広島電鉄750形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
広島電鉄750形電車
1両のみ現役の762号(元1651形)
1両のみ現役の762号
(元1651形)
主要諸元
軌間 1,435 mm
車両定員 90(着席30)人(元1601形)
90(着席40)人(元1651形)
90(着席40)人(元1801形)
車両重量 15.76t(元1601形)
15.43t(元1651形)
17.07t(元1801形)
車体長 13,710(元1601形)mm
13,700(元1651形)mm
13,700(元1801形) mm
車体幅 2,488(元1601形)mm
2,480(元1651形)mm
2,480(元1801形) mm
車体高 3,877(元1601形)mm
3,845(元1651形)mm
3,845(元1801形) mm
主電動機出力 52kW×2(元1601形)
45kW×2(元1651形)
45kW×2(元1801形)
駆動方式 吊り掛け
備考 半鋼製
テンプレートを表示
元1801形 769号は宮崎県串間市に譲渡

広島電鉄750形電車(ひろしまでんてつ750かたでんしゃ)とは、1965年に登場した広島電鉄路面電車である。

概要[編集]

1960年代当時の広島電鉄市内線は、150形400形をはじめとする、戦前から活躍する4輪単車が大量に使用されていた。本形式は、輸送力の小さいこれら単車を置き換え、大幅な輸送力増強を図るために導入されたものである。広島電鉄では、これら旧大阪市電の13m級車両3形式を導入する際、1601形(1600形と呼ばれることもある)1651形(1650形と呼ばれることもある)1801形(1800形と呼ばれることもある)をすべて750形として統合し、形式順に連番とした。なお、車齢の古い元1601形は、一足先に廃車され、しばらく留置されていた車両も解体され、現存していない。 元1651形と元1802形の外観の違いは少ないが、前ドアが折り戸だった1651形と、引き戸だった1801形の違いから、前ドア回りの処理が微妙に異なる。また、使用されている台車が元1651形はブリル、元1801形は大阪市電型になっている。現役で営業運転しているものは元1651形の762号のみである。

導入当時は広電標準色のクリームとグリーンであったが、その後旧神戸市電や旧大阪市電2601形900形)導入の際、経費節減から塗り替えずに使用されたことが、観光客等に電車博物館と呼ばれて好評を博す結果となり、本形式も大阪市電色のクリームと茶色(ただし実際の大阪市電色は、上半が淡いピンク、下半がインディアンレッドである)に戻されている。つまり実質的に広電が“動く電車博物館”の異名を持つに至ったルーツといえる車輌である。

なお、廃車された一部車両のモーターや機器は、700形へ流用された。

元1601形[編集]

1928年から1929年にかけて製造された。ウィンドウシル、ヘッダー、1段下降窓を持つ古めかしい形態が特徴である。広電には14両譲渡され、そのうちの10両が751-760となった。老朽化や、700形に機器を提供するために廃車となるなどした結果、本グループは現存しないが、花電車用に改造された1両が貨50形になって残っている。また、広電に譲渡された元1601形の残り4両は2500形2511-2514号に改装された。

元1651形[編集]

1940年散水車を種車として、木南車輌で製造された。広電には4両が譲渡され761-764号になった。現在は762号のみが在籍している。大きな窓を持つ均整の取れた車体で、1701形1711形などや、車体長がやや短い2001形などの原型となり、また戦時中の路面電車向け標準車体とされたことから、他地区でも同型車が製造された。650型も、車体長は異なるが形態的な共通点は多く、兄弟分に当るといえる。
形態のルーツは米国Pacific・Electricのハリウッドカーこと600クラス辺りにあると思われ(現車がロサンゼルス近郊の博物館に保存されている他、映画“ロジャー・ラビット”にレプリカが登場する)、アメリカンスタイルを日本風に消化したデザインといえる。
折り戸の引き戸化は、広島電鉄への譲渡後しばらく経ってから実施された。

元1801形[編集]

1950年に製造された。広電には8両が譲渡され765-772号になった。元1651形グループとは、扉上部に小Rがないこと、台車が大阪市電形であることが識別点である。
766号は、1982年に廃車された際、テレビドラマ『西部警察 PART-II』の日本全国縦断ロケにあたって、広電宮島(現広電宮島口)駅構内で爆破シーンの撮影に使用された。路面電車の乗客と運転士を人質にとっての電車ジャックの後、テロリストが電車に仕掛けた爆弾が大爆発というストーリーであった。撮影に先駆けて755号と車番を交換している。撮影の時は766号は登録上は755号だった。
772号は、2015年7月にミャンマーの鉄道電化計画に伴い3000形電車2編成(3005・3006号)と共に同国鉄道省に譲渡された[1]
768号は、後述のイベント車両に改造された。

イベント電車「TRAIN ROUGE」[編集]

768号 TRAIN ROUGE
(2016年7月)

2016年6月に、768号をイベント電車「TRAIN ROUGE(トランルージュ、フランス語で「赤い電車」)」に改造し、路面電車まつりにおいて、披露された[2]

外部デザイナーを一切通さず、メーカー(大阪車輌工業)と協議を重ねた上で製作。車内はテーブル席26席と、ビールサーバー(走行時の揺れに対応した、スワン形のドラフトタワー)、冷蔵庫、映像・音響機器を設置。

2016年7月1日からビアガーデン電車として運行開始[3]。同年の広島東洋カープセントラル・リーグ優勝記念列車にも使用された。

各車状況[編集]

768(1996年 広島駅前)
  • 751(旧番1613):1982年7月廃車
  • 752(旧番1616):1987年1月廃車(753に改番)
  • 753(旧番1619):1981年11月廃車(752に改番)
  • 754(旧番1623):1982年7月廃車
  • 755(旧番1632):1987年1月廃車(766に改番)
  • 756(旧番1634):1979年4月廃車
  • 757(旧番1635):1979年7月廃車
  • 758(旧番1637):貨52号に改造
  • 759(旧番1643):貨51号に改造
  • 760(旧番1645):1985年8月廃車(765に改番)
  • 761(旧番1651):2014年2月廃車
  • 762(旧番1652):現役車 千田車庫所属 大阪大空襲 被災車両
  • 763(旧番1653):2014年2月廃車
  • 764(旧番1654):1987年1月廃車(770に改番)
  • 765(旧番1832):1999年5月廃車(760に改番)
  • 766(旧番1825):1982年7月廃車(755に改番)テレビドラマ「西部警察 PART-II18話」撮影に使用、劇中において爆破。後に解体。撮影時はにしき堂号帯広告車。
  • 767(旧番1826):1998年3月廃車
  • 768(旧番1827):2016年6月 イベント電車「TRAIN ROUGE」に改造[2]
  • 769(旧番1828):2015年5月廃車(くしままちづくり協議会(宮崎県串間市)に譲渡)
  • 770(旧番1829):1984年2月廃車(764に改番)
  • 771(旧番1830):1998年3月廃車
  • 772(旧番1831):2015年7月廃車、ミャンマーへ譲渡

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ 広島電鉄の路面電車、ミャンマーへ…電化計画に対応 - レスポンス 2015年7月14日
  2. ^ a b 広島電鉄、車内で食事できる路面電車「TRAIN ROUGE」公開…元大阪市電768号を改造 - レスポンス 2016年6月12日(同日確認)
  3. ^ 「ビール電車」の運行について【運行期間延長】 - 広島電鉄 2016年8月17日