西部警察 PART-II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西部警察 > 西部警察 PART-II
西部警察 PART-II
ジャンル 刑事ドラマ
出演者 渡哲也
三浦友和
舘ひろし
峰竜太
御木裕
井上昭文
小林昭二
庄司永建
高城淳一
登亜樹子
吉行和子
石原裕次郎
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1982年5月30日 - 1983年3月20日
放送時間54分
回数40
テンプレートを表示

西部警察 PART-II』(せいぶけいさつパートツー)は、1982年5月30日から1983年3月20日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜20:00 - 20:54(JST)に全40話が放送された、石原プロモーション制作のテレビドラマ

概要[編集]

前番組『西部警察』(PART-I)からハードアクションに重点を置いた作風を踏襲しつつ、本作品では後述の通り設定および登場人物の一部が刷新されている。また、本作品より次番組『西部警察 PART-III』にまたがっての長期企画となる日本全国縦断ロケがスタート、本作品では4度にわたる地方ロケが展開された。

PART1からの主な変更点[編集]

登場人物の交代
前作最終回までのレギュラーのうち、西部署捜査課の源田刑事・谷刑事は本作品には続投せず、彼らに代わる新メンバーとして沖田刑事・浜刑事が初回より登場。このうち捜査課への着任の経緯が描かれたのは沖田刑事のみで、浜刑事については本番組開始時点から既に捜査課に所属し、大門とも古くから面識があるものとして扱われている。
また捜査課のメンバー以外では、前作に登場していた「CORNER LOUNGE」の朝比奈に代わり、本作品からは同様のポジションとして「セブン」の七重が新たに登場。この他前作からの続投となる大門明子も、作品の切り替わりに伴い演者が古手川祐子から登亜樹子へと交代している。
諸設定の変更
木暮課長や捜査課の面々が利用する飲み屋が、前述した登場人物の交代に伴って「CORNER LOUNGE」からスナック「セブン」に変更。また大門兄妹が住むアパートも、前作での壁が青と黄色の内装でロフト付きの洒落た部屋から、本作品以降は当時のアパートによく見られたオーソドックスな間取りへと変わり、明子の職業設定も漫画家から幼稚園の教員(劇中では保母と呼称)へと変更された。このほか、平尾刑事・鳩村刑事など続投したレギュラー刑事にも、衣装などの面で小変更が見られる。
メインスタッフ
前作にて、メインテーマを始めとする作中音楽を手がけた宇都宮安重石田勝範に代わり、本作品以降は羽田健太郎が作中音楽を担当するようになった。もっとも、作中音楽については前作で使用されていた楽曲も引き続き使用されており、また『キッド』『スペースコブラ』『超時空世紀オーガス』『科学救助隊テクノボイジャー』など、同じく羽田が担当していた別作品からも多数の楽曲が流用されている。

このように、前作の続編でありながらも上記した変更点が多数見られる点から、書籍によっては本作品を前作とは時間軸が異なるパラレルワールドであると指摘・解説するケースもある[1]

主な出演者[編集]

大門軍団
捜査係長
その他のレギュラー
捜査課長
ナレーター

スタッフ[編集]

音楽[編集]

メインテーマ[編集]

  • 「ワンダフル・ガイズ」
    • 作編曲 - 羽田健太郎 / 演奏 - 高橋達也と東京ユニオン
      前作までオープニング冒頭に挿入されていた、捜査課の面々による西部署正面の階段降りのカットは、本作品では別のカットに差し替えられている。階段降りのカット自体は、本作品用に新規に撮影したカットが、浜刑事の最終登場回である第35話の次回予告まで使用された。

主題歌[編集]

  • 「時間(とき)よお前は…」
  • 「勇者たち」
    • 作詞 - なかにし礼 / 作曲 - 浜圭介 / 編曲 - 高田弘 / 唄 - 石原裕次郎
    • 発売:テイチクレコード(現・テイチクエンタテインメント)

