地底の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地底の歌
監督 野口博志
脚本 八木保太郎
製作 浅田健三
出演者 名和宏
石原裕次郎
音楽 原六郎
撮影 永塚一栄
編集 辻井正則
公開 日本の旗 1956年12月12日
上映時間 90分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

地底の歌』(ちていのうた)は、平林たい子の長編小説、およびこれを原作に1956年に制作された日本映画日活製作。平林は「朝日新聞」1948年10月から12月まで、やくざの世界を描いた本作を連載した。このあと1963年に同じ原作で鈴木清順が「関東無宿」として映画化している。

ストーリー[編集]

山田花子、伊豆トキ子、市川松江の三人の女学生は、博徒に興味を抱いて近づくが、山田花子はびっくり鉄というやくざから美人局を持ちかけられ、そのまま体を売られてしまう。鶴田、伊豆らは山田花子の行方を捜すが、なかなか見つからない。戦時下に入り、やくざ同士の抗争が起きる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]