢兼臣金子勝美高杉哲平竹内靖宇乃壬麻麻ミナ玉手良一松永俊行角谷三佐子 19.7%
32 11月08日 刑事黒岩の命 山田正弘 山崎大助 曽根晴美堀田真三田中筆子宇南山宏中平哲仟杉浦光郎新井一夫入江正徳山根久幸小島光貴石川弦志三橋渡早川五郎猪野剛太郎千葉聡 19.8%
33 11月15日 刑事失格 永原秀一 片桐竜次、片山由美子、守屋俊志、野瀬哲男中島元関口久美子山口三恵子石川敏大宮幸悦 13.9%
34 11月22日 野獣を撃て 峯尾基三 澤田幸弘 小池雄介根岸一正山口美也子大屋光子沢美鶴鶴岡修賀川修嗣秋山ひとみ松田真理北島京子柚木悦子岩沢こづ江二木草之助勝田久岡田勝大平王美 18.6%
35 11月29日 危機迫る賭け 山本英明 林ゆたか、福本清三、沢田情児、清水理絵五十嵐美鈴永野明彦花城隆入江正徳氷室浩二井内潔重小坂生男小林清志(カメオ出演) 16.8%
36 12月06日 挑戦 金子成人 村川透 柴田恭兵、黒部進、堀礼文山岡甲晴海勇三庄司三郎小池幸次篠田薫小坂生男永野明彦大宮幸悦森岡隆見松井恭子 19.3%
37 12月13日 銀行ギャング徳吉とく 柏原寛司 平泉征、三上寛、石堂洋子山下勝也吉川清一香椎くに子三橋渡大山豊村上幹夫大矢兼臣小坂生男吉宮慎一 19.1%
38 12月20日 凶器が走る 大原清秀 長谷部安春 石山雄大、市村博、八城夏子、田中筆子、植村悦子町田幸夫刀原章光門間勝美宮寺康夫中島早苗佐藤恵子 17.3%
39 12月27日 グッドバイ1977 斎藤憐 村川透 佐原健二鳥巣哲生、長谷川弘、寄山弘橋本菊子、相原巨典、山根久幸小寺大介小坂生男飯田テル子山口三恵子高沢聖子柚木悦子種村まり子、村川透(カメオ出演) 19.7%
40 1978年
01月03日
午前零時の脱獄 永原秀一 長谷部安春 范文雀、成瀬正入江正徳小見山玉樹伊藤弘一松島真一 17.5%
41 01月10日 野良犬の恋歌 佐治乾 村川透 風吹ジュン田島義文大月ウルフウイリー・ドーシー、佐々木功、エンベル・アルテンバイ三島新太郎沢美鶴猪野剛太郎側見民雄戸塚孝大宮幸悦新井一夫井内潔重佐藤勝洋 19.6%
42 01月17日 赤い命を奪還せよ 山本英明 澤田幸弘 片岡五郎、大村文武たこ八郎清水国雄ホーリー・アンダーソンキャッシー・ウェルトン岸本功大矢甫船水俊宏中川明渡辺巌山中康司西沢武夫 19.2%
43 01月24日 城西署爆破計画 小野竜之助 梅津栄、根岸一正、杉山とく子草薙良一庄司三郎福原秀雄日笠潤一田中忠義久保田鉄男多田幸雄永井正畑勝之小杉容子 23.7%
44 01月31日 殺人捜査 金子成人 村川透 長谷川明男榊ひろみ岡本ひろみ原ひさ子杉義一北山年三関悦子服部慶子佐藤了一小池修一吉田照義石川敏高橋圭子十時じゅん大久保正史相沢治夫石島房太郎石川弦志板倉君枝 22.8%
45 02月07日 白昼の市街戦 柏原寛司 宍戸錠伊達三郎、榎木兵衛、阿藤海、赤穂善計氷室浩二村上幹夫中平哲仟溝口拳谷口永伍湯川勉小坂生男猪野剛太郎西内彰花城隆荻原紀永野明彦 20.3%
46 02月14日 霊感オカルト聖少女 佐治乾 小澤啓一 小林稔侍、中村七枝子、宇南山宏山岡甲、福岡正剛、大浜詩郎矢口亜矢酒井郷博里木佐甫良三重街恒二小寺大介種村尚子荻原紀岡田勝松尾悟 21.5%
47 02月21日 黒いライセンス 峯尾基三 村川透 矢吹二朗晴海勇三、村上幹夫、入江正徳、篠田薫笠井心池内優子永野明彦氷室浩二清水国雄和田芳則花城隆北上忠行石川弦志榊原辰巳 20.7%
48 02月28日 狙われた刑事デカ 山田正弘 大村文武、中島葵、野呂圭介弘松三郎大東梁佶仙波和之賀川修嗣原純子土屋伊久代 24.7%
49 03月07日 逃亡の果て 金子成人 長谷部安春 林ゆたか、貴田和子、蟹江敬三、檀喧太、潮建志、滝沢双亀山靖博林孝一照内敏晴斉藤英雄浦野英一あべやすみ若松みどり 20.2%
50 03月14日 射殺命令 佐治乾
熊谷禄朗
渡辺拓也 青木卓睦五郎地井武男、片岡五郎、小見山玉樹、草薙良一、篠田薫幸早苗五十嵐美鈴カレン・リンドバーグジェリー・ククルスキー益田愛子和泉喜和子 23.1%
51 03月21日 北九州コネクション 永原秀一 長谷部安春 川地民夫今井健二、八名信夫、中田博久、片桐竜次、相原巨典、外野村晋和田瑞穂十時じゅん 21.8%
52 03月28日 追跡180キロ 金子成人 岩崎純 風間健カルーセル麻紀、野瀬哲男、金子勝美、佐々木功、白川孝一三橋渡荒瀬賞樹小能直樹杉山順子中川明太刀隆三小林清志 22.3%