挿入歌[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 視聴率
1 1982年05月30日 大門軍団・激闘再び
-沖田登場-
新井光 小澤啓一 亀石征一郎北村総一朗小林千枝鈴木和夫壇喧太八木肇小山源喜波多野清羽田野まゆみ遠山孝一浅野直人山本清二森下明戸塚孝新井一夫二家本辰巳城野勝己 19.3%
2 6月06日 大都会に舞う男 峯尾基三 片桐竜次水上功治高品正広吉沢健岡本広美真木恭介西屋東石井和彦竹下玲奈入江正徳高崎良三大木史朗中瀬博文千葉長門三木愛子藤井千代子相沢一郎 18.1%
3 6月13日 生命ある限り 大野武雄 渡辺拓也 待田京介宮川洋一滝川潤片岡五郎関川慎二荻原賢三西内彰大熊敏志野路きくみ西田ゆかり菊地誠一北斗太郎藤原益二中山照康柴田明石川徹 16.7%
4 6月20日 殺しのキーワード 宮下潤一 黒部進石山雄大畑中猛石田和彦庄司三郎清水宏中丸信山岡八高小原武池上とし江五十嵐公二ほりえじゅんこ伊藤美穂子青木勇次杉本美奈子加々良一和輝相沢俊二 15.1%
5 6月27日 消えた身代金 宮田雪 宮越澄 安井昌二荻原紀草薙良一永野明彦明石勤梓ようこ大島宇三郎伊吹礼一川崎絵美里竹本史明伊藤英治 15.1%
6 7月11日 あいつは予言者 那須真知子 波多野敦子睦五朗山西道広内田勝正花かおる辰馬伸北村大造田代潤高橋正昭、中瀬博文、石崎洋光森岡隆見 13.7%
7 7月18日 狙われた天使 永海秀国
新井光
澤田幸弘 鹿内孝船水俊宏藤宏子露木梨恵浦信太郎遠藤貫也土屋覚奥村樹里大場一徳 14.2%
8 7月25日 暁の決断 大野武雄 渡辺拓也 土門峻本間由美高山成夫、宮川洋一、南雲佑介南城達也福永幸男河合絃司相原巨典高瀬将嗣柿崎左十志菅秀樹重松収長谷川一輝、新井一夫、大島光幸星野晃、遠山孝一、中山照康 13.9%
9 8月01日 峯尾基三 岡崎二朗八名信夫大下哲矢信実一徳八雲大加地健太郎福岡正剛姫るりこ掛田誠伊藤紘、藤原益二、高橋正明、立花瞳安見あいか吉宮慎一、千葉長門、影山英俊(ノンクレジット) 17.9%
10 8月08日 大追跡!!静岡市街戦
-静岡・前篇-
新井光
宮下潤一
小澤啓一 (第10・11話共通)
木村重造立枝歩小池雄介
(第10話のみ)中庸助太刀川寛姿鐵太郎井上博一倉島襄高橋義治、永野明彦、 上田耕一、北斗太郎、石崎洋光、星野晃、高橋正昭、郷内栄樹
(第11話のみ)、田中浩、高品正広、椎谷建治岡本達哉、石田和彦、浜口竜哉島英司篠原夕紀、二家本辰巳、中瀬博文、加々良一和輝、夏倉健二、藤原益二
15.8%
11 8月15日 大激闘!!浜名湖決戦
-静岡・後篇-
10.2%
12 8月29日 10年目の疑惑 宮田雪 澤田幸弘 荒井玉青[3]深江章喜石橋雅男流健二郎早川研吉曽我佐和子福島麻矢滝義郎三重街恒二小池幸次山田博行大竹義夫澤田洋大屋隆俊麿のぼる高橋雅男、浅野直人、渡辺文武 11.0%
13 9月12日 俺の愛したマリア 大野武雄 宮越澄 セーラ成瀬正エディ・アラブ晴乃ピーチク隼田勇蔵平瀬リエ芦沢洋三、大竹義夫、田代潤、白鳥奈美島本洋茜まり平正信山本宗弘有馬明良 17.3%
14 9月19日 男たちの絆[4] 宮田雪 上月左知子山谷初男、関川慎二、神田隆、檀喧太、畑中猛、 夏樹レナ南裕輔入江正徳浅見小四郎秋田谷一憲上野忠彦渡会良彦大場英二 17.2%