スタッフ[編集]

音楽[編集]

劇伴は当初、深町栄をリーダーとするGAMEによる楽曲が使用されていたが、18話頃よりミクロコスモスIIによる追加録音楽曲も使用された(クレジットは24話以降)。いずれもコンボ編成だが、追加楽曲は楽器のバリエーションが増え、GAMEの楽曲よりも豪華さの増した作りとなっている。

スタッフ(音楽)[編集]

GAME
キーボード:深町栄
ベース:小室邦男
ドラムス:成田昭彦
ギター:伊勢田真資林廉吉
トランペット:ジェイク・H・コンセプション
ミクロコスモスII
キーボード:淡海悟郎
フルート:馬渕一
ベース:浦上俊彦
パーカッション:川瀬正人
バイオリン:篠崎正嗣
エレキギター:鈴木喜三郎
アコースティックギター:高島政晴
マリンバ:細谷一郎
グラスハープ:ウィーピング・ハープ・セノオ(妹尾隆一郎
ヴォーカル:関有子

オープニングテーマ[編集]

挿入歌[編集]

ノミネーション[編集]

補足[編集]

  • 徳吉刑事役の松田は1975年、主演作であった日本テレビ系ドラマ『俺たちの勲章』の鹿児島ロケの際、ケンカ騒ぎを起こしており、同作終了後から約一年余り、テレビ出演を"謹慎"というかたちで干されてしまっていた。心配した日本テレビの岡田プロデューサーは「松田が尊敬している渡のそばに置けば、平穏にしていてくれる」と考え、松田を推挙。本番組の制作者でもある石原裕次郎も賛成し、松田のテレビ復帰作となった。しかし、番組終盤になると松田が降板の意向を示すようになり、『PARTII』の終了とともに番組卒業となった。
  • 黒岩の妹役の仁科明子は、のちに結婚・離婚する松方弘樹との不倫騒動により、本作の撮影中に芸能活動を休止し出演を降板している。ただし、仁科の降板後もオープニング映像に本人のカットは残され、徳吉の台詞に登場したこともあった。次回作の『--PARTIII』では妹の設定が廃止されており、「渡哲也の妹」というキャラクターは『西部警察』まで登場しなくなった。
  • 企画段階では課長役で中条静夫(役名は加賀美乙吉)、事務員役で新井春美(役名は清水英子)の続投が検討されていた。[5]
  • 平原刑事役の粟津號の降板は石原プロモーションによる半ば強制的なものであったらしく、粟津は後に自身の著書「俳優がゆく」にて当時の状況を詳細に綴っている。
  • 本作は1986年4月の地上波での再放送を最後に再放送の機会が無かったが、2008年よりCS放送局の日テレプラスで21年ぶりの再放送が行われた。さらにチャンネル銀河では2012年9月5日にHDリマスター版の放送が開始され、2016年7月20日からはBS11での再放送が始まった。
  • 映像ソフトは2012年6月・7月にポニーキャニオンよりDVD-BOXがリリースされた。BOX1には第1話~第28話、BOX2には第29話~第52話が収録されている。
  • 地上波の再放送では、第45話「白昼の市街戦」が再放送リストから外されていた。理由は諸説あり、山口組一和会の抗争(山一抗争)による影響、または、1977年8月に起きた東大阪クラクション殺人事件に関する描写があるため、遺族を考慮したものとする文献などが存在した。[8]だが実際は、劇中の密輸に使われているという設定で登場するコンテナの所有会社からのクレームの影響だという(関係無いコンテナを隠し撮りした為)。また一部には第27話「爆破予告」も同様に再放送が自粛されていたとする文献も存在するが、事実とは異なる。
  • クリスタルキングの大ヒット曲である「大都会」の裏話で、当時のボーカル・田中昌之曰く、曲名を考えていた際にテレビをつけた所、本作が放送されていたのを見て「これにしよう」と決まったという[9]
  • 松田優作ファンとして知られる爆笑問題太田光は、本作を松田出演作品の中で最も気に入っていると自称している[10]

脚注[編集]

  1. ^ 洋泉社映画秘宝』2012年5月号・山口剛インタビューなど
  2. ^ 活檄プロダクション『映画時代』創刊号/柏原寛司×山口剛インタビューなど
  3. ^ 活檄プロダクション「映画時代」創刊号/柏原寛司×山口剛インタビューより
  4. ^ 初期の脚本でもガンの愛称が使われている。
  5. ^ a b c d e f DVD-BOX付属の解説書より。
  6. ^ この啖呵は苅谷自身がアイデアを出したとのこと。
  7. ^ インテリア井門と同系列の月賦百貨店で、現在の大丸松坂屋百貨店とは無関係
  8. ^ 文藝春秋/天野ミチヒロ「放送禁止映像大全」
  9. ^ 中居正広のミになる図書館 2015年1月6日放送回”. gooテレビ (2015年1月6日). 2016年9月13日閲覧。
  10. ^ ゲストトーク 太田光さん”. SmaSTATION!!. テレビ朝日. 2016年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]

大都会 PARTII(公式サイト)