15 9月26日 ニューフェイス!!
西部機動軍団
宮下潤一 澤田幸弘 北原義郎伊達三郎吉中六木瓜みらい高橋明不知火艶佐藤了一深見博、八雲大、菅秀樹、中山照康、小寺大介、森岡隆見、遠山孝一、根元聖一、石川徹、影山英俊(ノンクレジット) 16.5%
16 10月03日 追撃 柏原寛司 亜湖三上真一郎中田博久江角英明鶴岡修志賀圭二郎、重松収、清水宏、角田映二豊田紀雄、二家本辰巳、浅野直人、澤田洋、安藤博信沢村千喜宮沢千秋 14.4%
17 10月10日 絶命!! 暴走トラック 宮下潤一 小澤啓一 林ゆたか森山周一郎草薙良一橋本和人市村博、石田和彦、大木史朗高山千草、小坂生男、関根久恵緒形光平荻原なおみ、高橋義治、北斗太郎、中瀬博文、城野勝己、庄司顕仁 16.2%
18 10月17日 広島市街パニック!! 柏原寛司 渡辺拓也 内田勝正、船水俊宏、南道郎岡本真武藤英司、永野明彦、藤井昭雄中村要、星野晃、信実一徳、富丞巴吉田小千恵浅井朱美西下真子姫るり子B&B (お笑いコンビ) 18.5%
19 10月24日 燃えろ!! 南十字星 永原秀一 風間健、黒部進、水島美奈子、大下哲矢、石山雄大、長谷川一輝、相原巨典、山本武川崎民久、浜口竜哉、庄司三郎、大竹義夫、藤原益二、有馬明良、中岡三佐子 18.5%
20 10月31日 明日への挑戦 新井光 小澤啓一 岡本麗弘松三郎、片岡五郎、松田章三遊亭遊三氷室浩二、山岡八高、近藤準西川敬三郎湊俊一、加々良一和輝、石井和彦、大島光幸、高橋正昭、森岡隆見 18.0%
21 11月07日 甦れ! ドッグ・ファイター 日暮裕一
宮下潤一
宮越澄 深江章喜、早川雄三徳弘夏生、西内彰、我如古盛勇福永幸男、石崎洋光、夏倉健二、高橋正昭、城野勝己、二家本辰巳、有馬明良、大竹義夫 20.7%
22 11月14日 大空の追跡 峯尾基三 平田昭彦江幡高志萩原紀、戸塚孝、郷内栄樹、鶴賀二郎塩月徳子森直樹宗田久美伊藤美保子、奥村樹里 17.4%
23 11月21日 凶悪の焰 永原秀一 渡辺拓也 近藤宏、八名信夫、高品正広、石垣恵三郎、小坂生男、高橋義治、シンリー・アレクサンダーウタ・グラッフェオデイル・ロークスキャティ・ウィグリーユタ・モーニカー 19.2%
24 11月28日 危険なロックンローラー 柏原寛司
宮田雪
ジュークボックス吉田真子鈴木則雄木村恵三三野誠司)、小林重四郎、中庸介、姿鐡太郎、倉島襄、八雲大、高瀬将嗣、牧村耕次、田代潤、島英司、アール・ウィラー豊田温資阿部勝枝稲川善一、羽田野まゆみ、峰岸康男、遠山孝一、根本聖一、青木勇次、影山英俊(ノンクレジット) 17.8%
25 12月05日 走る爆破指令室
-マシン・RS-
那須真知子 澤田幸弘 泉じゅん小宮健吾、早川雄三、壇暄太、高山千草、江田真弓竹内靖岡沢徳久子渡辺祐子村川みどり渡辺一彦藤原公夫相馬勇島本洋野口泰三 19.2%
26 12月12日 -北都の叫び-
カムバック・サーモン
新井光
大野武雄
宮越澄 中村竹弥保積ぺぺ、成瀬正、永野明彦、三上剛仙、夏樹レナ、福沢千比呂、北斗太郎、星野晃、大島光幸、木村功[5]大宮隆[6] 17.4%
27 12月19日 傷だらけの天使 大野武雄 澤田幸弘 松本伊代藤木敬士飛鳥裕子花かおる、長谷川一輝、重松収、福島麻矢竹下玲奈掛田誠、関根久恵、清水宏、秋永和彦[7]、有馬明良、星野晃、庄司三郎 16.7%
28 12月26日 涙は俺がふく 宮下潤一
日暮裕一
佐藤仁哉寺尾いづみ藤山浩二、吉沢健、吉中六、伊吹礼一、二家本辰巳、和泉喜和子、佐藤了一、岡沢徳久子、高橋正昭、浅野直人、澤田洋、福岡正剛、森下明、大竹義夫、池上とし江 17.3%
29 1983年01月02日 燃える原野!
オロフレ大戦争[8]
新井光 宮越澄 青地公美沢田勝美、戸塚孝、石田和彦、藤原益二、高瀬将嗣、山根三男斉藤真寿美 10.9%
30 1月09日 別離(わかれ)の
ラストフライト
宮下潤一 村川透 水原ゆう紀宮口二郎、宮川洋一、関山耕司、森下明、畑中猛、鈴木和夫、不知火艶、柴田明、石井和彦、中瀬博文、相川圭子、北斗太郎、遠山孝一、藤原益二、石川徹、中山照康 14.6%
31 1月16日 1000万ドルの恋人 新井光
平野靖士
山西道広、岡田ますみ飯田浩幾野坂信一山中康司金子勝美、浜口竜哉、晴海勇三大谷木洋子、加々良一和輝、薄井伸一、根本聖一、村尾由紀子渡部等相本一吉宮島進一 18.2%
32 1月23日 狙われたシンデレラ 宮田雪 渡辺拓也 中島はるみ、荒井玉青、亀石征一郎、武藤英司、小池雄介、斎藤英雄、大島宇三郎、高橋義治、伊藤美穂子、俵一斉藤林子、郷内栄喜、古川隆、島本洋、浅野直人、石川小百合 15.5%
33 1月30日 鑑識ナンバー106 峯尾基三 田中浩、矢野間啓二天草四郎曽我佐和子田村貫、羽田野まゆみ、中原潤田辺年秋、深見博、桐生美代子、有馬明良、高橋正昭、小坂生男、土屋雄二渡辺一彦楯量子古橋定夫 13.3%
34 2月06日 トリック・ジャック 宮下潤一 小澤啓一 石橋雅史、阿藤海小林伊津子竹下レナ佐伯徹大前田武、長谷川一輝、竹下レナ、稲川善一、横関志磨子麿のぼる、西内彰 15.5%
35 2月13日 娘よ、父は・・・
浜刑事・絶命
永原秀一 鹿内孝、荒井玉青、金井大大杉くにこ美木良介北條清嗣、相原巨典、大屋隆俊、小坂生男、花原照子、石崎洋光、夏倉健二、石井和彦、菅秀樹、中山照康、遠山孝一、波多野陽一 17.0%
36 2月20日 八丈島から来た刑事 峯尾基三 澤田幸弘 市川好朗時本和也、関川慎二、中庸助、清水宏、信実一徳、浅見小四郎、村上幹夫島本洋中尾慎司 16.5%
37 2月27日 戦慄のカーニバル
-名古屋篇-
村川透 黒部進、片岡五郎、小坂明央、庄司三郎、壇暄太、永野明彦、畑中猛、広瀬五郎中川雅恵鈴木大介山本明枝藤田千恵子松野克彦石野克己高橋清二平川元 17.0%
38 3月06日 決戦・地獄の要塞
-名古屋篇-
西脇英夫 今井健二吉田豊明一ノ瀬康子、花かおる、神弘無岩瀬威司西口天子、大島光幸、中瀬博文、西内彰、有馬明良、清水徳石文康昭 17.4%
39 3月13日 謎の亡命者 宮田雪 渡辺拓也 堀川まゆみウイリアム・ターパン田島義文、中田博久、高品正広、泉よし子、石崎洋光、島本洋、国宗篤、三重街恒二、土屋雄二、バーバラ・ムーラリチャード・クラク、高橋正昭、北斗太郎、藤原益二、星野晃、ジョン・マイク・フォーリー 13.1%
40 3月20日 ペガサスの牙[9] 永原秀一 八名信夫、小宮健吾、倉島襄、石井和彦、穂高稔浜世津子、入江正徳、相原巨典、高瀬将嗣、溝口順子藤本寛橋本秀昭藤本秀次中尾慎司斉藤敏明 13.5%

※DVD:鳩村BOX1には第1話 - 第20話、鳩村BOX2には第21話 - 第40話、ダーティーキャラクターコレクションシリーズ1には第23話を収録。後に「西部警察 40th Anniversary コンプリートDVD-BOX」が発売されるまでは、DVD化におけるシリーズ中唯一の全話収録であった。

[編集]

  1. ^ 『西部警察 LEGEND3 大門軍団、緊急招集!』(青志社、ISBN 978-4-905042-74-7)P.122の記述から
  2. ^ 第28話のみ、体調不良のため未出演。作中での浜刑事の不在については、犯人護送のため大阪に出張中であるという説明がなされた。
  3. ^ 浜刑事の娘役で、同話数以降も同役で浜刑事エピソード回に出演。演者の荒井玉青は石原裕次郎夫人・北原三枝の姪に当たる。
  4. ^ 二宮係長の最終登場回。
  5. ^ 七人の侍』に出演した木村功1923年 - 1981年)とは同姓同名の別人である。
  6. ^ 宝酒造会長
  7. ^ 松本伊代演じる看護師の弟役。後に川島省吾(現・劇団ひとり)とともにお笑いコンビ・スープレックスとして活動した。
  8. ^ 90分スペシャルとして放送。本放送の際には、番組の合間に「お年玉クイズ」と称した、全レギュラー俳優がクイズや賞品を紹介するコーナーも挿入された。
  9. ^ 1999年8月に実施されたテレビ朝日での再放送時には、同話数のオープニングの冒頭部分を差し換えて『西部警察 PART-III』名義で放送された。DVDBOXへの収録分についても同話数のみ、タイトルが『PARTIII』表記となっている。以降、資料によっては『西部警察 PART-III』第1話としてカウントされる場合がある。

地方ロケ[編集]

本作品と同時期に、土曜正午に放送されていたバラエティ番組『独占!女の60分』では、地方ロケ編が放映される前日に同番組のアタッカー(リポーター)がロケ現場を訪れ、その舞台裏などを紹介する企画も放送された。

静岡(第10・11・17話)
このうち、第17話以外は全国縦断第1弾としての扱い。その前編に当たる第10話では、木暮を乗せたヘリコプターが、再開発事業に伴い当時空き地となっていた国鉄(現:JR東海)静岡駅前に着陸する場面も盛り込まれた。静岡朝日テレビ20年史によると、市街地しかも駅前広場にヘリコプターを着陸させる案が出た当時、静岡市や静岡県警に何度も交渉した末にようやく許可が出たと記されている。またこのシーンに際して、他のテレビ朝日系列局からクレームも寄せられたという。
後編の第11話では、クライマックスシーンにおいて時価400万円に上る浜名湖遊覧船を爆破。
広島(第18・19話)
全国縦断第2弾。第18話のクライマックスシーンでは、広島電鉄路面電車にしき堂号)を、広電宮島駅(現:広電宮島口駅)構内で爆破。この「にしき堂号」は、元大阪市電1801型広島電鉄750形電車766号車(登録上は755号車)で、撮影に当たっては塗装・広告がパールライスのそれからにしき堂のもみじ饅頭へと変更されている。撮影終了の後、766号車は登録抹消の上で解体された。
北海道(第26・29話)
全国縦断第3弾。第26話では、すでに横転して警官のいない白パトと、犯人の乗った宝酒造のトラック(いすゞエルフ)が衝突の後に爆発、90分スペシャルとして放送された第29話では、元ホテルの廃屋がクライマックスシーンでの爆破に使用された。
三重・名古屋(第37・38話)
全国縦断第4弾。第37話では三重の長島温泉ナガシマスパーランド三重県)でロケを敢行。
第38話では、店舗改装を控えていたグリーンロード沿いのステーキのあさくま藤ヶ丘店(名古屋市名東区照が丘)を爆破したほか、廃工場(二村化学工業(現:フタムラ化学)名古屋工場跡)の煙突(作中ではお化け煙突と呼称)倒壊がクライマックスシーンの見せ場に配された。

登場車両[編集]

備考[編集]

福井県石川県においては、前作より福井テレビ石川テレビ(いずれもフジテレビ系列)が、土曜13:00 - 13:54にて『西部警察』シリーズの遅れネットを実施していたが、次番組『西部警察 PART-III』の開始に際してこれらの県でのネット局が変更され、福井県ではもう1つの県域局である福井放送(放送当時は日本テレビ系列局)で月曜21:00 - 21:54(1983年4月4日付の福井新聞におけるラ・テ欄より)に、石川県ではやはり当時もう1つの県域局だった北陸放送TBS系列)で火曜22:00 - 22:54に、それぞれ放送されるようになった。

『西部警察』シリーズの再放送を度々実施してきたCS放送のファミリー劇場では、2011年2月に本作品の「HDリマスター版」をCSにて初放送するにあたり、その宣伝企画として同局のPR番組『ファミ缶』2月号内で、旅番組『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系列)を下敷きにしたミニコーナー『日本全国ぶらり爆破の旅』が制作・放送された。

脚注[編集]

テレビ朝日系列 日曜20:00 - 20:54
前番組 番組名 次番組
西部警察
(1979年10月14日 - 1982年4月18日)
西部警察 PART-II
(1982年5月30日 - 1983年3月20日)
西部警察 PART-III
(1983年4月3日 - 1984年10月21日)